2013年6月22日

ロックフェラー系三菱財閥のアジア進攻




三菱UFJ、タイ大手銀を買収へ アジア強化、4千億円規模

 三菱UFJフィナンシャル・グループが、タイ大手のアユタヤ銀行を買収する方針を固めたことが22日、分かった。買収総額は4千億円規模となる見通しで、7月の正式合意を目指す。実現すれば2008年の米金融大手モルガン・スタンレーへの約9千億円の出資に次ぐ大型の案件となる。

 アユタヤ銀の経営権を握ることで現地の拠点網や、個人・法人向けのローンなどの営業基盤を取得。今後の経済成長が期待できるアジア地域での収益力を一気に拡大させるのが狙いだ。

 三菱UFJは、アユタヤ銀の株式の25%をもつ米ゼネラル・エレクトリック(GE)やオーナーのラタナラック家などと株式の買い取りに向けて交渉中。

2013/06/22 10:41 【共同通信】







 三菱グループといえば、日本の軍需産業。それから日本の原発。

 (日本の、とわざわざ付けるのは、三菱が常に国家と共に歩み続けてきた歴史を持つから)

 

 なので、こういう記事を読むと複雑な思いがする。

 企業の権利章典であるTPPが推し進められているように、現代では企業は国より優位に立ち(立つことが可能になり)、侵略は経済活動を通して行われるわけだから。

 う~ん。有事が深まっているんじゃないかなぁ。とか。

 タイに原発建てやしないかなぁ、とか。


原発反対デモ



原発反対デモ




 昨日の記事ではないが、今の日本は過激な富国強兵論が必要なほど、まるで自信喪失、自分では何も決められないダメ国家への道を歩み続けているというのに、こういうところはなんと素早いというか、戦前と同じ進出(侵略)ぶり。

 歴史は繰り返す、という言葉を思い出してやるせない思いがする。

 
 当時も今も日本の意思ではないんだろうか? 


 よくわからんが、三菱さん、妙な方向に進みすぎて倒産しないよう気をつけてください。




☆関連記事☆

 三菱重工業(株)・三菱グループの行い
 

 管総理は日本で始めて世界権力から独立した総理か!