2012年8月16日

あなたたちがいて、今の私がある。 ~終戦記念日、靖国神社参拝記~




戦没者追悼式 語り継ぐ決意

 終戦の日の15日、東京都千代田区の日本武道館であった全国戦没者追悼式に、中国地方からは377人の遺族が参列した。愛する肉親の記憶をたどって鎮魂を祈るとともに、多くの命を奪い去った戦争の悲惨さを語り継ぐことを誓った。

 終戦から67年。遺族は体験継承の難しさにも直面する。沖縄沖で兄晴雄さんを亡くした広島県代表の小林文男さん(78)=福山市=は、地元の遺族会会長として戦争の悲惨さを語ってきた。だが体験者の高齢化が進み「戦争がテレビの中の出来事になってしまう。孫やひ孫の世代に語り継ぐのが使命」と責任をかみしめる。

 山口県代表の金林明美さん(47)=下関市=は都道府県代表では最年少。祖父正穏さんはフィリピン周辺で戦死し、遺骨は戻らない。「死んだ父や、遺族会を手伝う母に代わり、鎮魂を祈りたい」

 原爆死没者遺族を代表して出席した沢田牧夫さん(68)=広島市東区。父嚴さんは原爆体験を語るのを避け続け、30年前にがんで亡くなった。「被爆すれば見えない(放射能の)恐怖がつきまとう」。だからこそ福島の原発事故は衝撃だった。「原爆被害を受けた人々がいて今の私たちがある。どれだけ年月が経っても、戦争を、核を、許してはならない」と語った。

中國新聞 2012年8月15日





 毎日暑いですね。元気でお過ごしでしょうか。

 夏、と言うと甲子園、正午のサイレンの音、そして終戦記念日。

 毎年8月15日になると、短い夏への想いとあいまって、いつかのこの1日に、切なく、もの哀しく、思いを馳せる私です。

 さて、と言うわけで、今日は「靖国神社」に行って来ました。

 戦争は身近な話ではなくなってきています。いや、別の意味で身近ですが、先の大戦は私たちにとって遠い話です。もの哀しく思いを馳せても、何をできるでもありません。

 ですので、せめて、英霊たちに感謝の気持ちを伝えに行きました。

 お時間ありましたら、ぜひお付き合いください。一緒に靖国を一巡しましょう。



 ・靖国神社公式ホームページ
  
  ※靖国神社への行き方はこちら → 電車バスでのアクセス



半蔵門線九段下駅で下車



 地下鉄九段下で降ります。戦没者たちが肉弾になって果てる前に交わした挨拶が、「(次は)九段で会おう!」だったと言います。
 駅名に「九段」の言葉を入れている地点からスタートしたいと思います。



九段下方面改札へ向かいます。

地下鉄(東西線、都営新宿、半蔵門)出口は1番です。
わかりやすく出口の矢印がいたるところにあります。



 地下鉄の階段を上がり地上の空が見えました。印象的な雲です。






 地上は物々しい雰囲気。機動隊らしき人が並んでいます。
 中国共産党の人権迫害を訴える団体がチラシを配っています。中国政府により抑圧されているウイグル人を助けてくれという協会の方もいました。
 なぜ靖国神社の前に中国を告発する方々が。
 靖国参拝 → 右翼 → 中国と戦争もOK という図式なのでしょうか。

 それとも英霊たちの時代のように、八紘一宇。時代は変われど日本人なら守ってくれるという期待でしょうか。

 とりあえずチラシをせっせともらいます。(あまりにも酷い写真が載っています)







 靖国神社の前で人が固まっています。大きめの国旗を掲げて君が代を歌っていました。




 圧巻です。近づいてみます。








 「天皇陛下万歳!」が始まりました! (周りの人、一部、引いていました)

 さらに近づくと、やっぱりこの方、いました。

 「頑張れ日本行動委員会」の水嶋幹事長です。









 マイクを向けている方は元自衛隊員だそうです。国旗の扱い方を教えていました。


 ・頑張れ日本!全国行動委員会 

  ※【東京都千代田区】  8.15(水)  英霊に感謝し、靖国神社を敬う国民行進
   (一番下に国民行進の動画があります)













