2014年2月16日

それでも金でレジェンドと呼ばれたい葛西選手の伝説




葛西、「金でレジェンドと呼ばれたい」 なお意欲
(日本経済新聞web刊 2014/2/16 5:43)

 「負けたくない気持ち、今までの応援にこたえたい気持ちだった」。ノルディックスキー・ジャンプの男子ラージヒルで2位に入った葛西紀明選手(41)は、7大会連続出場の五輪で初めての個人戦のメダルに晴れ晴れとした笑顔を見せた。「金メダルを取ってレジェンド(伝説)と呼ばれたいと思ったが、目標がまたできた」と今後への意欲も示した。

  向かい風にも恵まれた1回目は、1位の選手と並ぶ139.0メートルの大ジャンプを見せて僅差の2位につけた。得点表示を確認した葛西選手は、右手でガッツポーズをつくり、中継カメラを指さして満足感を表現した。
  
 「次もいい風をもらって大ジャンプをしたい」と意気込んで臨んだ2回目は133.5メートル。メダルを確実にする着地を決めた瞬間、伊東大貴選手(28)ら後輩の日本人選手3人が駆け寄り、抱きついた。最後のポーランド選手がポイントでわずかに上回ると、一瞬悔しそうな表情を浮かべて天を仰いだ後、晴れ晴れとした笑顔で日の丸を広げた。


 

 98年長野五輪で足首を痛めて団体メンバーから外れた葛西選手、団体優勝の瞬間は思わず正視できなかったと聞きました。
 奇しくも長野からソチまでの16年間、装備ルールの改正も重なり、日本は一度もオリンピックのメダルを取ることができませんでした。その16年ぶりのメダルを葛西選手が取り戻した。日本ジャンプ陣のみならず、世界中に伝説を与えてくれました。
 葛西選手の16年の努力が忍ばれます。個人的にも、どうしても葛西選手にはメダルを取っていただきたかったので、本当に嬉しいです。

 葛西選手、おめでとうございました!

 まだ金を目指そうというのもすごいですが、もう十分伝説です!
 原田選手もこう言ってますよ^^ ↓

長野団体金の原田氏、葛西を絶賛「レジェンドだ!本当にレジェンドだ」







✩出典&関連記事✩

葛西、伝説へ今度こそ 誰よりも遠く速く強く