2014年2月25日

ついに日本国防軍の出番か? 米陸軍大幅削減の穴埋めは・・



 朝から驚いた記事。
 米陸軍が削減するという7万から8万の兵力は誰が補うのか。
 アジア重視の安全保障戦略が変わらないならば、当然誰かが補うんだろうなぁ。で、その誰かってもちろん日本ですよね。

 安倍首相の、憲法解釈を立憲主義じゃなくて民主主義に基づいて俺が決める、という発言はここにやっぱり行き着くのか。

 わかっていたけど、具体的にアメリカ側から言われるとぞっとします。

 自衛隊の(というより日本の・・)行く末が心配です。



米陸軍の大幅削減発表=アジア重視戦略は継続-国防長官

(時事ドットコム 2014/02/25-06:27)

  【ワシントン時事】ヘーゲル米国防長官は24日、国防総省で記者会見し、2015会計年度(14年10月~15年9月)の国防予算案の大枠を発表した。この中でヘーゲル氏は、現在52万人規模の陸軍兵力を44万~45万人に削減すると表明。また、アジア太平洋重視の安全保障戦略を継続する方針を明らかにした。




✩関連記事✩

首相発言は「立憲主義否定」か 内閣法制局に「憲法解釈権」なし