 やっぱり、頑張れ日本! 全国行動委員会さんですね。

 いつも応援しています。

 田母神さんはいつか講演会でこのデモのことを「いい例」だとおっしゃっていました。

 国を滅ぼしつつある政府のやり方は「悪い例」、左翼や在日の反日団体の執拗なデモは「いい例」。

 どんどん真似しましょう。日本人は大人しすぎた、従順すぎた。反日団体の血の滲む努力のおかげで日本は健全なナショナリズムが育たない国になった。愛国心を失った情けない国になった。
 目の前に良い成功例があるのだから、同じことをして反撃してやりましょうと。


 よく、デモをするネトウヨは単純馬鹿だと避難されます。圧倒的に知識がない。下流の者たちのただの鬱憤ばらしだ。そんなことで日本を守れるわけがない、本当の保守と言えるのかと。

 私は、理屈をこねくり回している方々よりもよほど、行動する彼らの方が本当の保守だと思います。国民がこういうデモをするようになったということは、成熟した国になったことだと感じます。
 中にほ、過激派に仕込まれた人や愚かに乗せられた人もいるのかもしれません。それでも、それは一部です。非難する彼らが、「全体」をデフォルメしていうほどの数ではありません。
 
 何があっても今まで一般の市民は耐えていました。もしくは、政治に関心が薄く、どちらにせよ、デモなんてとんでもないと思っていました。

 今は、そうではありません。誰かの為に、自分に出来ることをする。

 何も変えられないかもしれないけれど、何かを伝えたい。行動せずにいられない。

 ぎりぎりの思いで、この国への愛から動いています。

 一人では小さな思いも、こうやって集まれば、強く、大きく育ちます。いつか彼らのように本当の愛国心ある人々が国中に広がっていくことを願ってやみません。








 話が飛びましたが、靖国参拝の続きです。
 大鳥居を抜けると、靖国神社創設者の大村益次郎の大きな彫像があります。外国の旅行者がここでよく写真を撮ります。挨拶して、外苑休憩所に向かうと、その横で、ハーモニカの哀愁ある音色が聞こえてきました。




 

 ノスタルジックな想いに浸りながら、音楽を聴きます。
 その横では戦艦の図面が飾ってありました。戦艦大和の平面図だそうです。





 
 たくさんの人が見入っていました。戦艦の説明をしていらっしゃる人、質問する人、話が盛り上がっていました。
 戦艦大和だけに、日本海軍の将校さん? そのすぐ傍に、軍人のコスプレをした方がいらっしゃいました。カメラを向けると、ポーズと取ってくださいました。
 モノクロだけにこのまま遺影にしたくなりました。(ごめんなさい、冗談です)

 かっこいいですね!




 

 外苑休憩所です。ここで一休みです。

 どじょう総理のお饅頭が売っていました。「私でいいのだ」と野田さんが言っています。野田さんでいいのでしょうか? あまり売れ行きはよくないようですが、数が少なくて盛り下がっています、それともいっぱい売れてしまって残り少ないのでしょうか。





純ちゃんまんじゅうの頃に比べると盛り下がっているようです。

日の丸や菊の御紋のグッズ、意外と可愛いモノがあれこれあります。

「氷」も懐かしいです。昭和を思い出します。



 第二鳥居~神門が近くなりました。参拝を終えた人々がぞろぞろ出てきます。今年は遅い時間に向かったのですが、それでもこの人。
 若者が多いですね。それから男の人が多いです。一番今国を担う世代の壮年の男たちが目立ちます。
 彼らは皆一様に、慎み深く、敬虔に鳥居の前で挨拶して、鳥居や神門をくぐります。もしくは、挨拶して、そうして踵を返して帰ります。

 靖国の鳥居の中はタイムスリップしたように、昭和が、あの年が残っています。あの年もこんな空だったでしょうか。今日みたいに暑かったでしょうか。



 
第二鳥居。

神門前の大手水舎です。ここで手を洗います。

神門。

菊の御紋が印象的な美しい門です。

中門鳥居が見えました。参拝者の列に並びます。

感動的な空です。今にも英霊たちが降りてきそう。

ありがとうございます。と空にお礼を言う。。

参拝が終わりました。それでも、まだまだこの行列。なかなか途絶えそうもありません。

ここで写真を撮ってもらいたかったのですが、頼めそうな人が通らないので諦めました。





 私の好きな歌がありました。



 「死するとも

 なほ死するとも 吾が魂(たま)よ

 永久(とは)にとどまり 御国まもらせ」



 特攻隊員の緒方少佐が出撃30分前に詠んだ歌だです。何度死んでも魂はまた(生まれ変わって)この国を守るだろうとでも言うのでしょうか。死んだあとに、この国に魂が残って、国を守り続ける、という額面通りの意味よりもっと強い意志を感じます。何度生まれて来ようとも、何度でも死んで、また必ず自分が守る、と誓っているように思います。



