2015年1月5日

肥大化する中国との付き合い方 ~アメリカの天領から中国の天領になる日は近いのか~





 これからの中国とどう付き合っていくか。

 中国の権力争いは、血で血を洗うようなところがある、

 マクドナルドの鶏肉が問題になったのは、

 江沢民の影響力を習近平が排除するための工作だった、という噂さえあるそうだ。

 マクドナルドの鶏肉を扱っていた中国企業は江沢民系だった。


 
 ・・という現代の中国との付き合い方をつらつらと綴った記事。



田村耕太郎【第5回】加速するアジア全体の中国経済への依存と日本経済の縮小



 どうやら著者は、

 (日本は)アメリカよりも、中国重視の外交のほうがいいのではないか、

 と言いたいようだ。

 中国がこのまま肥大化した時に、

 ポピュリズムが第一のアメリカが日本にどういう態度をするか、

 聞くまでもない、わかりきっているだろう、とラストを締めている。



 
 個人的には、アメリカの覇権がどれだけ衰えても、

 中国重視(中国の属国)はごめんだが・・(国の成熟度が違いすぎる)


 う~ん。今って、まだマシだったんだなぁ・・・