2012年1月3日

箱根駅伝 感動をありがとう! 東洋大学大会新で優勝!





引き続き箱根駅伝を見ています。

往路と違って復路はまた思わぬドラマがあったりする。

特に繰り上げスタートでたすきが途切れてしまう時がたまらない。あの選手たちの悔しそうな顔。「たすきをつなぐ」という事にどれほど重きを置いているか、大切にしているか、誇りを持っているのか、思い知ります。

またたとえたすきがつながったとしても。
復路では選手たちを見ていること自体が辛くなります。往路でスポーツとして見ることが出来た彼らの走りも、もう追い詰められた獣のよう。あの必死の形相。顔を歪めて、苦しそうに体のあちこちを抑えたり叩いたり、転びそうになったり。

9区の東洋大の田中選手も辛そうだったなぁ。


東洋大、総合記録上回るペースで最終区へ…9区 






今、東洋大アンカーの斎藤選手がゴールテープを切るところです。



東洋大学の斎藤選手




総合優勝おめでとうございます!

選手たちの笑顔がたまりません。苦しそうな顔を散々見ての二日間だっただけに、このゴールの後の笑顔が胸に沁みる。




それでも、優勝とは一番遠く離れたところで、心を打たれる、感動を与えてくれる。それが箱根駅伝の素晴らしいところです。

参加された大学の選手の皆さん、本当にご苦労様でした。
人間賛歌のドラマを見せていただきました。本当にどうもありがとう。
勝っても、負けても、あなたたちの箱根駅伝の記憶が、この先の人生の善き糧となりますように。






中央大学の高橋選手







東洋大、大会新で2年ぶり総合優勝/箱根駅伝
箱根駅伝 繰り上げスタートとは (箱根駅伝2010)
10キロ過ぎ、6位の城西大が失速…箱根10区

 

にほんブログ村参加してます!

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村