2011年12月26日

漂流しているのは権力じゃなくて国じゃないの? ~超党派小沢グループが発足!?~




「統合・小沢グループ」が発足したそうだ。

超党派(民主党、減税日本、新党大地、無所属)による議員合計85人(衆院71人、参院14人)。
顔写真入りのリストが出ているので、詳しくはこちらをご覧いただきたい。




【保存版リスト】これが小沢一郎グループだ 議員名・顔写真・選挙区・地元事務所一覧表

(国会傍聴記by下町の太陽より)



[写真]小沢一郎グループ「新しい政策研究会(仮称)」
事務局長の中村哲治・参院議員
(奈良選挙区、2013年改選)




 新進党を解党した小沢一郎さん(69歳)を支持する超党派(民主党、減税日本、新党大地、無所属)の「統合・小沢グループ」が発足しました。新進党解党から14年経った年の瀬、2011年12月21日(水)午前11時、「新しい政策研究会(仮称)」が設立総会。会長は小沢一郎さん、事務局長は参院議員の中村哲治さん。呼びかけ人に名を連ねた「小沢グループ」は以下の合計85人(衆院71人、参院14人)です。北から順に氏名、選挙区、地元事務所、顔写真を網羅しました。リストには会長の小沢一郎さんも加えましたので、合計86人になります。不信任案採決前日の6月1日夜に集まった「6月1日の裏切り」の参加者は衆院議員は70人超とされています。このリストには現職の政務三役(9月に交代)の名前は入っていませんが顔ぶれはある程度似ていると思われます。







25日の夜、NHK総合で『証言ドキュメント 永田町・権力の漂流』という番組が放送された。

数日前から見たいなぁと思っていたが、結局見れたのはラスト15分ほど。

自民党の大島副総裁のインタビューが映し出され、菅首相を(不信任決議案で)亡きものにしたあと、小沢抜きで民主党と大連立を組もうと画策していたことが吐露される。

小沢が、あの時は本気(で獲るつもり)だった、と豪語する。暗い背景の中、顔に照明を当てたリアルな表情が大写しにされる。

しかし、事態は思わぬ方向へ。鳩山グループの裏切り。そして菅首相の約束不履行という裏切り。

トロイカ体制の三人がそれぞれインタビューに応じて語る様。またしてもリアルな顔が大写し。





http://www.nhk.or.jp/special/onair/111225.html




ナレーションでは政権交代を成し得た民主党の中心人物(トロイカの)三人に焦点を当てて、二人が首相になったこと、そして今は(権力の中心に)いないこと。

残されているのは、小沢だけであることを、番組ラストの小沢のインタビューでの締めや彼の殊更しつこいリアル顔のアップで切々と訴える。

反小沢を描きながら、その癖、やけに煽るのだ。

来るぞ。来るぞ。小沢が来るぞ。

小沢が権力を求めてやまない化け物であるかのように描き出す。




まぁそう言う方が面白いんだろうなぁ、番組的に。と思いながら見ていたが、今日の超党派小沢グループの発表で、あらら、という感じ。

やっぱり小沢は執念深い化け物なのかもしれない。



ところで、小沢のブレーンと評判の某植草元教授が、この番組のことをコテンパンにしていた。

「政治はどうあるべきか」という視点をわざと欠いて、小沢を巡る権力闘争にすべてを帰している。偏向報道だ。と訴えていた。



確かにあのリアル顔は偏向報道かもしれないなぁ。どう見ても、政治のことより権力のことしか頭になさそうに見えたものだ。
とは言うのの、その時私が感じていたのは、民主党の中心人物三人の喋り方の違いだった。


菅氏と鳩山氏は共通している。紳士然した言葉遣いで、下から喋る。違うのは、菅氏が、あれでよかったんだと歴史が証明する、というような、自らをなぐさめるような国民に言い訳するようなものであるのに対して、鳩山首相が下から喋りながらも常に誰かを責めるように喋るという事。それでも一番まともに聞こえたものだ。

多分、NHKもここを強調したかったから、まともに扱ったのだろうが、彼はこう言った。
「(首相がころころと)1年毎に変るようだと、国力が衰えますから」

その直後に、化け物小沢のアップだ。
「国民はね。わかってると思いますよ。(政権交代時と)やってることが違うんじゃいかな、と」


国民に応えられるのは俺しかいないんだ!!政界再編だ!!


と暗黙に(匂わせるように)熱く語ったところで番組終了。



その小沢の言い方の、上から目線と言葉遣いの乱暴さと言ったら。

まぁ、そりゃ下品に見えました。



NHKの正確な意図は計りかねるが、あれが首相になったらいやだなぁ、とはっきり思ったものだ。そして、この小沢よりはまともに見える元首相、散々選挙前の公約を反故にし、ルーピーと言われて馬鹿にされていたけれど、一つだけ守ったんだよな、約束を。

「命を守りたい」

所信表明演説で言ったとおり、鳩山首相は国民の命だけは守った。
どんなに馬鹿な政策をしようとも、彼の任期に国民が大量に死ぬような災害だけは起きなかったという事を、ぼんやりと思い返していた。






にほんブログ村参加してます。ぽちっとな!
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村