2013年7月24日

ジュリアン・アサンジを探せ!(詐欺的手法で密約的に韓国の二の舞の道を歩まされてるヤバイ事態について)




 TPPの守秘義務(合意)が現実味を帯びて迫ってきました。

 批准直前まで、交渉内容も最終文書も公開してはいけない、というのはやはり酷いですね。

 よほど酷い内容だから、途中でバレたら反対の声が上がるので公にできない、

 というのが実態としか思えませんが。


 「いつ、どうやって国民に情報を提供していくのか」とか、

 「国民的議論を踏まえたうえで交渉を進めてほしい」など、


 TPP交渉会合で出席者からの不満の声が漏れたそうです、当然ですよね?
 
 批准直前に、韓国と同じような暴動が起きたらどうするつもりでしょうか。





TPP説明会 業界から不満の声

(NHK 7月24日 17時11分)

 マレーシアで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合に、日本が23日から合流したことを受け、政府は、現地を訪れている業界団体向けに説明会を開きましたが、出席者からは、十分な情報提供がないことに不満の声が聞かれました。

 政府が開いた説明会には、TPPの交渉会合の情報収集のためマレーシアを訪れているJAグループや酪農関係の団体、日本商工会議所などの担当者およそ40人が出席しました。
 この中で、政府の担当者は、初めて交渉に参加した23日は5つの部会に出席したことや、テキストと呼ばれるこれまでの交渉内容を記した資料を読み込んでいる最中で、交渉の詳細は把握できていないことなどを説明しました。
 また、交渉の具体的な内容については、守秘義務が課されているため、話せないことを説明するにとどまりました。
 これに対して出席者からは「いつ、どうやって国民に情報を提供していくのか」とか、「国民的議論を踏まえたうえで交渉を進めてほしい」など、十分な情報提供がないことへの不満の声が聞かれました。 説明会に出席した経団連の国際経済本部の上田正尚副本部長は「過去の通商交渉と違って、相当の守秘義務が課されているので、各国の業界団体と連携して、全体像を把握していきたい」と話していました。




 確か安倍首相とオバマ大統領は、TPPは聖域なき関税撤廃は前提ではない、ということで合意したはずです。確か日米共同声明を発表しましたね。

 それを、日本がアメリカの自動車や医療保険の税で譲歩を決めた途端、日本側の聖域撤廃だけは認めない、なんてありでしょうか。

 守秘義務があって、そのあたりの中身も密約扱いだったとしても、公にされていることを見てみれば、まるっきり詐欺のような手の裏の返しぶりです。(↓下、公に言われていること)




日本に「再交渉、蒸し返し認めぬ」…TPPで米

(読売新聞 7月18日(木)23時25分配信)

 【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)のフローマン代表は18日、オバマ政権の通商政策について下院歳入委員会で証言した。

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への日本の参加問題を巡り、「(まとまった交渉文書の)再交渉も、蒸し返すことも日本に認めないと述べ、日本が23日に正式参加しても交渉を遅らせない考えを強調した。年内に妥結するという目標も、「野心的だが、実現可能だ」と堅持する姿勢を示した。

 日本からコメなどの農産品で関税撤廃の例外を求める声が出ていることについて、「事前には、いかなる例外も認めていない。日本はすべての品目を交渉対象とすることに同意していることが重要だ」と指摘した。




 TPPに入ったら、日本は韓国の二の舞です。

 韓国が今どうなっているのか、興味のある方はこちらの映像をぜひ見てみてください。

 (後半はCMなので前半の「韓国の実態」部分がおすすめです)

 日本のマスコミが言わない不都合な真実
 

 現在、日本は韓国ほど、酷い状態ではありません。まだまだ巻き返せる可能性は残っています。

 TPPに入らなければ。もしくは、守秘義務合意を守らなければ。

  

 「いつ、どうやって国民に情報を提供していくのか」

 「国民的議論を踏まえたうえで交渉を進めてほしい」



 ウィキリークスみたいな組織が日本にも必要ですよね。

 (それが没落後の民主党とかいうオチはありでしょうか)

 ぜひ、活躍を期待しています。
 



 ☆関連記事☆

前原議員、TPPの守秘義務を破って安倍晋三と米国の密約を暴露!米国が自民党に車、保険で譲歩要求


 

TPP交渉参加決定 農業王国・九州 聖域守れるか