2011年10月13日

福島の稲を持って天孫降臨するニニギノミコトの夢を見た。





  『サルでもわかるTPP

  (※リンクフリーだそうなので、是非拡散お願いします!)


  なるものを見た。


 
TPPは農業問題じゃないヨ!

放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

原発よりも危険かも!!



   から始まる通りに、TPPの危険性をわかりやすく説明してくれて、製作者、ぐっじょぶ!という感じですが、ひとことだけ言わせてもらえば、


  「農業問題にすり替えているけれど、本当はもっと悪質」


  という主張はいただけない。


  農業問題が悪質のすべてなんです。


  私が思うに。


  (いや、最近なんですけど、そう思い出したんですの)




  すべてがそれにかかっていて、それがすべての象徴です。


  (他の問題は付随したものに過ぎない、と思い始めたんですの)




  なぜならこの国は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が天高原の稲穂を持って降臨されたところから始まったのだ。

 
  天照大御神(アマテラスオオミカミ)が授けた稲が私たちの食べ物となり、豊かな国と、豊かな心を作ったのである。


  それは神話だ、と言われるかもしれないが、事実か物語かは置いておいて。


  私はそれが私たちの思想とこの国の原点だと思っている。


  日本人の精神構造の核であり、失ってはならない国としての根幹だと思う。


 ( だから、たかが農業とは思えないんですの。)



  農業をないがしろにすることは、私たち自身の思想も、国の歴史もあり方も、日本という国を形成していたすべてをないがしろにすることに等しいと思う。


  TPPは日本の農業を破壊しかねないから、悪質だ。


  (原発よりも危険ですの)





  ところで、福島のお米が解禁されたそうだ。

  無事放射能セシウムの基準値を下回り、避難区域を除く県内48市町村でコメの出荷が可能になった。

  ありがたいことです。

  web上では、危険だから食わない、という意見もあるようですが、そういう意見を聞くと、反骨精神が強いせいか、なにっ!と思う。せっかく実ったお米に失礼ではないかと思う。

  それなら食ってやろうでないかと思い始めた。

  まぁ、自己責任だそうだから、自己責任のもと、美味しい米をたらふく食べてやろう。
 

  で、それ以前(8月末)に解禁になった「瑞穂黄金」を買ってみることにした。


  瑞穂の国に靡く黄金の稲穂を思い浮かべるネーミングが気に入った。

  (私は山にしても、何にしても、名前にインスピレーションを感じてこだわるタチである)

 
  楽天市場で5キロ入り×2袋、送料込みで¥5,390なり。安い。



  届いて、無事炊いたら、またレポートしますの。


  (続く)


瑞穂黄金。これは広告の写真です。美味しそう!

23年の新米です!ブレンド米でもないのに安いですねぇ。