2013年12月30日

あなたは安倍首相の靖国参拝に賛成ですか?反対ですか?





クリックすると記事元へ

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は26日、日本での特定秘密保護法成立を「軍事大国化の野望実現のため、あらゆる手を尽くしている。右翼の道を狂奔すれば、日本を危険などん底に陥れる結果しかもたらさない」と指摘した。北朝鮮メディアは安倍政権を「軍事大国化」「軍国主義」と批判する報道を続けている。【ソウル=中野晃】



 さて、お久しぶりです。
 
 12月26日、突然、安倍首相が靖国神社に参拝しました。

 これを受けて、国内では賛否両論、国外では批判の嵐、日本は今にも太平洋戦争突入時の歴史と、同じ道を歩もうとしているかのように映ります。

 個人的には、いいんじゃね? と思いますけど。
 だって、TPPに入って、集団的自衛権の解釈変えるんですよね? アメリカ企業の利益満たすためにTPPに入って、アメリカ政府の求めるままに集団的自衛権の行使容認して、それで靖国参拝もままならない、ってどうかと思いますよ。
 アメリカ経済は日本がTPPに入ることによって輸出を伸ばして助かるというシナリオになっていたと思います。また、日本国憲法の解釈変更後は、直接的な自衛以外の戦争で、日本の兵隊の命と税金をアメリカの戦争に差し出すことになるのです。
 そこまでするなら、安倍首相の、というより日本の悲願、戦犯と呼ばれる人たちの汚名を返上させてもらってもいいと思います。


 それに、もし私が明日戦争で死んだら、靖国にも祀られず、政府からもシカトされるなんて嫌ですし。千鳥ケ淵? あれは、遺族がいない人ですよね、神社じゃなくて公園ですしね。政教分離違反とか? いやいや、歴代の総理大臣行ってますから。追悼は良くて参拝はダメとか意味わからないし。どうしても、国家神道回帰に結びつけたい屁理屈としか思えません。


 ・東条英機が誤解される理由
 

 ところで、個人的に不思議だったのは、靖国参拝がなぜ26日だったのかということです。まるで、こそこそと、年末のドサクサを狙って行ったように思いました。アメリカがクリスマス休暇に入り、中国北京の学生が冬休みに入ったあとですから、非難と被害を少しでも避けられるかな、と、1年の節目というのはこじ付けで、堂々と行けないけど、日本の右翼の方々の人気取りをしたいというところだったのかと、情けない思いがしたものです。
 案の定、靖国参拝を報告した安倍首相の26日のフェイスブックの書き込みは、FBを始めてから2番目に多い「いいね!」を集めたそうです。7万4千件を超える「いいね!」、これはなかなかすごいことだと思います。(FBというと右翼ばかりではないと思いますので)

 国民はけっこう支持しているわけですね。そう言えば、東條英機が泣く泣く開戦に踏み切った時も、国民は大喜びでしたっけ。


 また今回の安倍首相の靖国神社訪問の反対派の意見はこうです。まず、政教分離に反している。次に、戦後の国際秩序はアメリカ中国を中心にした第二次世界大戦の戦勝国が作ったものなので、戦犯(これを決めたのも戦勝国です)をお参りする安倍首相は、戦後の国際秩序に挑戦(反抗)している。これで中国と韓国は大喜びです。日本こそがやはり悪玉なのだと正当化することができました。むしろ靖国参拝は中国の罠にはまったのだと書いている方もいらっしゃいます。これで、日米を分断させ、中国、韓国、EU、ロシア、アメリカで反日包囲網を築くことが易くなったと分析しています。歴史よ、再び、ですね。

 賛成派の意見はこんな感じです。今まで参拝しなかったからここまで問題が大きくなったのだ。むしろこれを機に何度も参拝の既成事実を作っていけば、そのうち外交カードとして通用しなくなる。内政干渉や外交の圧力に負けず、参拝を続けるべきである。
 デヴィ夫人の勇ましい意見も有りかと思います。彼女のブログには賛同のコメントがたくさん寄せられています。その中の一つにこんなことが書いてありました。
 「戦死した場合 靖国に祀るというのは国家と兵士との『約束』です。この『約束』が 海外の 無知から発する批判より遥かに重いです。海外から批判があるからと言って ビビッて 靖国参拝をやめ 戦死した兵士達との 『約束』を放棄する、この方が 主権国家としての 格を はるかに 落とします。


 いろんな意見がありますが、やはり今年の末、26日というのはああ見えて安倍首相、というより日本政府? 計算し尽くしたという感じもあります。
 TPP交渉と、憲法解釈変更の期限をお尻から計算して、このタイミングしかない、というかのような。ここで勝負に出なかったら、永遠に戦後秩序の言いなりで、国のために死んだ人々は侮辱され続け、経済的にはカモにされっぱなしですね?

 私はTPP参加に反対です。9条(集団的自衛権)の解釈変更も反対です。でも、日本の首相が堂々と靖国神社を祀れることともしも引換だったら・・

 みすみすTPPに参加して、なぁなぁで憲法解釈を変えられるより、よほどましだと思います。

 アメリカが怒ったら、いざとなったら、TPPには参加しなくて構いません。日本はもうカモにされるのは御免です。憲法解釈も変更したくはありません。日本はもう二度と戦争などしたくないのですから。

 ということで、安倍首相、ご機嫌取りかと疑いましたが、今は胸を張って応援します。
 二度目、三度目、行きましょう。
 あなたが信念の人だったことを、誇りに思います。最後までついていきます。暗殺だけは気をつけてください。






■「日本ははめられた?靖国参拝は自滅への道」派の記事■
安倍晋三総理のアメリカへの挑戦(BLOGS 水口洋介 2013年12月30日)

朴大統領のピンチを靖国参拝が救った?「首脳会談に応じないという外交戦略は正しかった」 (日経ビジネスonlne 趙 章恩 2013年12月29日

狂暴化する中国、弱体化するアメリカ、日本は大丈夫???(ロシア政治経済ジャーナルNo.996 北野幸伯 2013年12月10日)
中国の罠にはまった安部総理(ロシア政治経済ジャーナルNo.1004 北野幸伯 2013年12月28日) ※北野さんの記事は説得力があります。


■「何言ってんだ、靖国参拝こそ日本の自立へつながる道」派の記事■
韓国経済、靖国参拝で日韓関係は事実上の“断交”、韓国政府が対日外交方針修正へ (日本の底力 2013年12月30日)

安部総理の靖国参拝(志は高く熱く燃える 田母神俊雄12月27日)

【無料メルマガ】安倍総理を支持、日本こそアメリカに失望(デヴィ・スカルノ 2013年12月28日)
安倍首相を 激しく 支持! 腰抜け、腑抜け、 偽善者の評論家は TVに 出すな!(デヴィの独り言 デヴィ・スカルノ 2013年12月28日)