 遊就館では、大東亜戦争開戦70年展が行われていました。

 ・遊就館

 




 遊就館の前で「日の丸」かき氷というものがありました。みぞれに梅干味だそうです。どんな味でしょう。食べてみることにしました。

 梅干は少し甘いです。でも酸っぱくて、美味しかったです^^



 



 お土産に「靖国和風ぼうろ」という和風のクッキーを買いました。桜色の包装紙が可愛らしいです。








 また大村さんの像を見ながら帰ります。お疲れ様でした。

 靖国神社、ありがとう。また来るね。








 印象的に感じた今日の空にもお別れの挨拶。

 どうも感傷的な気持ちになって、あの日の空に見えて仕方がありません。


 戦没者たちにもう一度お礼を言います。
 冒頭の記事通り、どれだけの月日が経っても、私は忘れないでしょう。


 「あなたたちがいて、今の私がある」
 
 ありがとうございます。


 少しは届けばいいのですけど・・







※頑張れ日本行動委員会の終戦記念日デモの様子です。

 





にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!


2012年8月11日

増税法案成立! 「政策を競い合わぬ茶番」に一票。






内閣不信任否決 政策を競い合わぬ茶番

(東京新聞 2012年8月10日)

 野田内閣不信任決議案が否決され、消費税増税のための「一体」改革法案はきょう成立する。政策を競い合うのならともかく、衆院解散時期をめぐる民自両党の対立は国民不在の茶番劇だった。

 あの会談は一体何のためだったのか。八日夜行われた野田佳彦首相(民主党代表)と谷垣禎一自民党総裁との党首会談のことだ。

 両党首が夜になって急きょ会談するというから、よほどの大事かと思いきや、「一体」改革法案を早期に成立させ、「近いうち」に解散することを口頭で確認しただけだという。

 国民生活に大きな影響を与え、かつ民主党マニフェストを逸脱する消費税増税は議決前に衆院を解散して信を問うのが筋ではある。

 しかし、民主、自民、公明三党はすでに「一体」改革法案の今国会成立で合意していたはずだし、「近いうち」といっても解散時期を特定したわけではない。

 時期の明示を求めて自民党が振り上げた拳を下ろさせるために、党首会談という舞台をわざわざ用意し、曖昧な文言でお茶を濁したというのが実態ではないか。仰々しく見えて何も成果のない会談を褒めそやす必要はない。

 党首同士が会談するのなら、政策決定を官僚から国民代表の政治家にどう取り戻すか、国と地方の役割をどう定義し直すか、政治や行政の無駄をどうなくすか、給付と負担の関係をどうするかなど、「国のかたち」とも言える統治機構や社会保障の在り方こそ胸襟を開いて話し合うべきだった。

 違憲・違法状態にある衆院「一票の格差」是正や、予算執行に不可欠な赤字国債を発行する特例公債法案の扱いなど喫緊の課題にすら触れないのはどうしたことか。

 マニフェスト違反の消費税増税という「決めてはいけないこと」ではなく、「決めなければならない」ことを決めるのが、本当の「決められる政治」ではないのか。

 自公両党は内閣不信任決議案の採決を欠席した。何と強弁しようとも、決議案に賛成すべき野党議員の棄権は内閣を信任したに等しい。

 激しく対立しているように見える政党同士が実は水面下で手を結び、国民の望まない政策を次々と強行する。この局面を変えるのは政権選択の衆院選しかあるまい。

 マニフェスト破りで政権の正統性を失った首相は「近いうち」と言わず、速やかに衆院を解散すべきだ。消費税増税に対する国民の意思も、その際に示したい。







今日、税と社会保障の一体改革関連8法が参議院本会議で可決されました。





10日午後、首相官邸で記者会する野田首相。※クリックすると記者会見の映像が見れます。






ネバーネバーネバーギブアップ。決して諦めず、不退転の決意で増税(一体改革)に取り組むと語っていた野田首相が、ついにやり遂げました。
政治生命を賭け、日本救済の法案を成立させました。

