2013年2月28日

安全文化の創造と、「その上で」。





 東京電力福島第一原発事故の反省に立ち、原子力規制委員会の下で、妥協することなく安全性を高める新たな安全文化を創り上げます。その上で、安全が確認された原発は再稼働します。

 省エネルギーと再生可能エネルギーの最大限の導入を進め、できる限り原発依存度を低減させていきます。同時に、電力システムの抜本的な改革にも着手します。

 「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指します。
 


 
 28日午後、衆院本会議で安倍首相が施政方針演説を行いました。


 下記の首相官邸HPより詳細を見ることができます。

 ※平成25年2月28日第百八十三回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説


 私が気になった演説の部分を冒頭に取り上げさせていただきました。
 安倍首相は最初の短い一文で、「安全」を3回、繰り返しています。

 東京電力福島第一原発事故の反省に立ち、原子力規制委員会の下で、妥協することなく安全性を高める新たな安全文化を創り上げます。その上で、安全が確認された原発は再稼働します。





 どうもこの論理が私には理解できません。
 「福島原発事故の反省に立ち」、「新たな安全文化を創り上げ」る、というところまではわかるのですが、そのあとの、「その上で、安全が確認された原発」というのは、どの上なのでしょうか。

 同じ日のニュースです。NHKが今日の18時に発表しています。



魚から51万ベクレルの放射性セシウム

 東京電力福島第一原子力発電所の専用の港で、魚が外に出るのを防ぐ網にかかったアイナメから、これまでで最大となる1キログラム当たり51万ベクレルの放射性セシウムが検出され、東京電力は、魚が港の外に出るのを防ぐ対策を強化するとともに、港の中で魚の駆除を進めることにしています。

 (NHK 2月28日18時7分



 少しわかりづらいのですが、51万ベクレル、と言うのは、国の食品基準の5100倍に当たるそうです。魚から検出されたものとしは過去最大で、記事によれば、これまでの最大値、1キログラム当たり25万4000ベクレルのおよそ2倍とのことです。

 東京電力は、魚が港の外に出るのを防ぐ対策をさらに強化するとともに、港の中で魚の駆除を進めることにしています。

 港の魚というのはそんなに簡単に、外に出るのを防げるものなのでしょうか。もし、仮に魚が完全に閉じ込められたとしても、魚からそれだけの放射性セシウムが検出されるということは、港の水の方は? 海はいったいどれだけの放射能に汚染されているのでしょう。
 私たちの生活に、影響がありません、とは言えないはずです。少なくとも、安全文化とは程遠い現状ではないでしょうか。

 その上で、安倍首相の「福島原発事故の反省に立」った「その上」の「再稼働」というのが、どうもまったく繋がっていないように思えるというか。
 めちゃくちゃな論理の飛躍のように思えて仕方がありません。

 人間の身勝手さによって汚された海や放射能まみれになって駆除される生き物のことも、思えば、やりきれない思いがしますよね。


 また、問題としては、誰のための再稼働か、ということも大きいのではないかと思います。

 私たちへ安定したエネルギーを供給するため、だけでしょうか。

 「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指します。

 再稼働発言のあとに、この一文がすぐに続くところからすると、再稼働は国民のためではなくて、あくまでも企業のためですね。国よりも企業の利益の優位性を唱えているTPPを念頭にした発言ではないでしょうか。
 安倍首相のいうところの、「企業」は、TPP参加を見越しての、外国資本に向けての発言のようにも聞こえてきますね。


 では、私たちは、外国資本の(利益の)ために、原発を再稼働して、魚は51万ベクレルにも放射能汚染されているのに、それで、福島原発事故の反省の上に立った、と言われているのでしょうか。
 う~ん、やっぱり、「その上で」と言うのは、「どの上で?!」と突っ込みたくなりますね。

 



 私は、この議場にいる全ての国会議員の皆さんに、呼び掛けたいと思います。

 我々は、「何のため」に、国会議員を志したのか。

 それは、「この国を良くしたい」、「国民のために力を尽くしたい」、との思いからであって、間違っても、政局に明け暮れたり、足の引っ張り合いをするためではなかったはずです。

