2013年5月15日

慰安婦は誰のために必要だったのか ~橋下氏の慰安婦発言に思う~





維新・橋下氏、従軍慰安婦「当時は必要だった」

 日本維新の会の橋下共同代表は13日夕、大阪市役所で記者団に対し、いわゆる従軍慰安婦問題について「軍の規律を維持するには当時は必要だった」と述べた。

 そのうえで、「戦争の悲劇の中で生まれたものだから、慰安婦の方に配慮をもって接しなければいけないけれども、一番の問題は、政府が(慰安婦を)拉致して暴行脅迫で無理やりそういう仕事につけさせたと言われている(ことだ)。そこは違いますよと言わなきゃいけない」と強調した。

 また、沖縄の在日米軍幹部に風俗業の活用を働きかけたことも明らかにした。橋下氏は「自分の命を落とすかわかんない極限の状況に追い込まれるような任務で、どこでエネルギーを発散するか考えなきゃいけない。建前論でそういうものを全部ダメと言っていたら人間社会は回りません」と語った。

 これに先立ち、橋下氏は13日午前も記者団に対し、慰安婦問題に関連して「日本の政治家のメッセージの出し方の悪いところは、歴史問題について、全部言われっぱなし。韓国などいろんな宣伝があるが、違うなら違うと(言うべきだ)。(日本)軍が暴行脅迫して(慰安婦を)拉致したという事実は証拠がない」と述べた。

 「過去の植民地支配と侵略」を謝罪した1995年の村山首相談話については、「侵略だということはしっかりと受け止めないといけない。反省とおわびはしなければならない」と語った。

2013年5月14日00時14分 読売新聞



 
※映像ノーカット版はこちら↓




※書き起こしはこちら ↓



 橋下さんの従軍慰安婦発言が話題になっている。

 このニュースを見た時の率直な感想は、なんでこんな国益に反する発言をする人が日本の政治家なのかなぁ、と。

 驚きだ。もうひとつおまけに驚きなのは、彼の橋下さん、弁護士の出身ではないか。

 言っていいことと悪いこと、知り尽くしているはずではないか。例えば日本が、橋下氏が言うように、『侵略したかどうかは(学術上)怪しいけれど、戦争に負けたから、ひどく言われているんだ』という裁かれている側の被告人国家だとしたならば、それを弁護する立場の者ならば絶対こんな不利益な発言はしないと思う。




 これは良いこととは言いませんが、当時はそういうもんだったんです。ところがなぜ欧米で、日本の従軍慰安婦だけが取り上げられたかと言ったら、日本はレイプ国家だと、無理やり国をあげて、強制的に意に反して、慰安婦を拉致して、職業につかせたと、レイプ国家だというところで、世界は非難しているんだっていうところを、もっと日本人は、世界でどういう風に見られているか、認識しなければいけないですよ。
 従軍慰安婦制度がなかったとは言いませんし、軍が管理していたことも間違いないです。ただそれは、当時の世界の状況としては、軍はそういう制度を持っていたのも、厳然たる事実です。
 にもかかわらず、欧米が日本だけを、だってそれは朝鮮戦争だって、ベトナム戦争だって、そういう制度があったんですから、第2次世界大戦後。
 でもなぜ日本のいわゆる従軍慰安婦制度だけが、世界的に取り上げられるかというと、日本は軍を使って、国家としてレイプをやってたんだというところが、ものすごい批判を受けているわけです。


 よく読むと、この発言のあと、それ(日本がレイプ国家だということ)は間違っている、と、氏は続けるのだが、それでも日本が「レイプ国家」だとも見られている事実を認めることを日本人に迫り、また日本の侵略も敗戦の結果としての事実だと認めることを求め、意に反して慰安婦になった方々に更なる配慮を求めているので、結局は、全体の論調として、まるで日本が「強制的に意に反して従軍慰安婦を拉致して職に付かせたレイプ国家だ」と(氏こそが)決め付けているようなスピーチになっているのだ。

 それは違う。違うところは違う、と言っていかなきゃいけない(橋下談)ならば、なんでこんなややこしい言い方をするのだろう。
 政治家で弁護士出身の橋下氏がこのような日本の国益も歴史も貶めるような微妙な発言をするのか、まったくもって謎である。

 日本維新の会が低迷しているので、単に目立ちたいがための発言だという意見や、日本の国益を貶めたい立場の者たちから依頼を受けているのではないか、という憶測もウェブで出回っていたが、あながち間違っていないのではないか、と思ってしまうところがやるせない。

 日本維新の会をアピールしたいならば、もしくは本当に日本の為を思ってのことならば、下の映像のような正統派の意見で勝負すればいいと思う。
 



 
 映像中の日本維新の会の中山成彬議員の発言 ↓
 
「午前中に(質疑で)辻元清美議員がいろいろ言ってた、いわゆる従軍慰安婦問題。官憲が介入したと誤解させた最初の記事は平成4年の(朝日新聞の)『慰安所 軍関与示す資料』。ところがよく見ると、悪徳業者が募集に関与しているようなので注意するようにという通達で、全く逆なんです。当時の朝鮮の道議会選挙、当選者の8割以上の人が朝鮮人。忠清南道の知事は初代、6代、8代、9代、10代、昭和20年に至るまで全部朝鮮人。他の道も同じようなものでした。この大田警察、ナンバー2の警部、高等刑事も朝鮮人。このような体制で、官権の強制連行は考えられないんじゃないですか」


34分以降をぜひ見てください。NHKが何度も削除を求めた映像です
 

 

 武士道を侮辱されている、と中山氏は悔しげに語られている。

 間違っているところは間違っていると言っていかなければいけない、と言うのは橋下氏と同じ意見だが、言いたいことの心情が180度違う。

 中山氏の歯ぎしりするような悔しさ、日本と私たちの祖先を愛する気持ち、映像を見ていると伝わってくるようである。

 橋下氏はこれを見てどう思うのだろうか? (自分の党の議員の発言なのだから、当然知っての発言だとしたら何ともデリカシーのないことだなぁ・・)

 私は従軍慰安婦は良いビジネスだったのだろうと思っている。

 そして、私が元弁護士なら、有罪かどうか怪しいところで裁かれている、「被告人・日本」のために、中山議員の心情に沿ったこんな発言をこそしたいと思うがどうだろうか。


 



☆中山議員書き起こしはこちらからコピペしました☆
ハシシタ、従軍慰安婦問題を目を泳がせながら語る。



☆慰安婦問題がよくわかる書籍です☆