2011年12月13日

翼を奪われた日の丸戦闘機 ~F35日の丸ステルスが開発延期に?!~




日の丸戦闘機が苦境に立たされている。

13日、政府は航空自衛隊の次期戦闘機を日の丸ステルスF35に決定したが、同日米国防総省がそのF35の開発調達計画を2年間遅らせる見通しを明らかにした。

米国防総省の諮問機関「国防調達委員会(DAB)」方針を受けてF35の運用開始は、2019年以降にずれ込むことが確実となった。日本への2016(~2017)年の納入予定は極めて難しい状況となった。

このままいくと、日本の主力戦闘機は、老朽化したF4ファントム戦闘機と、今年9月に三菱重工や国内の関連企業が戦闘機事業から撤退を決めたF-2しか残されないことになる。

2012年から2019年までの8年間、もしくはもっと長くなるかもしれない空白の期間、防衛省はどうするつもりなのだろうか?




「次期戦闘機はF35、政府決定へ 12年度予算で4機取得」 (2011/12/13 09:57共同通信)

「F35開発延長 FX選定見直し必至 空白埋める代替案必要」 (2011.12.13 01:59 産経)



次期主力戦闘機に決定した米ロッキード・マーチンの「F35」
ロッキード・マーチン社がプロモーションのために作成した
「航空自衛隊仕様」F35の模型



まさか生産を中止し規模を縮小した三菱重工や、戦闘機事業の各社にまたF-2の生産を依頼するのだろうか。それともF35の共同開発を取りつけるつもりだろうか。

F35の開発に現在日本は参加していない。その為もあり、納入されるモデルは試作機の「モンキーモデル」だとさえ言われているそうだ。


日本の軍事的脅威は(TPPによる)食糧問題だけではなかった。アメリカはステルス機F-22は最重要国家機密として日本に売る気はない。代替えのF35は「開発が遅れている」。



ところで、日本にも国産ステルスを開発する計画があることはある。「心神」計画がそうだ。






国産ステルス戦闘機「心神」の模型



だがこの開発には問題がある。
まず、コストがかかりすぎる。年間数十機を40年で計算しても、日本の年間国防費500億ドルの5%を占めるという。
おまけにアメリカが日本の開発自体に圧力をかけている。彼らは米製ステルス戦闘機購入を迫っていて、日本は拒否することが出来ないだろうという見方が大半だ。
せめての共同開発、ライセンス国産なのだが、F35はまだそれを許されていない。おまけに何度も言うが、「開発が遅れている」。
米国防総省がF35の開発調達計画を2年間遅らせると発表した。


 加えて、国防総省内には、当初6500万ドル(約48億円)とみられた調達費が「3倍近くになる」(関係者)との見方がある。同省は増加分の負担をめぐり、製造元のロッキード・マーチン社と協議中だ。

「共同開発国でもない日本が16年に導入できる可能性はほとんどゼロ」(米関係者)とみられる。




米日本の防衛産業は今まさに八方ふさがりの状態である。
そして、産業だけじゃないのだ。軍事的脅威はどうだ。
主力戦闘機の国産を放棄した後に、最新型の主力機を当分売りません、と言われているこの国の国防はいったいどうなるのだろう。


こうした米国の運用見直しを待たずに日本政府がFXを選定するのは事実上不可能だ。
 米シンクタンク、新アメリカ安全保障センターのクローニン上級顧問は「米国側に不確定要素が増しており、日本のF35選定後、価格高騰や遅延が判明すれば、野田政権の選定責任が浮上する」と語っている


1955年以降半世紀に渡って続いて来た日本の戦闘機製造は既に終焉している。
野田政権の責任は重い。
兵糧攻めに戦闘機攻めなんてシャレにならない。
護るすべをすべて剥ぎ取られ、無様に丸裸にされた未来の日本が見えて来るようだ。











にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。
 ↓  ↓

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

引用元&関連記事

「ステルス戦闘機F35、多数の亀裂で開発2年延長 FX選定大詰めで米国防総省方針」
「【特集】日の丸ステルス F35」
「自衛隊がF35に気変わり、三菱重工が戦闘機生産から撤退」
防衛省頼みの限界、日の丸戦闘機の苦境
「日本 ステルス戦闘機「心神」計画、失敗は免れない」