2012年10月31日

「サンディ」が米東部に上陸、経済損失は200億ドル。




 アメリカ東部を襲っているハリケーン「サンディ」。

 スーパーストームに発達しているようです。

 一瞬にして木がぽきりと折れる強風の映像が衝撃的でした。(下にYouTube画像あり)
 
 ニューヨーク州のハイン・マイル原発は停止。ニューヨーク市の金融街は同時多発テロの以来の閉鎖となりました。

 
 以下、サンディの被害の様子です。










  ↓ CNNより 

 




 NASAが撮影したサンディ 




 ハリケーンが発達する様子



10月30日18時 強風で木がぽきりと折れるところ






 一瞬、昨年の津波を連想して悲惨な思いがしましたが、冷静によく見ると、混乱の割に被害はそう大きくないのではないかというのが正直な感想です。

 東日本大震災とは比べ物になりません。

 ただし、混乱と騒動はかなり広がっていて、政府や金融機能もマヒしているそうなので、オバマ大統領の大統領選には少なからず影響が出そうですね。

 以下にロイターの記事を貼り付けます。

 これ以上の被害が出ないよう、無事通過することを祈ります。





ハリケーン「サンディ」米東部に上陸、金融・政府の機能マヒ

(2012年 10月 30日 17:54 ロイター)

[ニューヨーク/レホーボスビーチ(デラウェア州) 30日 ロイター]

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、巨大ハリケーン「サンディ」は29日夜(日本時間30日午前)、ニュージャージー州南部の大西洋岸に上陸した。

NHCによると、サンディは上陸前に温帯低気圧に変わったが、最大風速は一時、毎時129キロに達し、米国を襲った過去最大級のハリケーンとなった。

国内では550万人以上が停電の影響を受けており、100万人以上に避難勧告が出た。

公共交通機関が止まり、世界の金融の中心であるニューヨークも取引所の取引が中止されるなどマヒ状態。投票が間近に迫った大統領選挙活動にも影響が出ている。

現時点で、米国では少なくとも13人が死亡。

ニューヨーク市内は広範な地域で冠水しており、警察は市内で少なくとも2人の死亡を確認。マサチューセッツ州でも悪天候による事故で1人が死亡した。

カナダのトロントでも飛んできた物に当たった女性1人が死亡した。

ニューヨークの電力会社コンソリデーテッド・エジソン(ED.N: 株価, 企業情報, レポート)によると、市内では「記録的な大停電」が発生。58万8000世帯が停電している。マンハッタンでも25万人が停電の影響を受けているという。

フィラデルフィアでも、43万6000世帯以上で停電が起きている。

ある災害予測会社は、「サンディ」による経済損失が200億ドルに達すると試算した。保険でカバーされるのは、その半分という。

米株式市場は29日に続き30日も取引中止される。取引が中止されるのは、2001年9月11日の同時多発攻撃以来。ワシントンの政府機関は30日も閉鎖される。東海岸の学校は休校となっている。

<株式市場休場、NY連銀はオペ延期>

サンディの接近を受け、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(米店頭株取引)は29日の取引を中止。債券市場は半日取引となった。

NYSEを運営するNYSEユーロネクスト(NYX.N: 株価, 企業情報, レポート)、ナスダック市場を運営するナスダックOMXグループ(NDAQ.O: 株価, 企業情報, レポート)はともに30日も取引を中止すると発表した。 米証券業金融市場協会(SIFMA)も、30日のドル建て債券市場取引の終日中止を勧告した。 NYSEユーロネクストは、現時点でニューヨーク証券取引所自体に損害は出ていないと表明。株式取引の再開に向け、新たな緊急対応計画の実施に動いていると明らかにした。

NYSEユーロネクストとナスダックOMXは、状況が許せば31日に取引を再開する方針を示した。債券取引も31日再開が期待されている。

31日は月末で、トレーダーがポートフォリオの価値評価をする重要な日。市場関係者の間では、ハリケーンによる公共交通機関や電力などライフラインへの影響が予想できないため、31日に市場が開くかどうかが不安視されている。

