2012年2月4日

パンドラの箱の中の希望






普天間固定化の懸念 日米両政府が合意見直しへ

在日アメリカ軍の再編計画について、日米両政府がこれまでの合意の見直しを協議していることが明らかになりました。日米合意では、普天間基地の移設と海兵隊8000人のグ­アム移転がパッケージでした。しかし、今回、海兵隊の移転を基地移設と切り離す方向で協議しています。基地の移設が棚上げになる可能性もあり、普天間基地の固定化への懸念­が強まりそうです。






2010年4月に、普天間飛行場移設問題について思い、書いた記事です。


開けられたパンドラの箱と未だ見えぬ平成の坂本龍馬



一言で言うと、

この件に関して、民主党はあまりにも酷かった。

というお話です。




今回の普天間移設計画見直しの問題点は、


①グアム移転計画の見直しはオバマ政権が先に打ち出した米国防予算の大幅な削減による新たな国防戦略の一環。海兵隊をグアムだけでなく、ハワイやオーストラリアにも分散して配置する。沖縄から移る部隊は当初、予定していた司令部要員から戦闘要員に変更。有事への対応で遅れる懸念も残る。日経


②計画の見直しで日本側への経費返還が日米間の協議対象になる。国防費削減にあえぐ米側が「抑止力維持と負担軽減」という目的は変わらないとの理屈で、ハワイなどの施設整備に転用できるよう求めてくることも想定される。その場合、政府は国民に説明しにくい懸案を抱えることになる。(産経


③米ブルームバーグ通信は2日、在沖縄米海兵隊に関して「オバマ政権が、グアム移転の人数を4500人に減らし、4000人はオーストラリアやフィリピン、ハワイをローテーションさせる計画だ」と報道。海兵隊移転については普天間移設の進展を前提としない考えだと伝えた。(毎日



以上の3点が大きなものだと思われました。


③については、現在のところ米国務省のトナー副報道官が、

沖縄・名護市辺野古に移設する計画に「変更はない」と断言しています。


けれど、海兵隊の移転が基地移設と切り離されたことで、

計画「変更はない」ものの、基地移設の実現だけが取り残される、という

懸念は拭い去れません。


その場合、②のように、海兵隊移転にかかわる費用だけが負担となり

日米合意そのものの意義が失われたという感は否めません。



2010年に書いた「平成の坂本龍馬」の記事のように、

今になって、普天間飛行場移設問題を考えるとき、

私が不思議に思うのは、この国の国民性「総ポジティブシンキング」のことです。


イザナギイザナミの別離のストーリーから続く、

たとえ1000の悪いことがあっても、1500の良いことを以て補おうとする

超前向きな国民性。


よくこんなことを言っています。

「他人は変えられない。変えられるのは自分だけだ」

頑なに自分の信念を貫いて(相手を変えようとして)、嫌な思いをするならば、

自分の考え方を変えてごらんよ。

一度や二度、そう諭された方は多いと思います。


けれど、普天間飛行場移設の問題だけはそうはならない。

正直私は、米軍が動かないならば、普天間に住む9万人が

辺野古に移住したらいいではないか、と真剣に思うことがあります。


そんなことを言うものなら、普天間の住民感情を考えろと怒鳴られそうですが、

「変えられるのは自分だけ」

ではなかったのでしょうか。相手のために自分を変えなくてはならない。

どんなに惨めな思いをしても、それこそが自分のためだって、

そう得々と諭される者の感情なんて、考えたこともない。

前向きなことだけを言っていれば、良い人間だと自己満足して生きていける。

「総ポジティブシンキング」の白々しさを改めて思います。




そうではない。

イザナギの言うことは正しいんだ。

たとえ1000人殺されようとも、ぼくらは1500人を生んで生きるんだ。


もしも、そう言うならば、

それが真実ならば、

沖縄の人々にも、1500の想いで応えてほしいと思います。


日米合意のパッケージにこだわらず、

より住民感情に沿った代替え案を早急に協議していただきたい。

この期に及んで、変更はないだの、固定化しないよう申し入れるだの、

日米合意案にこだわるのはやめてほしい。

辺野古に移設はしません。

普天間は固定化しません。

民主党は公約通り、県外移設を本気で考えます。


この際。それがベストだと思います。

米軍の国防戦略変更も、鳩山元首相や防衛局長のドタバタも、

沖縄の未来のための本当にいいきっかけとなりました。



パンドラの箱が開かれた後の希望とは、

そう言うことだと私は思います。








にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