 全ては国家、国民のため、互いに寛容の心を持って、建設的な議論を行い、結果を出していくことが、私たち国会議員に課せられた使命であります。



 
 安倍首相の演説から、また抜粋させてもらいました。今度はラストの一番盛り上がるところ、安倍首相が政治生命をかけて、国会にいるすべての議員に訴えかけるところです。

 いい文章ですよね。足を引っ張り合っても、確かに何も生まれませんよね。

 国家と、国民のために、建設的な議論を行って、もう少しわかりやすい「その上で」を見つけていきたいものですね。政治家だけに頼るのではなくて、私たちみんなで結果を出していけるように、こんな時だからこそ叡知を集結していきたいと思います。

 この間、私は、わからないことがあって、Googleを検索して、とても感動したのです。ニュースでは語られないことも、高い本を買わなくても、いろんな方が「そのこと」を無償で提供してくださいました。検索しなれていると当たり前のようですが、ふと、これはすごいことだなぁ、とあらためて実感してしまいました。
 まるで、ウェブの世界は、サンクチュアリです。この素晴らしい叡智を集結する場があれば、結果を出すことはそう難しいことではないのではないかと思えてきますね。



 

 

 

 



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆


サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~



 
 
 



2013年2月27日

安倍首相 日本は二流国家にはなりませんと「駆込み訴え」




 前回お届けした安倍首相の戦略国際問題研究所(CSIS)においての政策スピーチ第2弾です。

 結構ウェブ上でも話題になっているのが、下の発言。

 「日本は二流国家にはななりません」(一流国家であり続けます)というもの。

 これは、その場にいたリチャード・アーミテージ元米国務副長官とハーバード大のジョセフ・ナイ教授へのリップサービスではないかという説と、そうではなくて、安倍首相はガチンコで両者のむちゃくちゃな要求を丸呑みするつもりでいるのではないかという両方の説があるようです。

 ちなみにアーミテージさんとジョセフ・ナイさんのむちゃくちゃな要求とは、アーミテージレポートに書かれている日本への要求のことで、その内容をざっと挙げると、

 ・TPP参加
 ・原発推進
 ・資本の投資(提供)
 ・防衛産業の推進
 ・集団的自衛の行使(憲法改正)
 ・(米国の最大の)エネルギー輸入国となる

 などなど・・

 ※詳しくはこちら 『第3次アーミテージレポート』


 むちゃくちゃな要求といえば、かつて米国政府からの年次改革要望書というものがありましたが。アーミテージレポートはそれに非常によく似たメカニズムです。
 相手は自分の要望をスマートに伝えるだけ、拘束力は特に無いに等しいのに、受け手のこちらはせっせとその要望を推進しようと試みてしまう・・

 安倍首相が彼らの面前で、「二流国家にはなりません」と言ったからには、その要望を受け入れ、推進していく覚悟があると(リップサービスにとどまらず)、真面目に示した意思表示であると見るのが正当だと思います。
 
 あんな要望を受け入れるのかよ! とここは怒らなければいけないところなんですが。


 ※彼らはこんなことを言っています ↓

 「日本の原発ゼロ容認できぬ」アーミテージ・ナイ両氏



 けれど、何度読み返しても、安倍首相のスピーチからかなりのユーモアを感じ取ってしまうものですから、どうも真面目に受け取れないというか・・

 特に、「二流国家にはなりません」というくだり、

 太宰治の駆込み訴えという小説を思い出してしまうのは私だけでしょうか。


 
 ↓ (ここ)


 アーミテージさん、わたしからお答えします。日本は今も、これからも、二級国家にはなりません。それが、ここでわたしがいちばん言いたかったことであります。
 繰り返して申します。わたくしは、カムバックをいたしました。日本も、そうでなくてはなりません。



 ↓ (太宰がこっち)


