2014年2月20日

今にもやばい韓国経済、慰安婦外交で通貨スワップ協定圧力か?




 韓国経済が相当やばいそうです。
 やばい、やばい、という話は、常々よく聞かされているので、今回もスルーしそうになりましたが、国家債務の膨れ上がり具合が尋常じゃない。「(短期間で)増えすぎだろう」というツッコミが面白すぎました。IMFに逆ギレする韓国も、いかに韓国相応。さすが韓国。やってくれるな、的な面白さです。
 いや、ギャグじゃなくて・・ これは本当にやばいのだな、としみじみ感じさせられました。


 「韓国やばい! 誰か助けろ!」 警告を連発するIMF


 さらに面白いのは、IMFが韓国経済に警告を発したわずか4日後、米ウォールストリート・ジャーナル紙が日本経済をメタクソにけなし、日本はサムスンの爪の垢を煎じて飲め的な、韓国経済をおだて上げる発言をしていることです。(下がその内容です)



 米紙ウォールストリート・ジャーナルは、日本と韓国の経済政策を比較する社説を掲載、戦後の日本をモデルに成長を続けた韓国を高く評価した上で「先生が昔の教え子から学ぶときが来たようだ」と結論づけ、安倍晋三首相の経済政策に苦言を呈した。
 「日本に対する韓国の教え」と題した社説は、安倍首相が円安誘導で輸出競争力を維持しようとしているのに対し、韓国企業はウォン高にもかかわらず国際市場で競争力を高めていると指摘。
 「アップルの最も手ごわいライバルは(韓国の)サムスン電子であり、日本企業ではない」と日韓の対比を強調した。



 混乱しますね。やばい韓国を日本が助けなきゃいけないのか。逆に韓国を見習って、そのモデルから瀕死の日本を助けてもらわなきゃいけないのか。

 これこそが、「韓国やばい! 誰か助けろ!」 警告を連発するIMFの著者が言う「各国と日本の駆け引き」の一部なのでしょうか。
 朴槿恵(パククネ)大統領が告げ口外交を重ねるのも同様で、案外、必死なのかもしれませんね。
 慰安婦補償どころか、もう国がやばいよ、と。どうにかしなさいよ、あんた、早く助けなさいよ的な。あれは、必死の「ヘルプ・ミー」だったのか。そう思うと、安倍首相もけっこうな「いけず」ですね。

 韓国は慰安婦問題の早期解決を他の国に訴える前に、日本と話し合ったほうがいいのではないか、と思います。日本財務省局長は、韓国が望むならば、通貨スワップをに対して、前向きに検討する、と発言しています。
 これに対して、韓国企画財政部の関係者は、「日本との通貨スワップは検討していないし、推進もしていない」と答えました。
 情けは拒んで、あくまでも正義を振りかざし、自分の意のままになるよう圧力をかけてくるのはあまりな仕打ちだと思います。(安倍首相が「いけず」になるのも頷けます)

 共倒れしないように、どうにか両国が協力し合えるような体制になって、いい方向へ向かえばいいのですが、さて、どうなることでしょうね。
 



韓国大統領「慰安婦問題、早期解決を」 米議員と会談
(朝日新聞デジタル 2014年2月18日20時15分)

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は18日、訪韓した米下院外交委員長のエド・ロイス氏と会談し、元従軍慰安婦問題について「早い解決が急がれる」と述べた。

 ロイス氏は1月末、カリフォルニア州グレンデールにある慰安婦像に献花した。大統領府によると、朴氏はロイス氏に「少女像(慰安婦像)を訪問され、国民は大きな感動を受けた」と謝意を示した。

 尹炳世(ユンビョンセ)外相もこの日、ロイス氏と会談し、「日本の歴史修正主義的な言動で北東アジアの不安定さが増している」と指摘。ロイス氏は「慰安婦問題に関し、日本の謝罪と政治指導者の努力が必要だ」と応じた。

続きはこちら








 韓国を助けられるのは日本しかいないという史実を、つらつらと綴った、日本と韓国のまるでラブストーリーのような本。ちょっと感動しますよ。

出典・関連記事✩

IMFが警告「韓国賃貸住宅の保証金は危険レベル」
「日本は韓国に学べ」と米紙 経済政策に苦言
韓国企業、業績不振で失速鮮明 サムスン筆頭に74%が予想利益下回る
日本財務省局長「韓国が望めば通貨スワップ検討する」