2012年2月1日

大寒波に最強寒波が世界を襲う?!






<EMeye>中・東欧で大寒波、死者多数

中・東欧を大寒波が襲い、多数の死者が出ている。1月下旬から同地域を最大氷点下33度という厳しい寒波が襲い、ホームレスや高齢者などが死亡。死者は合計で60人を超えているもようだ。  ウクライナ非常事態省は1月27日から31日までに30人が死亡し、627人が低体温症や凍傷で病院に搬送されたと発表。
  その他、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、リトアニア、セルビア、マケドニア、チェコ、スロバキアでも寒波による死者が出ている。寒波はトルコ、イタリア、スイス、ギリシャにも広がっており、特に寒波が厳しい国では避難所の設置や食料配布など対策を取るものの、寒波が続けば犠牲者は増える可能性がありそうだ。
  また、経済的な影響が出てくる可能性もありそうだ。


今週また「最強寒波」来襲 日本海側で大雪に警戒(12/01/30) 

  今週も日本海側は大雪に警戒が必要です。日本の上空にはすでに大雪を降らせる強い寒気が居座っていますが、今週中ごろにかけては一段と強い寒気が流れ込んできます。日本海­側では記録的な積雪になる可能性があり、太平洋側でも厳しい寒さが続きます。











世界で記録的な寒波(もしくは寒気)が続いています。

死者が増え、例年にない異常な積雪です。

日本では大雪警戒が出ています。

気象庁によると、2日から3日にかけて

北日本から西日本の日本海側で大雪が続くと言うことです。




近年、異常気象(過去30年に1~2度の現象)の頻度は、


高温や局地的豪雨を中心に増えています。


問題は、これが人為的なものかどうかです。




以前、気象予報士森田正光さんが元気象研究所の増田善信氏の説を

引用して、「地球温暖化が寒波をもたらしている」との見解を述べていました。

地球温暖化によって極地方と赤道域の温度勾配が小さくなり、

北極の寒気をブロックするカーテンのような偏西風が健全に機能しなくなった。

それで各地に極端な暖波や寒波をもたらしているというものです。



実際そうおっしゃられた去年は、下記の※新聞記事にもあるように

「30年に一度の異常気象」だったんですね。


※大雪の原因、北極発の寒波 「30年に一度の異常気象」 (朝日新聞



「異常気象分析検討会」で会長を務める木本昌秀・東大教授は

「めったに断言しないが、今年は異常気象と言える。」と語っています。



で、今年は何十年ぶりの寒波でしたか。

51年ぶり? それとも26年?

うちの地方では寒波の影響で梅林の開花が1か月遅れると言っています。

新潟では平年の2倍の雪が降っていると聞きます。

気象庁は寒気の影響だと大雪警報を発しています。






30年に一度以上の、「めったに断言しない異常気象」以上の異常気象

であることは確かです。




観測史上最大の地震。

史上最悪の原発事故。

紀伊半島からなかなか動かない台風。

蛇行して、日本列島からなかなか動かない偏西風。



去年から想定外の異常気象ばかりが続いています。






また昨日になって東日本大震災の影響でM8級の地震が起こると

一斉に報道されました。

「海洋研究開発機構」が去年4月から7月にかけて、

東北沖の日本海溝の東側に地震計を設置して調査しました結果です。

余震がM8というのも、驚かされました。(それは余震と言えるのでしょうか)


こちらもやっぱり異常に感じますよね。





近年、異常気象(過去30年に1~2度の現象)の頻度は、


高温や局地的豪雨を中心に増えています。


問題は、これが人為的なものかどうかです。





森田さんは異常気象が人為的なのは温暖化だからという意味で、

「問題はこれ(異常気象)が人為的かどうかだ」という問いに答えましたが、

私はちょっと違う考え方をしています。


人為的なのは温暖化だからではないかもしれないという選択肢です。






昨年の7月11日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、

自民党を自民党を除名された浜田和幸参院議員が

気象制御について語ったことがあります。


「地震や津波を人工的に起こすのは技術的に可能で、

国際政治、軍事上で常識化されている」

2011年07月11日衆議院復興特別委員会で浜田政務官が人工地震に言及







脱原発の傾向が世界的に浸透し、

イランからの石油が禁輸になる中で、

30年に一度を超えた異常な寒波がやってくることは

中・東欧大寒波の記事で告げているように、

経済的にも大きな影響が出ると思います。

たくさんの命が失われ、

被害により、食糧が足りなくなるかもしれません。



ロシアは、31日、今年の穀物輸出可能量を2日に決定する方針を

発表しました。



穀物市場ではここ1週間、ロシアの輸出関税観測や

黒海地域での寒波により、強地合いとなっている。

シカゴ市場の小麦先物は31日、4週間ぶり高値に上昇、

アジア市場でも上昇している。

※ロシア、今年度の穀物輸出上限を2日に決定 (ロイター





浜田参院議員の言葉をもう一度引用します。



「地震や津波を人工的に起こすのは技術的に可能で、


国際政治、軍事上で常識化されている」






すべての国の人々が

この異常な寒波を無事乗り越えてくれることを、

願ってやみません。







ロシア、今年度の穀物輸出上限を2日に決定
温暖化と異常気象
今年の寒波は、温暖化のせいらしい
「M8級地震起きやすい」“東北沖”で専門家が指摘
来週から2月上旬にかけて記録的寒波の恐れ


ニホンブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村