2011年10月10日

フクシマと呼ばないで!と思う地域の方もいるのでは、とふと思った土壌汚染の件。





文部省が発表した




広域の土壌汚染についての調査結果





のまとめを見ていて思ったんですが



↓ これ。















  福島って大きいんですね。


  面積東京の6倍以上もある。日本でも北海道、岩手の次の、堂々の第3位。


 ※参考ha
  福島1万3782.75
  東京2187.42


  当たり前だろう、小学校の社会で習ったよ、と言われそうだけど、汚染地図を見ていると、まるでその下の、群馬、栃木、茨城、をくっつけた程にも値するように見えてくる。
  (実際の面積も近いんだけど)



  で、つくづく思ったわけです。

  ずいぶん大きいところがやられちまったんだなぁ、と。



  実際ヤバいのが半径50~60キロ圏内だとしても、

  全部「福島産」になってしまうわけで、


  いや、実際、他県なんかよりよほど汚染されていない

  福島の地域も数多くあるわけですが、



  やっぱりひとくくりに「フクシマ」とされてしまうわけで。




  風評被害のことを言っているのか、と言われても困るけど、

 まぁ、それもそうなんですが、


  つまりね。




  もう少し小さい県の原発事故なら良かったのにな~




  って、いうのが素直な感想。

  (他の県の方、ごめんなさい)


 



  ただでさえ小さな日本の、大きな部分が壊れちまった。

  大きな自然がやられちまった。ちくしょう。と。




 

  何言ってんだボケ。

  小さい県だろうと何だろうと、土壌汚染の面積は同じなんですからね!


  とおしかりを受けそうなので、この辺で撤退。





  もう一言だけ言わせてもらえば。


  福島よ、お前のすべてがセシウム汚染されているわけではないことを、皆知っているぞ。

 

  がんばろう、福島。がんばろう東北。がんばろう日本。



  (その前に、がんばろう私)