2012年1月27日

保守勢力が結集?! 悲願の「愛国政党」誕生なるか。





「石原新党」3月旗揚げも=保守勢力結集、亀井・平沼氏と確認

朝日新聞 2012年1月27日13時6分



石原慎太郎東京都知事、国民新党の亀井静香代表、たちあがれ日本の平沼赳夫代表が25日に会談した際、石原氏を党首とする新党の3月旗揚げも視野に保守勢力の結集を目指す方針を確認していたことが27日、分かった。関係者が明らかにした。自民、民主両党の保守系議員に参加を呼び掛けるほか、橋下徹大阪市長や大村秀章愛知県知事らとの連携も模索する。
3月は野田佳彦首相が消費増税法案の提出を予定しており、与野党対立の激化で政局が緊迫することが予想される。衆院解散の可能性も排除できず、亀井氏らは新党の結成も含め、保守勢力の結集を急ぐ必要があると判断したとみられる。
石原氏は同日午前、都庁で記者団の質問に答え「3月は一番忙しい。ほっといてくれ」と述べ、説明を避けた。一方、橋下氏は市役所内で「そのような話はうかがったことがない」と語った。
保守勢力の結集をめぐっては、亀井、平沼両氏がかねて熱心で、石原氏に行動を促していた。これに対し、石原氏は「第三極の政党」の必要性は認めながらも、理念、政策を明確にしないと「国民は付いてこない」と、状況を見極める姿勢を示していた。 

[時事通信社]






石原新党が3月結成で大筋合意した。


問題は、「たちあがれ日本」の二の舞になるかならないか、に尽きると思います。

民主党・自民党・市議会委員の若手がこの動きに賛同してくれるのか。

石原さんがボスで構わないのか。



もしも、それさえ叶うならば、保守勢力の結集は何より嬉しい。

日本が待ちに待っていた政党がついに誕生することになる。



個人の信念や信条を公に捧げるつもりで、考えていただきたい。

本当の意味で、日本の為の政党を、

共に創り上げてくれることを願うばかりだ。








にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村