2015年11月29日

なぜ国民に支持されている政権が苦境に立たされているのか? 〜シリア攻撃とロシア機撃墜の不思議〜




 こんばんは、猫好きのスギヤマです。

 アサド政権を支持するロシアが苦戦してますが、

 それにしても、アサド政権ってシリア国民の90%近くが支持しているんですよね。

 去年の大統領選のニュースですが、一応投票率も70パーセント超えてますし、

 大多数の国民から支持されている正当な政権と考えていいのではないかと思います。

 ↓ ↓

シリア大統領選でアサド氏88.7%得票で圧勝、反対派再選認めず



 ところが、ISに攻撃されている。アメリカが支持する武装集団からも攻撃されている。

 しかも、その穏健派のみならず、ISの資金源もトルコ(背後にアメリカ)と言われています。

 トルコは石油の密売で年600億円(!)もISに貢いでいるそうです。

 それをアメリカは黙認している、と。

 

 ロシア機撃墜の暗黒部分(※証拠は下記)が浮かび上がりますね。


 なぜ、国民の9割が支持する正当な政権と、その国家を支持するロシアが苦境に立たされているのか。

 よく考えたら、おかしいですよね。

 武装集団を焚きつけている(もしくはロシアを攻撃?している)アメリカの勢力はネオコンと呼ばれているそうです。

 戦争を使って、お金を儲けたり、(世界情勢を混乱させて)支配しようとする人たちです。

 

 今週面白かった、ためになる記事を下にまとめました。

 日本のマスコミが伝えない、本物の情報を知りたい方は、ぜひ彼らのメルマガを読んでみることをお勧めします。


 (メルマガは無料部分だけでも十分な情報が得られます。必要な方のみ有料部分をお勧めします)




★『田中良紹のフーテン老人世直し録』
ネオコンの「テロとの戦い」は「永続戦争」を意味する(田中良紹) - 個人 - Yahoo!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20151128-00051923/ 

 ネオコンの「テロとの戦い」は「永続戦争」を意味する


★北野幸伯の「ロシア経済ジャーナル」
 (※)証拠の報道付きの詳細が書いてあります。

RPE】★ロシア軍機撃墜~プーチンは、「アメリカの関与」を疑う)


★西鋭夫「國破れてマッカーサー」(PRIDE and HISTORY)
あなたは、本当の歴史を知る勇気がありますか? 捏造、隠蔽、極秘扱い真珠湾の不都合な真実 (最後に有料広告があります)
スタンフォード西鋭夫の講演録"誰も言わない明治維新の真実"(こちらは送料のみで、無料です)