「私は政治生命を賭けています。これが叶ったら、すぐに退いてもいい」

とでも呼びかけたのでしょうか。今が勝負時と盛り上がり、あれだけ対決姿勢を見せていた自民党谷垣総裁がわずか30分の会談で態度を一転させ、合意、法案成立の運びとなりました。

この密談での合意について、輿石幹事長は「党首が変われば合意白紙もあり得る」と語っています。
(たとえ何を約束したにせよ)もしも党首が変わればまた一から話し合いだと。

「二人がいなくなれば二人の話は終わりでしょう。継続していると考えるなら、その時点で再度党首会談をしたらいい」

野田首相と谷垣総裁のうちどちらかが次期首相及び次期総裁として残らなければ、密談は破棄だと仄めかしいているのです。

しかも、輿石幹事長は狡猾にも「二人が合意したのは増税関連法案を成立させるための合意だから(問題ないでしょう)、成立すれば一区切りになる」とまで、うそぶいています。

これには心底呆れました。谷垣総裁は騙されたか、悪魔に心を売ってしまったのか。どちらにせよ、冒頭の東京新聞が「振り上げた拳を下ろさせるための茶番」と語るのも頷けます。完全な敗北でした。


自民党は「近いうち」の解釈を今国会と見ています。もしも「近いうち」の解散が実行されなかったとしても、まだ自民党には再度問責決議を提出する、もしくは特例公債法案の成立阻止というカードが残っているといいます。

しかし、野田首相と何かしらの約束を交わしたならば、白紙になるよりは連携したほうがいいという話にもなりかねません。今朝の読売新聞では一面で、3党の連立を促しています。「第1党が首相、第2党が副総理と約束して選挙に挑むなど民自公を選挙後も維持できるよう、今から知恵を絞るべきだ・・」

カードを切るチャンスが残されているのか疑問です。流れは確実に、対決から連立へと変わって来ています。



ところで、野田さんのネバーギブアップですが、あれは、決して諦めない、という意味ではなくて、決して服従しないという意味で使われたのだそうです。チャーチル元首相はそうだった。野田首相はそれを誤って引用したのだ、と笑われています。




Never give in, never give in, never, never, never-in nothing, great or small, large or petty- never give in except to convictions of honour and good sense.
Never yield to force;
never yield to the apparently overwhelming might of the enemy.


決して屈服してはならない、屈服してはならない、決して、決して、決してどんなことにも屈服してはならない。
名誉と良識にかけて確信したこと以外には、決して屈服してはならない。
決して力に屈服してはならない。
敵の勢力が圧倒的にみえたとしても決して屈服してはならない。



本当に間違った引用だったのでしょうか。
野田首相の記者会見の映像を見ていると(もしくは今までのやり方を見ていると)、あながち「間違っている」とは思えて来ないから不思議です。
(そもそもそっちだったのではないでしょうか)


日本再生の政策に対して、ぜひ、ネバーギブアップであって欲しいと願います。





☆引用元☆

野田首相のネバーギブアップの誤り




にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!



2012年8月6日

「手ぶらでは終われない?!」、勝負師・小泉親子と、悲哀の水泳・北島を思う。





「野党3年。手ぶらでは終われない」 小泉進次郎青年局長 3党合意破棄で勝負促す

 自民党の小泉進次郎青年局長は6日、社会保障・税一体改革関連法案への対応について「一番わかりやすいのは否決だ。参院で否決。衆院に法案が戻ってきても反対。そして政権を倒すほうがわかりやすい」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。

 そのうえで「谷垣禎一総裁は野田佳彦首相よりもすばらしい政権運営ができる。『谷垣首相』を実現したい」と強調。ロンドン五輪で競泳男子400メートルメドレーリレーで銀メダルを取った松田丈志選手が「(北島)康介さんを手ぶらで帰らせるわけにいかなかった」と発言したのを引き合いに、「野党生活3年間。ここにきて、手ぶらでは終われないだろう」と述べた。