ニューヨーク連銀は、多くの米金融市場が休場となっていることを受け、30日に予定している国債買い入れオペを延期すると発表した。

30日は、2036年2月から2042年8月までに償還を迎える国債、17億5000万─22億5000万ドルを買い入れるオペを実施する予定だった。

NY連銀は、国債の売却・買い入れオペは31日には再開されるとの見通しを示している。

労働省は、10月の米雇用統計を予定通り11月2日に発表する方針としている。

ホワイトハウスは声明で「大統領は30日、ワシントンにとどまり、ハリケーン『サンディ』の影響を注視しつつ対応する」とした。

ロムニー共和党候補も、30日に予定していたアイオワ、フロリダ両州での遊説を取り止めると発表した。

両候補の遊説地はサンディの予測進路からは外れているが、オバマ大統領が「サンディ」への対応に注力することを理由に遊説を中止していることもあり、選挙運動を継続することで国民に「無神経」との印象を与えることを避けたい考えとみられる。

<原発への影響>

米原子力規制委員会(NRC)によると、サンディの影響で付近の水位が上昇していることから、米発電大手エクセロン(EXC.N: 株価, 企業情報, レポート)は、ニュージャージー州のオイスタークリーク原子力発電所(615メガワット級)に警報を発令した。

警報は、NRCが定める4段階の緊急事態の中では下から2番目の深刻度となる。 同原発については元々、燃料交換のために運転を停止している。

NRCスポークスマンは水位上昇がこのまま続き、原子炉のサービス水ポンプに影響が及ぶ事態となった場合は、必要に応じて消防ホースからの水を使って使用済み燃料プールの冷却を行うとしている。

NRCスポークスマンはまた、米電力大手コンステレーション・ニュークリア・エナジー・グループが29日、ニューヨーク州にあるナインマイル・ワン原発(630MW)の運転を停止したと発表した。

グリッドへの電力供給に不具合が生じたことが理由と説明したが、サンディとの関連があるかどうかは明らかにしなかった。

米東海岸の製油施設、パイプライン、主要な港湾の3分の2も閉鎖に追い込まれた。

*内容を追加します。



 
☆関連記事☆

2012年のソーラースーパーストームに関してNASAが警告を発している:10億人が死亡する可能性

2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性



 にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!

2012年10月28日

【拡散】10分でわかる石原さん、安倍さん、橋下さんの主張の違い




 こんばんは、lalarightです。
 今日は、私の大好きな北野さんのメルマガより、次の選挙に役立つ記事を紹介します。

 石原さんと安倍さんと橋下さんの政策方針の違いを書いてくださっています。
 わかりやすい記事でしたので、ぜひご覧ください。
 
 
 ところで、この記事を読んで、あたらめて愕然としたことがあります。
 次の選挙で、保守票が二つに割る、と北野さんが書いていらっしゃることです。

 保守の大御所、石原さんを支持する保守層は意外と多いのですね。
 
 これは、石原さん安倍さん橋下さんの政策の内容云々・・以前に、重要なことをおっしゃっているのではないかと思いました。
 
 最悪の場合、自民党よりも解体寸前の民主党の方が票を集めて、民主党政権が(もしくは保守派以外の政権が選挙後も)継続される可能性もあるということですね・・

 


 以下、北野さんの記事になります。↓



【10分でわかる!】★石原さん、安倍さん、橋下さん、主張の違い



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。




皆さんご存知のように、石原さんが「新党結成」を宣言しました。

ロシアと違って、日本の政治は面白いですね。

ところで、いま注目されている、石原さん、自民党の安倍さん、
日本維新の橋下さん。

それぞれの主張はどう違うのでしょうか?

「イメージ」で投票しないよう、じっくり検討してみましょう。


▼石原さんの主張


3氏の主張を全部見るのも大変です。

そこで、今私たちが関心をもっている点にしぼってみましょう。


・消費税増税について

・TPPについて

・原発について

・外国人参政権について

・憲法について


まず、石原さんから。


●消費税増税について

石原さんは、消費税増税に賛成する立場。

みんなの党の渡辺さんは、石原新党との連携について、「消費税
増税を容認するなら話にならない」としています。

石原さんは、

「憲法改正と消費税増税は、とってもとっても大事な、基本的な国
策」

「この国もたないよ、消費税上げなかったら!」

とおっしゃっています。

証拠映像はこちら。




●TPPについて

「TPPはアメリカの策略だ!」と断言され、絶対反対の立場。

面白い記者会見が見れますので、興味がある方はこちら。





●原発について

石原さんは、「原発推進派」です。

これについても、記者会見の内容が見れますので、興味がある方
はどうぞ。





●外国人参政権について

石原さんは、「外国人参政権」に反対です。

これも記者会見で見れます。





●憲法について

石原さんは、憲法改正に賛成。

消費税のところで触れましたが、「とってもとっても大事な、基本的
な国策」とおっしゃっています。




まとめてみましょう。

石原さんは、


・消費税増税賛成

・TPP絶対反対(TPPはアメリカの策略)

