2012年2月10日

米34ぶり原発許可! いくらなんでもヒューマンエラーでは?





米国:34年ぶり原発認可 原子力規制委員長、異例の反対

  【ニューヨーク山科武司】米原子力規制委員会(NRC)は9日、東芝子会社の米ウェスティングハウス・エレクトリック(WH)の原子炉を採用した、南部ジョージア州のボーグル原子力発電所内の原子炉2基の建設・運転を認可した。米国で原子炉の新規建設認可は1978年以来。ただ、NRCのヤツコ委員長は建設に反対しており、トップが「異例の反対」(ロイター通信)を表明する中で、原発建設が再開されることになった。
  NRCは米スリーマイル島原発事故(79年)後、新規建設を認めてこなかった。AP通信などによると、委員5人のうち4人の賛成多数で認可が決まった。
  ヤツコ委員長は反対票を投じた。反対理由として、福島第1原発で起きた部分的な炉心溶融(メルトダウン)の防護対策強化を新型原子炉の事業者らに強制していない点を指摘した。他の4委員は、既に昨年の見直し作業で安全性は強化されたとした。
  新たに建設されるのはWHの新型加圧水型原子炉「AP1000」。出力は1基110万キロワットで、建設費は約140億ドル(約1兆870億円)。米エネルギー省から83億ドルの融資保証を受ける。1基は2016年、別の1基は17年の運転開始を目指す。
  昨年の福島原発事故を受け、NRCは米国内の原発104基の安全性を検証。7月に福島と同じような事故が「米国で起きる可能性はほとんどない」と結論付けた特別委員会報告をまとめていた。
  オバマ政権は、地球温暖化対策の観点から、原発建設を容認する方針を示している。

(毎日新聞 2012年2月10日 東京夕刊)




アメリカ原子力規制委員会が原子力発電所の建設・運転を許可しました。

場所は南部ジョージア州アトランタ、ボーグル原発が計画する3号機、4号機。

米大手電力サザンカンパニーが経営しています。

アメリカは1979年のスリーマイル事故以来、原発の建設を凍結していました。

9日の建設計画と運転の許可は、34年ぶりとなります。




※昨年12月の建設許可時の報道は下記 ↓ のサイトで

わかりやすくまとめてあります。


アメリカ34年ぶり新規の原発建設へーー報道各紙の要点総まとめ





前回の報道と違うのは、「雇用創出」というお題目が影を潜めている点でしょうか。

NHKくらい? 「雇用創出」、フランス大統領選挙の争点と同じ理由ですね。



アメリカ原子力規制委員会が新たな原発建設を承認したことを受けて、東芝の子会社の「ウェスチングハウス・エレクトリック」は「アメリカで新しい世代の原発の建設が進められるうえで、重要な一歩だ。原発の建設は地域経済や地元の雇用創出にも貢献するだろう」と、委員会の決定を歓迎するコメントを発表しました。NHK




雇用創出に変わって、新たなお題目とされているのは、エネルギー政策です。

イラン制裁(戦争)を念頭に置いているだけあります。

エネルギー自給率向上が、

米国民にあれだけアレルギーを与えた原発を、

34年ぶりに凍結を解いで、新たに建設・運転を開始する理由とされています。




・オバマ政権の地球温暖化対策の観点から

・エネルギー自給の強化(原子力もその一部)

・主要なエネルギーとして今後原発を利用していくアメリカの方針



などが挙げられています。

東芝(の子会社)の技術や安全性を誇る記述も微妙に違う。

いまだ能天気に誇っているのは、読売新聞くらい。↓ (こんな感じ)



 WHの最新鋭の加圧水型軽水炉「AP1000」が採用される。いずれも出力は110万キロ・ワットで、早ければ2016年にも運転を始める。AP1000は、外部電源が失われても、自動で冷却装置が作動するなど高い安全性を誇る。 (読売




あと、産経新聞もラストで疑問を唱えながらも、

全体の主張として、新しい原発の安全性を強調しているようです。




しかし、NRCの特別委員会は国内の既存原発を見直した結果、「米国で同様の事故が発生する可能性は低い」と指摘。新規原発の建設についても支障はないと判断した。
AP1000はテロや災害を想定して設計され、外部電源の喪失時には72時間の原子炉冷却ができ、従来の原子炉に比べて、安全性や運転効率が高いとされる。サウスカロライナ州の原発建設計画でも採用が決まっている。
福島第1原発事故を受けて世界的に「脱原発」の機運が広がる中、原発推進にかじを切る米国の原子力政策は日本を含む各国にも影響を与えそうだ。
産経





