2013年8月16日

8月15日の靖国訪問。結局安倍首相は行かなかったとか。



 終戦記念日ということで、靖国神社に行ってきた。

 

天皇陛下のお言葉全文
(msn産経ニュース 2013.8.15 12:48)

 本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に68年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

 ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。




 九段下に着いたのが18時20分頃、靖国神社の参拝は19時までだというのに、まだまだ人が絶える気配がない。


第一鳥居(大鳥居)

大村益次郎銅像とその後ろの第二鳥居、神門

第二鳥居、神門

大手水舎

神門の菊の御紋
一礼をしてから拝殿に向かう人々


拝殿 参拝を待つ人々の長蛇の列

待っている間に日が暮れる


拝殿の上の菊の御紋
こちらも立派な造り


 拝殿の正面、参拝者の方に向かって、御製の和歌(今上天皇が詠んだ歌)が飾られていた。


 戦なき 世を歩みきて 思ひ出づ
 かの難き日を 生きし人々




月が綺麗に出ている

 さて、帰ろうとして、ふと桜模様の小箱に入ったお守り、「ねがいかなう守」というのが目に付いた。記念に一つ購入する。
 





 参拝時間を終えても、やはり人は耐えない。写真下、もう拝殿には入れないというのに、閉じられた神門の前でお参りをする人々。





 最後に神門バックに写真を撮ってもらった。
 (菊の御紋の下あたりにいるのが私)





 この平和が続きますように。祈りを込めて。
 安倍ちゃんよろしく頼みますよ~



 

戦没者追悼式、安倍首相の式辞<全文>
(朝日新聞デジタル 2013年8月15日12時30分)


 天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。

 祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊の御前に、政府を代表し、式辞を申し述べます。

 いとしい我が子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、貴い命を捧げられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。

 御霊を悼んで平安を祈り、感謝を捧げるに、言葉は無力なれば、いまは来し方を思い、しばし瞑目(めいもく)し、静かに頭を垂れたいと思います。

 戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道を邁進(まいしん)してまいりました。

 今日よりも明日、世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に、支援の手を差し伸べてまいりました。

 内にあっては、経済社会の変化、天変地異がもたらした危機を、幾たびか、互いに助け合い、乗り越えて、今日に至りました。

 私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り拓(ひら)いてまいります。世界の恒久平和に、能うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。

 終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、ご健勝をお祈りし、式辞といたします。

 平成25年8月15日

 内閣総理大臣 安倍晋三





☆関連記事☆

あなたたちがいて、今の私がある。 ~終戦記念日、靖国神社参拝記~