2013年2月3日

日米首脳会談でTPP試算提示 まともな甘利再生相にほっとした件






甘利再生相、TPP試算「日米首脳会談で提示も」

 甘利明経済財政・再生相は3日、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合の国内産業への影響に関する政府試算のとりまとめ作業を急ぐ考えを示した。

 交渉参加に関しては「事実上、各国は譲れないものは譲らない前提で協議に臨んでいる。例外なき関税撤廃を前提というのは事実ではない」と指摘。「建前としても(例外品目を)主張できる前段をつくる必要がある。日本が交渉に入っていくには前提を変えないといけない」と強調した。

 一方、自民党の高市早苗政調会長は同日、都内で記者団に、首相が日米首脳会談でTPPへの交渉参加を表明しないとの見通しを示した。「表明するタイミングではない。政府がTPPで国内にこういう影響が出るという情報を国会に示しておらず、判断できない」と語った。

日本経済新聞web刊 2013/2/3 18:27


 

 安倍首相の訪米が近づいています。

 その時に、議題として、TPP参加交渉の話が出た時に備えて

 政府統一の試算を作成することになりました。

 twitterでタイトルがひとり歩きして、私も思わずギョッとしましたが

 記事を読めば、(タイトルは)日経の希望的観測、というだけのこと。

 甘利経済再生相のまともな考えが伺えてほっとしました。


 確か、民主党政権の時にはこのような、「交渉のための努力」は

 何ひとつ垣間見ることはできませんでした。


 例外品目として断ることを前提に、その主張を裏付けるための

 数字をただ必要としているのです。


 実際問題として、(例外品目に関していえば)どう試算を出しても、例外品目と

 主張できなくなるほどのお得な試算などありえません。TPPに入ったら壊滅必至です。

 ぜひ、この試算をうまく使って、また国民に広く知らしめて

 きちんと議論を重ねて欲しいと思います。




※メンバーがすごいです^^↓
1/3【経済討論】亡国最終兵器 TPPの真実[桜H23/11/5]




 



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆


サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由



TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~