 申し上げます。申し上げます。旦那さま。あの人は、酷ひどい。酷い。

 厭いやな奴です。世の中の仇かたきです。はい、何もかも、すっかり、全部、申し上げます。私は、あの人の居所いどころを知っています。すぐに御案内申します。

 あの人は、私の師です。主です。けれども私と同じ年です。三十四であります。私は、あの人よりたった二月ふたつきおそく生れただけなのです。




 太宰の「駆込み訴え」は「走れメロス」と同じ頃に書かれた作品で、太宰が一番作家として勢いがある時期に書かれた短編小説です。
 口頭で一気に語って、書き取らせた、という話も聞きました。
 そのせいか、とてもよく出来たお話で、ギトギトの怨念こもったネガティブな内容の割に、引き込まれて、一気に読めてしまいます。ユダ独特のおかしみもあって、私は好きでずいぶん読み込んだものでした。
  
 安倍首相のスピーチの書き起こしは、太宰の小説の文体にとてもよく似ているんですね~
 まぁ、だからなんだというわけではないですが。

 対米従属もネタにして、逞しく、日本の国家使命を果たしていくしかないでしょうか。


 ちょっとおかしかったので、ご報告でした。
 安倍首相、次回はぜひ「走れメロス」スピーチで、ガツンとかましてやってください。
 宜しくお願いいたします。




 ※太宰の駆込み訴えはこちらから読めます。

 青空文庫 「駆込み訴え」
 青空文庫 「走れメロス」




 ☆関連記事☆
これからの日本はどこに立つべきか
第三次アーミテージ・レポートに応えた安倍首相









にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ




2013年2月24日

これからの日本はどこに立つべきか



 安倍首相が帰国しました。
 訪米の様子は、以下に写真があります。

  アメリカ合衆国訪問 


 戦略国際問題研究所(CSIS)においての政策スピーチ。

  日本は戻ってきました 



 政策スピーチで、安倍首相は日本という国家の使命を語られています。(以下、抜粋)
 


 いまやアジア・太平洋地域、インド・太平洋地域は、ますますもって豊かになりつつあります。そこにおける日本とは、ルールのプロモーターとして主導的な地位にあらねばなりません。ここで言いますルールとは、貿易、投資、知的財産権、労働や環境を律するルールのことです。

 第二に、日本はこれからも、誰しもすべてを益すべく十分に開かれた海洋公共財など、グローバルコモンズの守護者であり続けねばなりません。

 日本とはかような意欲を持つ国でありますからこそ、第三に、わが国は米国はじめ、韓国、豪州など、志を同じくする一円の民主主義各国と、いままで以上に力を合わせなくてはなりません。

 ルールの増進者であって、コモンズの守護者、そして米国など民主主義諸国にとって力を発揮できる同盟相手であり、仲間である国。これらはすべて、日本が満たさなくてはならない役割なのです。




 日本という国家の使命はなんだろう、と考えることがあります。
 世界における役割や責務というよりは、もう少し根幹的な、国家としての存在意義です。
 安倍首相の政策スピーチを読んで、その使命が明確に語られていましたので、大変興味深く読ませていただきました。

 日本は、ルールの増進者であり、コモンズの守護者であり、そして民主主義諸国と力を合わせていく同士の国、だと語られているのですね。

 この国家の使命を、個人の使命として置き換えてみました。
 私の使命は、「(社会の)ルールの増進者であり、共同体の守護者であり、同じような考えの者たちと力を合わせて生きていく同士であること」である。

 いいですね。とてもしっくりします。皆がこの使命を掲げて生きていくと、いい方向へ向かっていくように思えますね。

 では、周りの国に当てはめてみます。
 お隣、韓国の使命は同じでしょうか。
 「韓国の使命は、アジアのルールの増進者であり、国際社会の守護者であり、民主主義諸国と力を合わせる同士の国」である。

 いいようにも思いますけど、どちらかというと、守護者というのは違うようです。日本大使館の前に、慰安婦の像を作ってしまうあたりのメンタリティーも、力を合わせる同士、というのはどうかと思いますね?
 北朝鮮に当てはめると、・・もちろん論外です。
 中国は、二番目の守護者以前に、一番目のルールの増進者、というのも怪しいですね。

 
 だからなんだ・・と言われると、オチがないのですが、マスコミの報道があまり芳しくないようでしたので、少し、安倍首相の発言を取り上げてみました。

 
 おそらく、TPP参加表明を匂わせた発言だとは思いますが、それでも、悪い国家使命ではありません。TPPが日本にとって良い方向へ向かうとするならば、この使命が最後の砦となるかもしれません。

