2015年4月24日

強制連行はなかった、という事実。なんだ韓国も知ってるんじゃん?



 私の好きな国際関係アナリストの北野さんより拡散依頼がありました。



「慰安婦が強制連行された証拠はない」韓国政府の発言に、韓国ネットから怒りの声「誰のための政府?」「こんなんで日本に勝てるわけがない」



 という上の記事ですが、いや、驚きました。


 あれだけ慰安婦記念碑設置を世界に広めようとしている韓国。

 全世界に、慰安婦を強制連行した日本は悪い国だった、と訴えている韓国が、

 実は、日本による慰安婦の強制連行はなかった、と政府自ら認めているんですね。
 

 何だ、それは。


 いや、韓国は悪くないのです。どうやら私が勘違いをしていたようで。

 韓国が、日本が悪い国だった、と世界に広めている根拠は

 「強制連行」ではないんですね。

 あれは、慰安所内での「性的暴力」が原因なのだそうです。

 慰安所の中で性的暴力があったこと、それこそが慰安婦記念碑設置の運動の根拠でした。

 (証拠がないから、だそうですが、上の記事の中で、慰安婦問題で重要なのは、「性的暴力」だとはっきり言っています)


 う~ん。そうだったんですね。強制連行はなかった。

 慰安婦は、日本政府による強制ではなく、自ら願ってやってきた韓国の売春婦たちだった。

 強制ではないというと、そう認めているのも同然になります。

 それなのに、あれだけ世界に、慰安婦像を広めているのは、ちょっと腑に落ちませんが。

 韓国政府と、日本政府の見解が一緒だった、ということに気がつけて

 よかったです。韓国政府と日本政府は意外と仲が良いようで、

 そのことに気がつけて、少し嬉しいですね。

 性的暴力も、女性の立場から言うと大問題ですが、

 誘拐(強制連行)して、性的暴力をした、というよりは、遥かにましかと思います。


 (韓国政府が国民と見解を一緒にしてくれることを願います)