・原発推進

・外国人参政権反対

・憲法改正賛成


となっています。

「新党立ち上げ」でもっとも注目されているので、石原さんについて、
いくつか補足しておきましょう。


・東京都知事4選

1999年から2012年まで、実に13年も東京都知事を務めました。

皆さんご存知のように、都知事選挙には、いつも「大物」「有名人」
が立候補します。

(例、舛添要一、鳩山邦夫、明石康、浅野史郎、東国原英夫等々)

これらの有力候補をやぶって4選を果たすということは、都知事と
して実績を出されているということでしょう。



・尖閣購入宣言をし、日中関係悪化の原因をつくる

皆さんご存知のように、石原さんは「都が尖閣を購入する!」と
宣言しました。

あわてた野田さんは、「尖閣国有化」を急いで決めた。

そして、日中関係は大変悪化することになりました。

民主党は、「日中関係が悪化したのは石原さんのせいだ!」と
批判しています。

しかし、石原さんが尖閣購入にむけて動き出したのは、2010年
の「尖閣中国漁船衝突事件」の直後。

民主党政府の対応がメチャクチャだったので、「このままでは、
中国に尖閣を奪われてしまう」と危機感を持ったのです。

確かに石原さんの宣言が日中対立の原因になったことは事実。

しかし、その前に、民主党のどうしようもない対応があったこと
を忘れてはいけないでしょう。



・橋下さん、みんなの党との連携を目指す

石原さんは、橋下さんの「日本維新」、みんなの党との連携を
目指しています。

民主、自民に対抗する「第3極」をつくりたいと。

「愛国者」「保守」として確固たる評判を得ている石原さん。

自民党とほとんど同じ主張だと思うのですが・・・・。

(息子も、自民党の総裁候補だったし・・・)

しかし、石原さんは自民党との連携について、現時点では
考えていないようです。

理由について、「自民党に幻滅して、党を出た人間だ」と語って
おられます。



・石原さん、最大の課題は

なぜ石原さんは、主張の違う橋下さんやみんなの党との連携を
目指すのでしょうか?

こうおっしゃっています。



<政策が違うとかじゃないんだ。

大眼目は官僚支配を壊していくことだ。

原発をどうするとか、消費税をどうするとかはある意味、ささいな
問題なんでね>



皆さんは、どう思われますか?



