2012年2月6日

大阪市長選で組織ぐるみの支援が発覚 大阪市交通局、労組、紹介カードを1800人に!





 大阪市交通局 労組、1800人に紹介カード 昨年市長選で

  ■組織ぐるみ支援か
  橋下徹市長が当選した昨年11月の大阪市長選に絡み、市交通局の職員でつくる大阪交通労働組合(大交)が、当時現職だった平松邦夫前市長を支援するため、職員に対して広範に「知人・友人紹介カード」を配布・回収し、回収状況をチェックするリストを作成していたことが6日、大阪維新の会の調査で分かった。チェックリストは職場ごとのとりまとめ役の管理用とみられ、維新は交通局全職員の4分の1にあたる約1800人分を入手。協力しない職員には不利益になることを本人に伝えるよう明記されていた。
  リストには組合員だけでなく、局長級ら幹部の名前もあり、維新によると、職場で保管され、市長選後に上司から部下に廃棄が命じられたという。維新は、市側と労組が一体となり、組織ぐるみで現職の選挙支援を行ったとみており、地方公営企業法や地方公務員法に抵触する可能性もあるとみて追及する構えだ。
  配布されたカードは平松氏の後援会名義で、知人や友人の住所、氏名などを記す欄がある。
  チェックリストには職員の氏名、会社の社員番号にあたる氏名コード、配布・回収のチェック欄などがあった。リストの下部には、大交の上部団体である大阪市労働組合連合会(市労連)が市長選で平松氏を支援していることを記し、カード提出に非協力的な職員には「今後不利益になることを本人に伝え、それでも協力しない場合は執行委員まで連絡してください」と明記されていた。
  橋下市長はこれまで、職員労組の組合員が勤務時間中に政治活動や組合活動を行っていたとして、組合事務所の退去を求めたほか、新たな条例制定を目指している。
  今回の問題で労組による政治関与が明確になったことで、今後の対応に影響しそうだ。

(産経新聞 2月6日15時18分配信)





大阪市長選で労組が選挙活動「強要」か





大阪維新の会に内部告白がありました。

昨年11月の大阪市長選前、大阪交通労働組合は、

現職の平松議員を支援するため

庁宿舎で1800人の市交通局職員に推薦人紹介カードを配布。

協力を拒んだ場合は、人事上の不利益を受けることを示唆していたことが

維新の会の大阪市議団の調査で明らかになりました。


地方公務員法では、選挙で署名に関わる行為は禁じられており、

政治的行為を制限されています。

また、大阪維新の会に持ち込まれた内部告白のリスト

(組合がカードを配布する際に作ったとみられる)

には、非組合員である管理職も含まれ、

職員ごとに非公表の職員コードが記されていました。


市交通局は事実を否定。人事情報が組合に漏れた可能性について

調査する方針です。

組合側は「根も葉もない話、弁護士と協議して対応を決める」と語っています。



大阪市長選は、橋下市長と市職員の対決の構図が背景があり、

橋下氏は当選後の記者会見で、

これまで橋下氏の政策や維新を批判してきた市職員に対して

「政治に足を踏み込み過ぎた職員は、潔く去っていただきたい」

と自主退職を促していました。


対して平松氏は、選挙後事務所にて、

「すべて私の不徳の致すところ」とわび、

報道陣に対しては、

「人気も突破力もある橋下徹・新市長へのチェックが私の今後の方向性だ」

と語りました。

退任後も、橋下氏の市政運営や大都市制度を巡って

情報発信していく意向を示していました。





橋下新市長、職員を一喝 「民意無視なら去ってもらう」


にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