2012年8月11日

増税法案成立! 「政策を競い合わぬ茶番」に一票。






内閣不信任否決 政策を競い合わぬ茶番

(東京新聞 2012年8月10日)

 野田内閣不信任決議案が否決され、消費税増税のための「一体」改革法案はきょう成立する。政策を競い合うのならともかく、衆院解散時期をめぐる民自両党の対立は国民不在の茶番劇だった。

 あの会談は一体何のためだったのか。八日夜行われた野田佳彦首相(民主党代表)と谷垣禎一自民党総裁との党首会談のことだ。

 両党首が夜になって急きょ会談するというから、よほどの大事かと思いきや、「一体」改革法案を早期に成立させ、「近いうち」に解散することを口頭で確認しただけだという。

 国民生活に大きな影響を与え、かつ民主党マニフェストを逸脱する消費税増税は議決前に衆院を解散して信を問うのが筋ではある。

 しかし、民主、自民、公明三党はすでに「一体」改革法案の今国会成立で合意していたはずだし、「近いうち」といっても解散時期を特定したわけではない。

 時期の明示を求めて自民党が振り上げた拳を下ろさせるために、党首会談という舞台をわざわざ用意し、曖昧な文言でお茶を濁したというのが実態ではないか。仰々しく見えて何も成果のない会談を褒めそやす必要はない。

 党首同士が会談するのなら、政策決定を官僚から国民代表の政治家にどう取り戻すか、国と地方の役割をどう定義し直すか、政治や行政の無駄をどうなくすか、給付と負担の関係をどうするかなど、「国のかたち」とも言える統治機構や社会保障の在り方こそ胸襟を開いて話し合うべきだった。

 違憲・違法状態にある衆院「一票の格差」是正や、予算執行に不可欠な赤字国債を発行する特例公債法案の扱いなど喫緊の課題にすら触れないのはどうしたことか。

 マニフェスト違反の消費税増税という「決めてはいけないこと」ではなく、「決めなければならない」ことを決めるのが、本当の「決められる政治」ではないのか。

 自公両党は内閣不信任決議案の採決を欠席した。何と強弁しようとも、決議案に賛成すべき野党議員の棄権は内閣を信任したに等しい。

 激しく対立しているように見える政党同士が実は水面下で手を結び、国民の望まない政策を次々と強行する。この局面を変えるのは政権選択の衆院選しかあるまい。

 マニフェスト破りで政権の正統性を失った首相は「近いうち」と言わず、速やかに衆院を解散すべきだ。消費税増税に対する国民の意思も、その際に示したい。







今日、税と社会保障の一体改革関連8法が参議院本会議で可決されました。





10日午後、首相官邸で記者会する野田首相。※クリックすると記者会見の映像が見れます。






ネバーネバーネバーギブアップ。決して諦めず、不退転の決意で増税(一体改革)に取り組むと語っていた野田首相が、ついにやり遂げました。
政治生命を賭け、日本救済の法案を成立させました。

「私は政治生命を賭けています。これが叶ったら、すぐに退いてもいい」

とでも呼びかけたのでしょうか。今が勝負時と盛り上がり、あれだけ対決姿勢を見せていた自民党谷垣総裁がわずか30分の会談で態度を一転させ、合意、法案成立の運びとなりました。

この密談での合意について、輿石幹事長は「党首が変われば合意白紙もあり得る」と語っています。
(たとえ何を約束したにせよ)もしも党首が変わればまた一から話し合いだと。

「二人がいなくなれば二人の話は終わりでしょう。継続していると考えるなら、その時点で再度党首会談をしたらいい」

野田首相と谷垣総裁のうちどちらかが次期首相及び次期総裁として残らなければ、密談は破棄だと仄めかしいているのです。

しかも、輿石幹事長は狡猾にも「二人が合意したのは増税関連法案を成立させるための合意だから(問題ないでしょう)、成立すれば一区切りになる」とまで、うそぶいています。

これには心底呆れました。谷垣総裁は騙されたか、悪魔に心を売ってしまったのか。どちらにせよ、冒頭の東京新聞が「振り上げた拳を下ろさせるための茶番」と語るのも頷けます。完全な敗北でした。


自民党は「近いうち」の解釈を今国会と見ています。もしも「近いうち」の解散が実行されなかったとしても、まだ自民党には再度問責決議を提出する、もしくは特例公債法案の成立阻止というカードが残っているといいます。

しかし、野田首相と何かしらの約束を交わしたならば、白紙になるよりは連携したほうがいいという話にもなりかねません。今朝の読売新聞では一面で、3党の連立を促しています。「第1党が首相、第2党が副総理と約束して選挙に挑むなど民自公を選挙後も維持できるよう、今から知恵を絞るべきだ・・」

カードを切るチャンスが残されているのか疑問です。流れは確実に、対決から連立へと変わって来ています。



ところで、野田さんのネバーギブアップですが、あれは、決して諦めない、という意味ではなくて、決して服従しないという意味で使われたのだそうです。チャーチル元首相はそうだった。野田首相はそれを誤って引用したのだ、と笑われています。




Never give in, never give in, never, never, never-in nothing, great or small, large or petty- never give in except to convictions of honour and good sense.
Never yield to force;
never yield to the apparently overwhelming might of the enemy.


決して屈服してはならない、屈服してはならない、決して、決して、決してどんなことにも屈服してはならない。
名誉と良識にかけて確信したこと以外には、決して屈服してはならない。
決して力に屈服してはならない。
敵の勢力が圧倒的にみえたとしても決して屈服してはならない。



本当に間違った引用だったのでしょうか。
野田首相の記者会見の映像を見ていると(もしくは今までのやり方を見ていると)、あながち「間違っている」とは思えて来ないから不思議です。
(そもそもそっちだったのではないでしょうか)


日本再生の政策に対して、ぜひ、ネバーギブアップであって欲しいと願います。





☆引用元☆

野田首相のネバーギブアップの誤り




にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!