2012年6月1日

拡大するスパイ疑惑と小沢会談決裂の影で何が起こっているのか?





中国書記官、親中団体に「研究員」送り込み画策

中国大使館の李春光1等書記官(45)の動向を長年追い続けてきた警視庁公安部。直接の書類送検容疑である李書記官の外国人登録法違反事件の捜査は終えたが、書記官が接触していた相手は、筒井信隆・農水副大臣を始めとする農水関係者から、防衛関連企業の社員など幅広く、今後も関係者の聴取を続けていく。

 公安部は31日、書記官が赴任する以前の2004年8月、日本国内の親中団体の代表に対し、自らが研究員を務める中国・北京の調査研究機関の名誉教授になるよう働きかけ、その団体内に、同機関の東京事務所を設置していたことを明らかにした。公安部は「中国人を『研究員』などと称して日本に送り込む拠点とする狙いがあったのではないか」と分析している


(2012年6月1日09時54分 読売新聞)







中国外交官のスパイ疑惑問題が拡大しています。



スパイ活動「根拠なし」 中国外務省が報道否定




「ある国の外交官がスパイ工作員なのは業界の常識!」(『王様の耳はロバの耳』さん)


私もそう思います。

なので、スルーしながら報道を聞いていましたが、

思わぬ方向に波紋が広がりそうで、おやっと思い始めた。

いえ、そもそも思わぬ方向ではなかったのです。気が回らなかったと言っていいのか・・



このスパイ疑惑の一件が浮上したことにより、

急きょ自民党と公民党が農相(農林大臣と副大臣)の責任を追求し始めました。


参院で問責決議が可決された2閣僚 → 前田国土交通相(鹿野グループ)と

田中防衛相(小沢グループ) に加えて、鹿野農相の問責決議案を提出することを

視野に入れいるそうです。


また、自民党は、鹿野農相グループに所属する衆議院議員の元秘書が

(スパイ疑惑の)対中輸出促進事業に関わっていたことも問題視しています。



遡ること1日前。

野田さんと小沢さんの会談が物別れに終わりました。

私は始め、野田さんのことを「悪党だなぁ」としみじみ思って成り行きを見ていました。


誤解のないよう言っておくと、これは褒め言葉です。

今まで日本の総理大臣(もしくは政府)は人が良すぎたと思っています。

あんなに「いい人」では、周りのどぎつい個性の国々にあっけなくしてやられる、

もっと、禁じ手ぎりぎりラインのやり方でいいから、どうにかかませないものか。

正攻法でなくてもいいではないか。

そう常々思っていたので、「悪党」と称するのはそう悪い意味ではないのです。



野田さんは、小沢さんの会談と野党への協力との二股をかけました。

政権奪回(もしくは総理の椅子)を熱望している自民党に話し合い解散を持ちかけて、

まんまと話に乗せてしまった。

これで小沢さんと決別しても、小沢グループの閣僚を切って、

(自民党には強硬派に反対するベテラン議員の意見もあるだけに)

問責決議の2閣僚だけで手打ちにする(解散はなしで終わらせる)

という勝算だったのかもしれない。



小沢さんと話をまとめる気などなかったと思っています。

てか、そもそもあの小沢さんと、まとまる筈がないですよね^^



まぁ、そこまではいいんですが、このタイミングに農相の責任追及が加わって、

浮上した内閣改造に農相の交代も含まれてしまいました。



こうなってくると、話は少し違います。

鹿野農水大臣と筒井農水副大臣はTPP断固阻止派です。

それがこっそりと、社会保障・税一体改革の関連法案協議に紛れて、

(自民・公明からやり玉にあがり)消されようとしています。


こうなってくると、本当に目的は税一体改革だったのかもわかりません。

消費税協議は隠れ蓑で、着地点はもしかしたら、「そこ」だったのかもしれない。

与党も野党も、反対派や関係者の期待を裏切ることなく、

彼ら(農林)を切り捨てる方向へ向かっていくことが可能になった。

あくまでも、小沢と、消費税! 待ったなしの社会保障のせいで、です。



長年スパイ疑惑を追いかけていた公安が、この時期に「分析」を発表するのも、

「小沢裁判」と同じ匂いがしますよね。

嫌疑だけで、政治家をいくらでも殺せる(抵抗勢力を押さえつけることが出来る)

のだから、疑惑も分析も「言ったもん勝ち」という感じがします。



TPP反対の私としては、これは面白くない成り行きです。

幾ら悪党が褒め言葉と言っても、野田さん個人だけの話ではない、

組織的な匂いが強すぎます。



また野田首相ともしかしたら自民党の悪党ぶりもよくわかりましたが、

今のところ、悪の顔は、私が期待したように他国との交渉に効果が出ているのか

怪しいです。

戦国大名の国盗りよろしく消されているのは、亀井さんだの鹿野さんだの

保守派ばかりですね。

もう少し、気合を入れて、「外へ向かって」いただきたいです。



でないと本当に、ただの、「悪党」呼ばわりしますからね。



あ、でも人民元と日本円の直接決済の話は、ナイス! と思いました^^

このいきでTPP交渉も頑張りましょう。











☆出典&関連記事☆

中国一等書記官 スパイ疑惑 農相・筒井福大臣追及へ!
逆ギレ大臣、鹿野道彦、TPP問題
鹿野道彦
「TPP、年内妥結こだわらず」 豪貿易相が難航示唆 日本の交渉参加を歓迎



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