 


☆おすすめブログ☆

 歪められる安倍総理のTPP発言










にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆


サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




2013年2月23日

聖域なき関税撤廃の行方 安倍首相が日米首脳会談へ





 アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の23日未明、オバマ大統領との初めての日米首脳会談に臨みます。

 またTPP=環太平洋パートナーシップ協定について、安倍総理大臣は聖域なき関税撤廃が前提ではないことを確認したい考えで、オバマ大統領からどのようなことばを引き出せるかが焦点です。

NHK 2月22日 18時56分




 安倍首相がついに明日、オバマ首相と会談するそうだ。
 聖域なき関税撤廃が前提ではないことを確認する、というからには、最低限、コメだけは死守するつもりで挑むのだろう。

 ぜひ何かしらの約束を取り付けて帰ってきていただきたいものだ。
 というか、空手で帰ってきたら、許さない。

 最低限、コメだけは死守して頂かないと困る。

 が、もしも、その約束を取り付けるとしたら、おそらく他の何かは交換条件として差し出されるに違いないと、覚悟している。
 それが普天間なのか、ハーグ条約なのか、それとももっと重大なことなのか。
 
 TPP以前に、何かしらの国益が損なわれるのはありうることだとしても。

 それでも、コメだけは死守して頂かないと困る。(2回も書いてしまった)


 あれは、天皇に通じる、日本人の象徴だから。


  








 コメがなくなったら、日本人は日本人じゃなくなるし、日本はもう日本ではなくなってしまう。

 
 安倍首相、どうかよろしくお願いします。
 日本をお守りください。
 すべてはあなたにかかっています。





☆関連記事☆

福島の稲を持って天孫降臨するニニギノミコトの夢を見た。
民主党マニフェストを見て思う。







にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ



************************************************


☆私はTPPに反対します☆


サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~




2013年2月22日

JAL再建を当て込んだ金儲け?日本国債の共通点も。






 「民主党政権の唯一の成果」とも言われた日本航空(JAL)の再建をめぐり、政権復帰を果たした自民党が攻勢を強めている。特に、公的支援を経た再上場を「競争環境をゆがめる」などと野党時代から問題視している西田昌司参院議員は、2013年2月18日の参院予算委員会で、上場前に行われた第三者割当増資を「第2のリクルート事件」と批判を展開した。
 麻生太郎副総理兼財務・金融担当相も「(引き受け先に)出ている名前も、かなり意味深な名前がある」と同調し、JALの稲盛和夫名誉会長が創業した京セラが引き受け先に含まれていることを暗に批判した。


 「要するに3500億円を政府が入れました、(企業再生支援)機構が。その(10年12月の)時点で債務超過は解消している。その後の(12年3月期の)決算では1800億円の利益を出している。まさにお金がいらない時に、イベントリスクがあるかもしれないからと言って、たったの127億円ですよ、なんのこれが『屁のつっぱり』になるかって話ですよ!言えばね。まさにこれは、再上場を当て込んだとしか考えられないんですよ!」

JAL第三者増資に「かなり意味深な名前」 麻生氏が挙げたのは京セラなのか J‐CASTニュース 2013/2/20 18:06 より)




 JALが再上場したときは驚いた。
 ついこの間、倒産したばかりではないか。大量の債権を踏み倒して、私たちの税金を注ぎ込んで、やっとのことで再建を果たしたはずであった。
 それが再上場で、株を売って大儲け、とはなんだろう。前のJALの株主はどんな思いでこのニュースを聞いているのだろうなぁ、と感慨深い思いで見つめていたら、なるほど、そのJALの再建にまつわる倒産と再上場はかなり「意味深」な内幕があったらしい。