東芝うんぬんよりも、原発自体に大賛成なのが日経。

批判や、疑問を問うコメントは一切なし。



サザンカンパニーのファニング最高経営責任者(CEO)は声明で「1つの技術では(エネルギーの)すべての問題を解決できないが、原子力が解決策の大きな役割を果たすのは明らかだ」と指摘した。 (日経





他は今のところ(2月10日16時時点)この話題を取り上げていなかったり、

もしくは、どちらかというと懐疑的な報道です。




世界的に原発見直し機運が高まる中、エネルギー自給の強化を重視した米国の今回の選択は、脱原発の議論に一石を投じそうだ。 (時事ドットコム


 同じ原子炉を採用したサウスカロライナ州のV・Cサマー原発2、3号機も近く承認される見通し。東京電力福島第1原発事故を受けて原発見直し論が世界的に高まる中、米国は地球温暖化問題などを背景に、原発を推進していく姿勢を明確に打ち出した。 (47NEWS


原発は早ければことし中にも着工する予定で、順調に建設が進めば2016年に運転が開始されるとみられています。
オバマ政権は「東京電力福島第一原子力発電所の事故の教訓は生かしていく」としていますが、原発の建設を推進する姿勢は変えていません。
NHK




朝日は一報で、反対票を投じたヤツコ委員長を繰り返し記述。



ただ、ヤツコ委員長は東京電力福島第一原発事故を受けた安全対策が規制に反映されていないとして反対票を投じた。
反対票を投じたヤツコ委員長は「福島原発事故は無視できない」とする声明を発表。事故を受けた安全対策の規制強化が検討されている最中なのに「まるでこの事故がなかったかのように認可に賛成することはできなかった」と説明した。 (朝日




毎日はロイターの原発推進記事の「異例の反対」という一部だけを取り上げて、

嫌悪感をアピール。唯一、お金の出所にも言及しています。




新たに建設されるのはWHの新型加圧水型原子炉「AP1000」。昨年12月、NRCはこの原子炉の設計を認可していた。出力は1基110万キロワットで、建設費は約140億ドル(約1兆870億円)。米エネルギー省から83億ドルの融資保証を受ける。1基は2016年、別の1基は17年の運転開始を目指す。 (毎日




「所詮、金だろ、金」と言った調子でしょうか。 ↓










 盛り込みすぎましたが、

今、日本では90年代アメリカと同じ原発アレルギーが高まっています。

なのに、いくらなんでもこの時期にという戸惑い、

しかも、34年ぶりにアメリカの原発を解禁するのが

日本の東芝傘下の原発というのも、各誌引っかかっているように見えました。

アメリカの世論の批判の矛先がこちらに転じそうな予感と、



しかし、ジョージア州などで活動する環境保護団体の連合組織はAP1000型の設計は安全でないと主張し、NRCに対し9日の会合延期を要求すると共に連邦裁判所に異議申し立てを行う考えを示している。 CNN





「何かあった時まずいんじゃないか」

的な、危機感を抱いているような。

(そうとははっきり言えないので、ヤツコ委員長の反対票の一件を繰り返し語り、

NRCの今回の「原発は安全」という判断を疑問符を持たせるように記述しています)

世界的に脱原発の機運が高まる中・・・

というのも、同様です。

今のところ、脱原発をはっきり打ち出しているのは、ドイツとイタリア。

(国連理事国になりたい日本は、三国同盟を彷彿させるこちら側にはつけない?)

むしろ脱原発の機運はそうそう高まっていません(まだまだ足りない!)。




各誌の報道を見て歩いたのは、

あまりにもこの報道に驚かされたからです。



アメリカが原発にお墨付きを与えれば、高まりそうな脱原発機運は消沈し、

日本も舵を切れなくなる。





頭に来ますね~


唯一の救いだったのが、日本は相当、東日本大震災で痛みを分けたのでしょう。

信じられないと思っていたマスコミが、ほんの少し戦ってくれているように見えたこと。

国民が脱原発機運を高めているから、ただお客様に配慮しただけかもしれませんが。





原発推進派は同委員長の反対について、NRCが機能不全に陥っている一端が示されたと指摘。NRC委員内の亀裂は、先に行われた米議会公聴会の場でも明らかになっていた。
ロイター


国連も亀裂、NRCも亀裂、機能不全があちこちで起こっています。

世界も、日本も、

原発を巡って激しい亀裂、分裂が起こりそうで恐ろしいですね。







☆関連記事&引用元&おすすめブログ☆
それでも…オバマ大統領は原発推進路線を堅持
停止中の原発 再稼働は認められない
仏大統領選:「国内最古の原発」存廃が争点に
なぜ原発は推進されるのか




にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。
にほんブログ村 ニュースブログへ