 関連法案をめぐる民主、公明両党との三党合意を破棄し、首相が「政治生命をかける」としている関連法案を否決することで解散に追い込むべきだとの考えを重ねて示したものだ。小泉氏は1日にも谷垣氏に対し、3党合意を破棄するよう申し入れている。

msn産経ニュース 2012.8.6 20:26




  自民党が問責・不信任決議案を見送る条件を「早期採決」から「早期解散」へ、一気にハードルを引き上げました。

 今更、という気もします。今まで何をやっていたんだろうと呆れますが、とりあえず勝負に出てくれたようでほっとしています。


  読売新聞によると、石原幹事長は小泉元首相に一喝されたそうです。

 「野党が解散権を握っている政局は珍しい。チャンスに何をやっているんだ!」

  ごもっともです。

  で、小泉元首相のご子息は、4日前に3党合意破棄を総裁に直訴しました。


さすが政局に強い小泉首相のご子息。
※クリックするとリンク元へ


  確かに3党合意を白紙にして、社会保障・税一体改革関連法案を否決したほうがわかりやすいと思います。

  社会保障・税一体改革関連法案に賛成で、採決で可決して、そのあとたとえ解散しても、民主党と何を対立軸にして戦うのか、何を選挙の争点にするのか、さっぱりわかりません。
  自民党(と公明党)以外の野党はすべて「反増税」です。
  このままだと、審判する方の国民には、自民党が政権を打倒する野党には見えません。(明らかに政権側に見えます)

  今回は野田さんにまんまとのさられてしまったということで、目を覚まして、政権を倒してから、あらためて社会保障改革に取り組んでいただきたいと思います。(当面は増税なしで)


  ところで、小泉ジュニアが引き合いにしている、

 「(北島)康介を手ぶらで帰らせるわけにはいかない

  という競泳日本の主将松田さんの言葉ですが。これを聞いた時、私はギョッとしました。

  感動的な話として、何度も特番で流れ、今朝の読売新聞でも一面を飾っています。

  松田主将はこうも言いました。北島さんには随分世話になったから、今度は俺たちが助けてあげる番だと思った。

  これを聞いて、北島さんは嬉しかったのでしょうか。

  私だったら、あまり嬉しいとは思いません。なぜなら、手ぶらで帰らせるわけには行かない、と松田主将が思ったのは、北島さんがひとつもメダルを取れていなかったからです。
  3大会連続の2種目制覇もかなわなければ、100メートルでも、200メートルもメダルを逸してしまったからです。だから手ぶらだ、と言われたんですね。

 「手ぶら」=「メダルを逃した」

  当たり前の話ですが、とどのつまりは、感動秘話=「北島は自力でメダルを取れなかった」と吹聴されているようにも受け取れるのです。

  ところが、そう自力で取れなかったわけではないのです。以下は、400メートルメドレーの個人別タイムです。


金メダル アメリカ
マシュー・グレイバーズ 52.58
ブレンダン・ハンセン 59.19
マイケル・フェルプス 50.73
ネーサン・エイドリアン 46.85
3:29.35

銀メダル 日本
入江 陵介 52.92
北島 康介 58.64
松田 丈志 51.20
藤井 拓郎 48.50
3:31.26


  けっこう北島選手、早いんですよね。
  北島選手のタイムがあったからメドレーの銀メダルが取れたと見る人もいるようです。

  400mのメドレーを見ているとき、会場のアナウンスが大きく響きました。北島選手だけが唯一日本代表の先頭を切って戻ってきました。アナウンサーが「キタジマ!」「ジャポン!!ジャポン!!」と叫んでいるのが聞こえました。

  私はとても誇らしく感じました。

  なのに、松田主将の感動物語の後から、北島選手がトップで戻ってきたことは伝えられなくなりました。新聞はもっと酷くて、その部分を端折って1行も記しません。タイムが早いことも、ハンセンに勝ったこともまるでなかったことにされてしまいました。感動的な物語にするには、北島選手が今回不調で、仲間に助けてもらった、としたほうがいいみたいです。

  せめて、「助けてあげる」じゃなくて、「恩返しをしたい」とは言えなかったのでしょうか。

  感動物語を目にするたびに複雑な思いがします。北島さんが「松田キャプテン」と持ち上げて、あり がたい、と好意的なコメントを返しているところも、いじらしく感じます。
  実際は複雑なんだろうなぁ。
  入江、藤井選手がその話題には絶対乗らないで、無表情を通しているのが印象的でした。



  話が変わってしまいましたが、自民党も自力で、3年越しの政権奪取を勝ち取って欲しいと思います。
  手ぶらで終わらないよう、頑張りましょう!






☆関連ニュース☆

野田政権が緊迫!小泉元首相も猛ハッパ「ちゃぶ台返しをやれ」 





にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!