 インサイダーには当たらないようだが、ストックオプション、というものがあるそうではないか。あらかじめ決めれた価格で自社株を買う権利のことだ。本来はベンチャー企業等がその成長を見込んで、今は払えないけど将来的な報酬として取締役や社員に与える権利らしいが、どうだろう、儲けるためのシステムとして(特のこのJALの場合)インサイダー同様に使われることはないのだろうか。
 しかも、JALのなかの話ではなくて、その将来的な報酬を見込んだ人たちは多方面に及んでいて、「株で儲けよう」どころか、はじめからそれを見込んでわざと潰した、西田氏の言葉を借りれば、「再上場を当て込んだ」なんていうこともありうる話だ。
 想像すれば、ますますもとの株主が可哀想になる話ではないか。ひどいものだ。

 ところで、これとよく似た手法で、日本国債の崩壊を見込んで儲けようと考えている人たちがいるようだ。日本国債売りファンドを作り、近い将来、それを空売りして、儲けようと目論んでいる米国のヘッジファンド、ヘイマン・キャピタル・マネジメント、創業者のカイル・バス氏だ。

 アベノミクスについてを特集した「未来世紀ジパング」をようつべで見ていたら、彼が「日本経済の死を予言する男」として、出てきたのだ。こんなことを言っている。

 「もし私が日本人で、円での貯金や日本国債を持っていたら、それらをすべて売り払って外貨を購入します」

 こんなことを本気にして、外貨を買うおばかな日本人はいないと思うが、それにしてもえげつない金儲けの手法ばかりがいろいろと生み出されているようで、こちらはますます驚くばかりである。
 







 日本経済はこれから必ず復活する。その長い一歩を踏み出したばかりだ。
 JALの内幕がこうやって報道されたのも、いい兆しではないか。
 マスコミの誘導には惑わされず、金儲けの手法にも踊らされず、
 復活を信じて、真実を追求する現政権の応援をしていきたいと思う。



 
 関連記事はこちらをどうぞ。


【西田昌司】JAL問題は民主の売国行為だ! 
【どうぞどうぞ】日本国債「18カ月以内に崩壊」【売っちゃって】





 



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆



サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~

2013年2月3日

日米首脳会談でTPP試算提示 まともな甘利再生相にほっとした件






甘利再生相、TPP試算「日米首脳会談で提示も」

 甘利明経済財政・再生相は3日、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合の国内産業への影響に関する政府試算のとりまとめ作業を急ぐ考えを示した。

 交渉参加に関しては「事実上、各国は譲れないものは譲らない前提で協議に臨んでいる。例外なき関税撤廃を前提というのは事実ではない」と指摘。「建前としても(例外品目を)主張できる前段をつくる必要がある。日本が交渉に入っていくには前提を変えないといけない」と強調した。

 一方、自民党の高市早苗政調会長は同日、都内で記者団に、首相が日米首脳会談でTPPへの交渉参加を表明しないとの見通しを示した。「表明するタイミングではない。政府がTPPで国内にこういう影響が出るという情報を国会に示しておらず、判断できない」と語った。

日本経済新聞web刊 2013/2/3 18:27


 

 安倍首相の訪米が近づいています。

 その時に、議題として、TPP参加交渉の話が出た時に備えて

 政府統一の試算を作成することになりました。

 twitterでタイトルがひとり歩きして、私も思わずギョッとしましたが

 記事を読めば、(タイトルは)日経の希望的観測、というだけのこと。

 甘利経済再生相のまともな考えが伺えてほっとしました。


 確か、民主党政権の時にはこのような、「交渉のための努力」は

 何ひとつ垣間見ることはできませんでした。


 例外品目として断ることを前提に、その主張を裏付けるための

 数字をただ必要としているのです。


 実際問題として、(例外品目に関していえば)どう試算を出しても、例外品目と

 主張できなくなるほどのお得な試算などありえません。TPPに入ったら壊滅必至です。

 ぜひ、この試算をうまく使って、また国民に広く知らしめて

 きちんと議論を重ねて欲しいと思います。




※メンバーがすごいです^^↓
1/3【経済討論】亡国最終兵器 TPPの真実[桜H23/11/5]




 



にほんブログ村参加してます。ぽち頂けると励みになります。

にほんブログ村 ニュースブログへ


************************************************


☆私はTPPに反対します☆


サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由



TPP : メキシコ農業はNAFTAと米政府の農業助成で壊滅的被害

『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~