2012年1月3日

闇を知る男、オウム平田容疑者が出頭・逮捕。16年の時を経て何を語る?!




早朝のジョギングで何が楽しみかというと日の出前の朝焼けの美しさ。

それから、ラジオのニュースである。

(ラジオを聞きながら走っているのです)


特にFM横浜の6時13分前後のニュースがお気に入り。各社の新聞のトップ記事を読み上げるDJ(女性アナウンサー)の声が聞きたくて、何とかそれに合わせて走り始めようと画策する。

が、そうそう上手くいかないもので、寝坊したり、曇りの日でまだ空真っ暗だったり。
(夜のうちは走りたくないものだから)難しかったりするのだ。


今朝は寝坊&空が暗いのWパンチ。まだ空が暗いからもう少し・・と二度寝したら寝過ごすという最悪のパターン。それでも天は見放さず、6時45分のARASHI DISCOVERY の後にトップニュースが流れてきたには驚いた。
嵐の大野君の妙なロボットボイスのクイズの途中で私はジョギングを終えることが多かったのだ。なるほどね、TVとおんなじ、繰り返して同じ内容を流すのね(DJは違うけどなんせトップニュースだもんね)、そう言えば大野君の声は録音じゃないか、今初めて気が付いたよ、なんて新たなラジオの世界の発見に感動しながらトップ記事をむさぼり聞く。


「新年明けて初めて、社会的な大きなニュースが飛び込んできました!」



今日は新聞社の事始め、2012年に初めて発行する新聞の第一面に何を扱ったのかと思えば、これですよ。



写真は産経新聞




2011年12月31日にオウム真理教の平田信容疑者(46)が出頭し、2012年1月1日に逮捕されたという・・




逃走16年越 オウム平田容疑者出頭・逮捕

警視庁本部に出頭も…「悪質ないたずら」と処理







平田容疑者指名手配の写真




 警視庁によりますと、平田容疑者は大晦日の午後11時半ごろ、警視庁本部を訪れ、警備の機動隊員に対し、「平田信です。出頭してきました」と声をかけました。しかし、隊員が応じなかったため、さらに「特別手配の平田ですが」と告げましたが、隊員は「あちらに警察署がありますから」と近くにある丸の内警察署に行くよう指示したということです。




ラジオでは出頭した平田容疑者に隊員が気付かなかったという点をDJが大げさに強調し、なぜこの時期に出頭したかについても、長年の潜伏に疲れたのではないか、教祖の麻原の執行を遅らせる為ではないか、等と報道されていることを伝えていた。

私はサリン事件やオウムの一連の事件の被害者の方々は大変申し訳ないのだが、正直そんなことはどうでもいいよ、とがっかりしてしまった。

大抵この国の未来を決める重大ニュースは、1月1日~1月2日にこっそりと報道される。(新聞も休みだしね!)

で、今朝のニュースこそが世論にとっては大切だと言うのに、今さらオウムって何よ??確かに重大事件だったけれど、あまりにもあまりにも、今は風化している。目先に大切な報道がたくさん転がっているというにどうしたことよと。


あらためて後でニュース記事を読んでいたら、「逃亡資金が尽きたのではないか」という仮説が書かれていた。


 捜査関係者によると、平田容疑者は地下鉄サリン事件や警察庁長官狙撃事件が発生した95年3月ごろ、教団幹部から「逃走資金」として数百万円を受け取ったとみられているが、足取りが把握されているのは96年2月までだ。




16年間も逃走していた男が、数百万円の逃走資金で暮らせていたはずがない。誰かがお金を渡していたんだろう。その者から大晦日のタイミングで資金を打ち切られたという事か。

ならば、そのものはタイミングを合わせられるのだろうなぁ、と考えては馬鹿馬鹿しくなってしまった。


誰が裏にいるのか。代わりに目立たなくさせたいニュースは何だ?



楽しみなジョギングが何だか似非猿芝居を聞かされたようで、がっかりした思いを抱えながら、私はクリスマスの丸の内を連想している。


イルミネーションに煌く街の通りに、大きな街宣車が止まっているのだ。日の丸の国旗に、愛国だの書かれた右翼団体の大きな車が、邪魔で邪魔で写真がやけに撮りづらかった。

ああいう貴重な一日に、希望に満ちたイベントの際に、街宣車をその舞台に表わすのは、本当に右翼団体なのだろうか。
私たちの健全な愛国心や日の丸に対する思いを、不愉快な記憶に転ずるための意図的なものではないかと懸念してしまう。
(実際に右翼団体は在日の方の雇われたスタッフが多いと聞く)
同じように、宗教団体はどうだろう。オウム真理教を思い出す時、私は信仰にたいする不快感をセットで思い出すのだ。

例えばこういうブログに、愛だの神だの信仰だの、日本人の心にとって大切なもの、それは心のふるさとや原点であるものを語ろうとするときに、オウムの記憶は本当に邪魔だ。
街宣車と同じように邪魔な黒点になる。


私はオウムの犯罪も憎いが、その私たちの健全な思いを封じ込める彼らの記憶が憎い。それを作り出した誰かが憎い。逃走資金を今まで出していて、今日の日に警察に出頭させる誰かが憎いと心底思う。


神はいる。日本は神の国だ。宗教も信仰も日本人は自覚していないかもしれないが、古くから皆が大切にしている民族だ。

なのに自覚させない、封じ込める。

全く頭に来るやつらが裏にいることよ。産経新聞の記事に「何語る 闇を知る男」という副題があったが、本当に。何を語るんだか。

彼が語らぬ、本当の闇の世界が、ラジオのDJが驚きを以て語る各誌の報道と、かい離していることだけは確かである。







「オウム事件:平田容疑者逮捕(その1) 大みそか「平田です」 緊迫、未明の逮捕」
平田容疑者出頭は麻原執行遅らせるためか




にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります♪
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村