▼安倍さんの主張


次に安倍さんを見てみましょう。

安倍さんは、古館さんの番組で、その政策を詳細に語っておら
れます。

動画はこちら。↓




●消費税増税について


14分10秒くらいから消費税の話になっています。


「消費税を上げる前にデフレ脱却」

「名目3%成長が、消費税引き上げの条件」

「デフレ下で税金を上げても税収はあがらない」

「大胆な金融緩和を含むデフレ脱却策を総動員しなければ
ならない」

「名目成長率をあげることで、税収は確実に増えていく」


要するに、「経済成長とデフレ脱却を成し遂げないうちは消費税
はあげない」と。



●TPPについて

動画、11分49秒あたりからTPPについてお話されています。

「自由貿易には原則賛成」

「しかし、国益にかなうかどうがか重要であり、聖域なき規
制撤廃には反対」

「交渉力をもって、話し合いをしていくことが大事」

「国益にかなわないTPP締結はありえない」


話を聞くと、石原さんのように「アメリカの策略だから反対!」と
いうのではなく、


「交渉によって有利な条件で参加できるようにしよう」

「日本に不利ならば参加しない」


コヴィー博士的にいえば、「WIN-WIN、あるいはNO DEAL」と
いうことでしょう。



●原発について

4分14秒頃から、原発についての見解を話されています。

「原発の依存度は下げていかなければならない」

「再生可能エネルギー、自前のエネルギーを増やしながら、
原発の依存比率を下げていく」


話を聞けばわかりますが、「科学技術の進歩によって、事故
をなくしていく」、「原発維持派」といえるでしょう。



●外国人参政権について

ここから別の動画になります。

安倍さんは、外国人参政権に反対。

この問題は簡単で、(外国人参政権は)「憲法違反なんです」
と断言されています。

下の動画、後半で外国人参政権について語っておられます。

前半も面白いです。





●憲法について

安倍さんは、憲法改正支持。


演説を聞いてみると、「憲法改正」への決意は固いようです。

安倍さんが総理になれば、「集団自衛権の容認」「憲法改正」
には本気で取り組むことでしょう。

これに関する演説はこちら。





まとめてみましょう。


・消費税増税は、「デフレ脱却しなければやらない」

・TPPは、交渉に参加して有利な条件を勝ち取る
国益にかなうように交渉がまとまらなければ参加しない

・原発は、「原発の依存比率は下げていくが、科学技術の
進歩により事故を防止する」という維持派。

(ただし、再生可能エネルギーの普及には賛成)

・外国人参政権は、「憲法違反」なので反対

・憲法改正支持



こうみると、安倍さんと石原さんの主張はほとんど違いがあり
ませんね。

違いは消費税です。

石原さんは、消費税引き上げは絶対必要という立場。

安倍さんは、「デフレ脱却しなければあげない」という立場。


基本的に安倍さんも石原さんも「保守の大物」という感じです。

ですから、保守票は二つに割れることになります。



▼橋下さんの主張



●消費税増税について

増税に反対というよりは、民主党が、マニフェストになかった
増税を決めたことに憤っているようです。



<消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革法案が衆院
で可決したことについて、橋下徹大阪市長は26日、「民主党
は政権交代前、4年間は増税はしないと言った。

『やらない』と言ったことはやらない。

これを守らないと、国民はついてこない」と話し、民主党を痛
烈に批判した。>

(産経ニュース 2012年6月26日)



<橋下氏は「国民は増税はやむを得ない、というのはうす
うす分かっている」とする一方、採決までのプロセスを問題視。

「マニフェスト、公約、そんなものが全部いらなくなる。

そのときの状況で、何でもありという政治を許してしまう採決
だ」と述べた。>

(同上)



国民は「増税はやむをえない」と思っているそうです。

問題は橋下さんがどう思っているかですが、はっきりわかり
ません。

「国民はやむをえないと思っている」とコメントされているので、
「容認派」なのでしょうか?

消費税については、「消費税を地方税化する」と主張してい
ます。



●TPPについて

交渉参加には賛成。

飲めない条件なら「飲めない」といえばいい。

関税なんかを撤廃して「自由貿易にしなきゃならない」という
大きな流れは否定できない。

基本的に安倍さんと変わらないようです。

動画はこちら。(コメントがいろいろ入っていますが・・・)





●原発について

動画は見つかりませんでしたが、橋下さんは、「2030年までに
原発は全廃」だそうです。

3氏の中で、唯一「脱原発」ですね。



●外国人参政権について

一般的な外国人参政権には反対。

しかし、特別永住外国人については、認める立場。

動画をみると、いろいろと語っておられますが、「専門家にまか
せる」等々、あんまり立場が定まっていないようです。

大阪以外の「特別永住外国人」への参政権付与について、「
各自治体が判断すればいい」。

安倍さん、石原さんに比べると、「容認派」といってもよいよう
です。



●憲法について

橋下さんは憲法改正に賛成の立場。

これについて「国民投票をしよう」と提案しています。




まとめます。

・消費税は、「国民は増税やむなしとわかっている」と容認
ウソをついた民主党の手法を批判

・TPPは、「交渉参加」に賛成。「自由貿易推進」を支持

・原発は、2030年までに全廃

・外国人参政権は、「特別永住外国人」への付与を容認

・憲法改正に賛成


▼3者の主張を比較してみる


もう一度、3人の主張を比較してみましょう。


●消費税

石原 = 大賛成

安倍 = デフレ脱却しなければ上げない

橋下 = 容認


●TPP

石原 = 大反対(アメリカの策略)

安倍 = 交渉参加は賛成

橋下 = 交渉参加は賛成


●原発

石原 = 原発推進

安倍 = 原発維持

橋下 = 30年に全廃


●外国人参政権

石原 = 反対

安倍 = 反対

橋下 = 一部容認


●憲法改正

石原 = 賛成

安倍 = 賛成

橋下 = 賛成



こう並べてみると、「憲法改正」以外は3者ばらばらですね。

消費税、TPP、原発、外国人参政権、憲法改正


いずれも重要な問題ですが、皆さんは「どれが最優先事項」
だと思われますか?


