2013年8月1日

ナチスのような政党、って誰のこと?





「ナチスの手口に学べ」麻生発言の恐ろしさ

(日刊ゲンダイ 2013年7月31日 掲載)

「ナチスの手法に学べ」――。麻生副総理の発言が波紋を広げている。29日、都内の講演会で憲法改正について語り、「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか。(国民が)騒がないで、納得して変わっている。喧騒の中で決めないで欲しい」と言った。ナチスを参考にしろとは“舌禍男”の麻生らしい言葉だが、単なる失言で片付けるわけにはいかない。

 ワイマール憲法は1919年、第1次大戦に敗れたドイツで成立。主権在民や男女平等の自由選挙などをうたった進歩的な内容だった。

 この憲法を骨抜きにしたのがヒトラー率いるナチスだ。33年、ヒトラー政権が樹立し、「全権委任法」を可決させた。この法律は内閣が自由に立法権を行使できるというもので、以後、ナチスは他国への侵攻やユダヤ人虐殺などに暴走し、ワイマール憲法は事実上消滅した。麻生の発言は、同じ手法で日本国憲法を改定すればいいという意味に解釈できる。

「当時のドイツといまの日本は酷似しています」と言うのは政治評論家の本澤二郎氏だ。 「ドイツ人は敗戦で多額の賠償金を取られ、経済が停滞して意気消沈していました。そこに強い国家を標榜するヒトラーが登場。国民の圧倒的な人気を得て政権を掌握し、ナチスの前に立ち向かったのは共産党だけという状況でした。現在の日本も同じ。長いデフレ不況で気分がふさいでいた国民は詐欺的なアベノミクスに引き付けられ、参院選で自民党を大勝させた。安倍政権を真っ向から批判するのが共産党くらいという点も似ています」

 行き着く先は「96条改定→平和憲法破棄」なのだが、いまの日本人はその危うさを理解しているのだろうか。社会学者で作家の岳真也氏が言う。

「長引く不景気の中で、日本人はアベノミクスに一筋の光を見いだし、何も考えずに心酔している。批判精神も希薄になっています。これは為政者にとってすごく好都合な状況。大衆は安倍政権の操り人形みたいなものです」

 これぞ安倍―麻生の正体なのだ。






 ヒトラー政権時のドイツと今の日本がそっくり

 イコール

 ヒトラー政権 「全権委任法」 → こっそりワイマール憲法破棄

 と安倍政権 「96条改定」 → こっそり平和憲法破棄

 という図式は単純すぎるように思うが、第一国民投票もあるだろうし、

 それでも、麻生さんが言うとあながち冗談ではなさそうで

 確かに怖い。


 そういえば、以前こんなことも言っていた。

 
 「歴史を見れば政権与党から民心が離れた結果、

 ナチスのような政党が政権を取った例もある」

 (2008年8月AFPBBニュース麻生氏の民主党ナチス発言、鳩山氏「看過できない」より抜粋)


 
 あれは民主党のことではなくて、自分たちのことを言っていたのか?

 意外と好きだったのだが、麻生さん、残念な発言(思想)を垣間見たような。

 今後、注意深く見守らせていただきます。