2012年3月26日

日米軍事一体化で北朝鮮を迎え撃つ





航空総隊司令部 横田基地に


弾道ミサイルに対処する部隊などを指揮する航空自衛隊の航空総隊司令部が、東京・府中からアメリカ軍横田基地に移転し、26日から運用を始めました。 北朝鮮が来月中旬に打ち上げを予告している「人工衛星」に関して、自衛隊に「破壊措置命令」が出された場合は、この司令部で部隊の指揮が行われる見通しです。 航空自衛隊の航空総隊司令部は、戦闘機などの部隊の指揮を行っていますが、弾道ミサイルなどに関して自衛隊に「破壊措置命令」が出された場合には、海上自衛隊のイージス艦や、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の部隊なども一元的に指揮することになっています。 


北朝鮮が来月中旬に打ち上げを予告している「人工衛星」に関して、防衛大臣から自衛隊に破壊措置命令が出された場合は、この調整所で日米の担当者が情報を共有しながら対応に当たる見通しです。 航空総隊司令部トップの齊藤治和司令官は、横田基地で行われた記念式典で、「司令部の移転によって防空や弾道ミサイル防衛の際に、日米の連携が強化され対処力が向上すると考えている」と述べました。

(NHK 3月26日 16時40分)続きはこちら



沖縄米軍基地に陸自司令部機能 抑止力を維持


日米両政府は在日米軍再編計画の見直しに伴い、沖縄の米軍基地を自衛隊と米海兵隊で共同使用する検討に入った。在沖縄海兵隊の主力戦闘部隊・第31海兵遠征部隊(31MEU)の司令部があるキャンプ・ハンセンに陸自の司令部機能を置き、指揮通信機能の統合運用を進める案が軸。沖縄の海兵隊の国外移転に備え、日米の連携強化で抑止力の維持を図る。


(日本経済新聞 3月18日 2時16分)続きはこちら。もしくは、こちらへ。







日米軍事一体化が着々と進んでいます。

NHKの記事では、北朝鮮の発射予告を持ち出して、

これで、より迅速に弾道ミサイルに対処できると喜んでいるのですが、

世界で一番の軍事力を誇るアメリカと、アジアで二位の日本(一位中国)が一体化して

挑むほどの相手ではないのでは。

(なにせ栄養食の支援を求めるくらいです)

中国とロシアも自制を要請して、既に包囲網が出来上がっています。

何だかやり過ぎのように思えます。



それにしても、日米はこれだけ大きな軍隊を使って、いったいどうしたいのでしょう。

どこと戦争をするのでしょうね。

ただの抑止力なのか? 



自立のために、集団的自衛権の解釈と、憲法(9条)を変えるのは賛成です。

が、それがアメリカの世界戦略に組み込まれるためだと言うならば、

本末転倒だと思います。



一体化に疑問を感じる世論をかき消す

ちょうど良い、北朝鮮のミサイル(衛星)発射予告でした。







☆関連記事☆


北朝鮮:発射予告 中露首脳も自制要求 包囲網が完成

米戦略下での日米軍事一体化狙う

在日米軍基地の撤去と日本の「独立」をめざしたい



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************



☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由


TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害


『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~





考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!