2013年6月24日

都議会議員選挙 自民党第1党奪還で民主党圧勝の奇跡の日を思い出す




 (2013年6月24日 読売新聞神奈川版朝刊一面より)


 自民圧勝 第1党奪還! 







 民主惨敗 維新伸びず

 自公 参院選へ弾み

 安倍政権の取り組み評価

 


 上の見出しを見ただけで、もう「みなまで言うな」、

 記事を読まなくても、わかりますよね。


 念のためざっくり言うと、

 東京都議会議員選挙の結果は、自民党が59人擁立した候補者のうちの

 59人が当選するという圧勝。当選の赤い花だらけのこんな感じ↓でした。








 294議席を獲得して政権奪取した2012年12月の衆議院選挙の時と同じ絵柄です。

 自民党は相変わらずの人気ですね。

 あれだけ安倍首相が各国に原発をセールスしまくっているというのに。

 懲りません。


 (まぁ、私も、原発セールス以外は自民党政権の方が断然良いですが!)

 

 もはや、2009年8月に、民主党が政権を獲った時の絵柄が

 ありえない奇跡か夢か幻だったかのよう。



こんな日もありましたね 鳩山さんどこいった


 もろもろと、感慨深いです。



 話題変わりますが、今、大好きな自然の番組を見て癒されております。

 「小鳥ピヨピヨ」さんの記事からたどり着いた「里山資本主義」の

 里山のチカラというサイト。

 いま関連動画を見て楽しんでいます。


 おすすめは、出雲の「神様という資源」を描いた「神様を活かせ」。

 漫画家水木しげる氏や、出雲大社の「ミステリーツアー」を企画する

 小泉八雲のひ孫さんも登場して、なかなか見ごたえがあります。

 
 「里山が残っている最後の時代」から、不死鳥のごとく 「里山・・

 日本列島奪還!


 もとい、里山再生、となることを祈っております。

 若い方々から始まって、多くの方々が里山の価値に気付き、

 私たちにも、自然にも、日本の未来にも良い

 「三方良し」の、新しいライフスタイルと、新しい里山というブランドが、生まれますように。
 

 その時が訪れたら、この最後の時代という現代が

 あれは、ありえない奇跡か夢か幻だった、と胸を張って言いたいものです。


 里山、頑張れ。