今回の号、次回の選挙時にお役立てください。





ロシア政治経済ジャーナルより 




にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!

2012年10月27日

石原新党と日本維新の会の連携に反対します。






石原新党:園田氏、維新との政策協議に意欲

毎日新聞 2012年10月27日 12時05分(最終更新 10月27日 12時33分)

 東京都の石原慎太郎知事が結成する新党に合流するたちあがれ日本の園田博之幹事長は27日午前、「石原新党」が連携を模索する日本維新の会と政策面で隔たりがあることについて「(消費税や憲法など)大事な課題で両方が違ったことを言わないようにしないと野合と言われる。会って話すようにしたい」と述べ、維新側との政策協議に意欲を示した。都内で記者団に語った。

 その上で「最終的には選挙協力を模索しないと意味がない」と述べ、次期衆院選での選挙協力に期待感を示した。一方、石原氏がみんなの党の渡辺喜美代表とも連携に向けて会談する意向を示したことについては「今のところ(幹部間で)議論する予定はない。みんなの党とは(これまで)議論をやっていない」と語るにとどめた。【中井正裕】




 たちあがれ日本が結成されたときは、日本を救おうとするのは老人だけなのかと深い感慨を抱いたものです。
 メルマガ配信を申込み、比例区で投票もしたし、随分と応援させていただいたつもりでした。


 しかし、石原新党に日本維新の会との連携を画策する姿を見ていると、どうもピンと来ない。それが日本が立ち上がるためにやらなければいけないことなのか、と深い疑問が湧き上がり、やるせない思いがしてくるようです。

 はっきり言って石原元都知事に対して、好感が持てません。
 
 たちあがれ日本結成当時は好ましく思っていましたが、あの尖閣諸島の騒動以来、その思いも風船がしぼむように失われてしまいました。

 中国と日本の仲がここまで険悪になったのは、石原都知事が、都が尖閣諸島を購入すると言い出したことから始まりました。

 なぜ、ここまで日本と、いえ、日本だけではなくて、日本と中国双方の、国益を損なった張本人が、この国を立て直すために国政に参加するなどと大きな顔をしていうのか、理解できません。

 「命のあるうちに最後のご奉仕をし、中央官僚の支配を変えなくてはダメだ」

 都知事は辞任の記者会見で言いました。
 最後のご奉仕をしてくれなくてもいいと思いました。
 また、後半の、中央官僚の支配云々・・は、維新との視野を念頭に置いた発言で、石原都知事の言葉とは思えません。

 なぜなら石原氏がずっと訴えていた保守思想は、戦前のような自立した日本を取り戻すということで、その戦前の日本はといえば典型的な中央集権国家であったからです。

 冒頭ニュースの園田氏ではありませんが、維新の会と、

「(消費税や憲法など)大事な課題で両方が違ったことを言わないようにしないと野合と言われる」
 
 
 というように、自らの政治思想や国民のために何が必要かということとは、まったく別のところで、連携を模索している維新の会と、(選挙のために)口裏を合わせようと必死になっているように感じられて仕方がありません。

 橋下さんは先日血脈について暴かれ、バッシングを受けました。さすがの強気の氏も、散々叩かれて、人気も低迷して、心もとなくなっていると思います。
 そんな時に、急浮上したこの石原新党と連携話。怪しいですね。何かこの国の未来をある方向へ導くための意図があるようにも感じられます。
 私が橋下さんだったら、断りづらいです。石原新党が強力な後ろ盾になってくれるのではないかと感じるだろうと思います。
 
 個人的には、橋下さんには、自民党か、国民の生活が第一と連携して欲しいと思います。二大政党路線か、第三極なら他のところと組んでいただきたいですが、このまま極右(というより日本解体)の道に突っ走るのでしょうか。
 注意深く見守りたいと思います。
 



☆関連記事☆ 
 
衆院選:日本維新の会が公約を発表
 

 
 


にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆

サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




考えてみよう!TPPのこと 日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク

TPPは農業問題じゃないヨ! 放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題! 原発よりも危険かも!!

チャンネル桜ムービー 配信中!