2012年11月6日

韓国・原発保証書偽造で、冬はかつてない規模の電力不足か。





韓国、2基を緊急停止 原発部品の保証書偽造

 東京新聞 2012年11月5日 夕刊

 【ソウル=辻渕智之】韓国知識経済省は五日、韓国の原発に国内業者七社と米国の業者一社が輸入部品を納入する際、外国の検査機関による品質保証書を偽造、添付していたと発表した。偽造は二〇〇三年から十年間で六十件に上り、対象部品は約七千六百個。

 同省は部品を全面交換するため、大部分が使われた韓国南西部・全羅南道の霊光(ヨングァン)原発5、6号機を五日から緊急で運転停止にした。

 発表によると、偽造保証書で納入された部品は、原子炉建屋以外の補助設備で使われた電気回路のヒューズや継電器、ダイオードなど。納入部品の規模は八億ウォン(約五千九百万円)以上。検査費用を浮かすための不正とみられ、知経省は検察に捜査を要請した。

 韓国では南部・釜山の古里(コリ)原発で二月に起きた全電源喪失事故が一カ月隠ぺいされたほか、業者が職員と共謀して中古部品を新品と偽って納入した不正も発覚。地元住民や関連団体が安全性に不信感を高めている。





 読めば読むほど不思議な記事ですね。

 「外国の検査機関による品質保証書を偽造」とあります。

 NHK、CNNで同じニュース記事を見ましたが、あとから入った情報なのかこの検査機関に関する記述はない、原発部品業者に関しても、米国の業者が入っているとは書かれていません。


 偽造したのは(韓国政府が韓国の原発の業者を摘発したのだから)韓国の業者ですよね。なのに、米国の業者も入っている。
 また、外国の検査機関が検査をきちんとしていれば、偽造する前に、検査に合格するはずなんですが、検査に受からなかったものを偽造して合格した証明書を発行していた?

 思うに、これだけの長いあいだ(2003年から10年かけて60件)、これだけの部品数(対象部品は約7千6百個)も偽造していたとなると、これはもう韓国政府と業者の馴れ合いというか、暗黙の了解事項があったのではないでしょうか。

 韓国の業者、米国の業者、外国の検査機関に、保証書を発行する業者(ここも検査機関?)、すべてグルだったとしか思えません。

 特に犯罪めいた話ではなくて、韓国では品質保証書通りの部品の品質(保証期間)でなくても許されるという業界のルールがあった。
 続報も慎重に聞く必要があると思いますが、東京新聞を思わせぶりな記事を書くものです。


 それを政府が摘発した、となると、これはリークですね。
 リークという日本語はこの際おかしいかもしれません。なんて言ったらいいのかな、・・同じニュースをNHKがこう締めています。


 

韓国政府は、検察庁に対して納入業者への捜査を要請するとともに、問題の部品の多くが使われている南西部チョルラ南道のヨングァン原子力発電所の5号機と6号機については、5日から運転の停止を命じ、年末までに部品を交換するとしています。

 韓国では例年、寒さが厳しくなる年末年始にかけて電力需要が高まるため、知識経済省では「2基の運転停止で、この冬は過去に例を見ない電力不足も予想される」としていて、緊急の節電計画を立てて、家庭や企業に協力を呼びかけることにしています。





 韓国では例年寒さが厳しくなり、今回の事件で原発2基が止まり、市民生活はとても苦しくなるということです。


 AFP通信はこうです。 



その一方で洪長官は、原発2基が運転を停止したことで、今冬にはかつてない規模の電力不足が起きる可能性があると付け加えた。






 時を前後して、大統領選挙があります。

 韓国(市民)の混乱は免れないのではないでしょうか。
 
 心配ですね。私はこれは外圧か何か、混乱を招くためにリークされた確信的な摘発だと思います。

 あ、またリーク・・ この場合おかしいですよね。なんて言うんでしょうね?

 続報に続きます。






にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!



<