2012年1月18日

消費税アップの前に歳出削減か。日本再生に向けてネバーギブアップ!





民主党が政治改革推進本部の総会にて、

衆議院の1票の格差を是正するための法案を決定しました。

小選挙区を0増5減する法案と、衆議院の比例代表の定数を

政権公約どおり80削減する法案です。


「国会議員の定数削減を最初の第一歩として全力で取り組みたい」

(樽床幹事長代行)




行政改革や公務員の給与削減、議員定数の削減、年金制度の改革等は、

口先だけでやらないだろと思っていたので、心底嬉しく感じました。



思わず、野田首相に向かって、ガッツポーズを掲げてしまいました。











この調子でネバーギブアップ! 

新しいスタートに向けてこれからも頑張ってください!





小選挙区「5減」、比例「80減」決定 民主党

 民主党の政治改革推進本部(本部長・樽床伸二幹事長代行)は18日、国会内で総会を開いた。


(1)衆院小選挙区の「1票の格差」是正に向け、山梨、福井、徳島、高知、佐賀各県の定数を1ずつ減らす自民党の「0増5減」案を採用する


(2)比例代表の定数を80削減する――との案を決定した。

 衆院小選挙区の「0増5減」は参院での「逆転国会」を踏まえ自民党案を採用した。

民主党は野党の賛同が得られなくても24日召集の通常国会に、格差是正と定数削減の関連法案をそれぞれ提出する方針だ。

ただ自民党と共闘する公明党など中小政党は比例定数の削減に反対しており、両法案の行方はなお不透明だ。

 総会に先立ち首相官邸で開いた政府・民主三役会議では、岡田克也副総理が主張する国会議員の歳費削減より、議員定数や国家公務員給与の削減を優先させる方針を確認した。

席上、野田佳彦首相は、議員定数の削減について「しっかりやるように」と指示した。


小選挙区「5減」、比例「80減」決定 民主党 (日本経済新聞2012/1/18 19:52)より







にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります!

にほんブログ村 ニュースブログへ