2013年4月28日

日本のロシアにおける微妙な先端がん治療





ロシアで先端がん治療 官民の医療輸出戦略第1弾 首相訪ロで表明

 政府は民間企業と組み、2015年にも最先端のがん治療施設を備えた病院をモスクワ市内に建設する。住友重機械工業が開発した最新鋭の放射線治療設備を導入し、海外で初めての臨床試験を始める。日本から医師も派遣する計画だ。機器や人材を丸ごと輸出し、世界に日本発の医療技術を広げる。4月に官民一体で始めた医療輸出戦略の第1弾となる。

 安倍首相は6月にまとめる成長戦略で女性の活躍とともに医療を中核に据える。医薬品や医療機器の分野では日本から海外への輸出よりも海外からの輸入が圧倒的に多く、2つを合計した医療分野の貿易収支は11年に2兆9703億円の赤字となった。医療輸出のテコ入れは、日本企業の国際競争力を高めるうえでもカギを握る。

 新興国向けの医療機器の輸出や病院事業の展開では、欧米が先行している。政府はロシアに続いて中東、東南アジアに対しても病院、医療機器、人材をパッケージにした輸出を急ぐ。
 (日本経済新聞2013/4/28 2:00





 日本とアメリカの関係において、がんビジネスはアメリカの独壇場。アメリカの革新的利益だったはず。

 そこに、アメリカの天敵ロシアを舞台に巻き返しを図ろう、って大丈夫なんですかね。

 がん保険も米資本が独占しているし、そもそもアメリカは「がんとの戦争」に勝つ気があるのかどうかさえ疑問に感じる時があるほどです。

 で、そんな中で、もしも日本のがん先端医療がちらりでも(がんとの戦争に)勝ちそうな気配でも見せてしまったら・・・?

 ちょっと私的にはアメリカの反撃が恐ろしいところですが、しかし、がんで死ぬ人増えすぎですよね?! 日本人の3人に1人はがんで死ぬとか。


 がんとの戦争に、ぜひ日本も食い込んでいただきたい。貿易収支うんぬん・・ 以前に、命を守るために切に願います。

 これぞ現代の自衛戦争、なんて、がん先端医療がきっかけで日米戦争再び、なんてことになったらシャレになりませんが。





☆関連記事☆

日米戦争はなぜ起きたか  
 
なぜアメリカ人はがんで死に続けるのか?
 






2013年4月27日

そろそろ韓国を解放してあげて、とりあえず靖国は行っとけ。



 BLOGSより気になる記事をコピペ。

 靖国問題で騒いでいる韓国が本当に日本を嫌っているか否か。

 どう思います?

 なんか私の勝手な意見ですが、韓国ってツンデレっぽいですよね。

 日本が、下の「友好強要した日本は韓国に謝罪を」の記事通りに、

 じゃあ、わかりました、今までごめんなさい韓国さん、

 と手を引いたら、あっさりくたばってしまいそう。


 「待って、日本さん、行かないで・・」(この言葉をプライドから口に出せずにコロリ)

 なんてイメージなんですがね。







韓国が靖国問題でまた騒いでいるが、残念ながらその手はもう通じない。靖国参拝ゼロ+菅談話の民主党政権で、日韓関係は史上最悪となった。歴史認識問題が単なる“反日のための口実”であることはとっくにバレている。

靖国問題を理由に韓国が外相会談を中止した。麻生副首相による靖国参拝や安倍首相による供物奉納に対する抗議らしい。

「韓国外務省当局者は22日、共同通信に対し、今月末の開催で日本と調整していた尹炳世外相の訪日と、岸田文雄外相との会談を中止したと明らかにした。聯合ニュースは、安倍晋三首相が東京・九段北の靖国神社に供物を奉納したことなどに対する抗議だと報じた。同ニュースによると、外務省当局者は『このような雰囲気の中で会談しても生産的な議論は難しい』と述べた」(共同通信 より)

何?!また極右政党ジミンの連中が戦争をするためにヤスクニに参拝しているのか!軍国主義者アソウとアベはまったく反省していない!日本はお隣の国・韓国と仲良くしなくてはならないのだから、戦争神社ヤスクニなんてさっさとなくすべきだ!今すぐ軍国主義のアベ政権を倒して、日本が深く反省した姿勢を見せなければ、日本はアジアから孤立してしまう!

……なんてことに、今さらなるわけがない。民主党政権が誕生するまでは、ノンキな日本人も「韓国が怒っているのは軍国主義者コイズミや極右政党ジミンのせいだ」と考えていたかもしれないが、現在はすっかり目がさめている。

というのも、民主党政権では全閣僚が靖国神社に参拝せず、しかも菅談話という完全に韓国目線の歴史認識を示していたからだ。菅談話に比べれば、“売国”と批判された村山談話がいかに“愛国”的だったか、ということも以前 書いた。

そこまで韓国に擦り寄った民主党政権なのに、なぜか日韓関係は史上最悪となってしまった。李明博大統領の反日攻勢は記憶に新しい。あれで、多くの“親韓”的な日本人が韓国に失望したというわけだ。

結局、韓国にとって歴史認識問題というのは、“反日のための口実”でしかないのである。歴史認識問題が存在しようがしまいが、韓国というのは“反日”で成り立っている国家なので、常に日本を攻撃する。韓国が日本と普通の関係になる時があるとすれば、それは韓国が日本の支援を必要とする時くらいだ。

むしろ、日本が歴史認識問題などで韓国に擦り寄れば擦り寄るほど、韓国の日本叩きは過激さを増す。そもそも、韓国側に“日本を許す”とか“日本と対等になる”という発想が微塵もないので、日本が頭を下げる姿を見れば見るほど、韓国は嫌悪感と怒りを増幅させていくのである。

だから、私は「友好強要した日本は韓国に謝罪を――『お隣の国韓国』の起源」 ということを書いた。今や「世界の中心国家」 となった韓国にとって、日本と仲良くなる必要性はまったく存在しない。これまでは自国の発展のために、大嫌いな日本としかたなくつき合ってくれていただけなのだ。

もちろん、日本としては他の国と同様に、韓国とも普通の関係を築く用意をするべきだし、ドアは常に開いておいた方がいい。それでも韓国がわけのわからない理由で交流を拒むというなら、ソッとしておいてあげるのが“優しさ”というものだろう。「ひょっとして、外相会談に向けて国内調整ができていなかったから、靖国問題を口実に逃げたのかな?だったら、靖国参拝はしないと明言して、韓国に国内向けの得点をあげた方がいいかも」などと、変な親切心を見せたりせずに、「靖国問題ごときでイライラしない精神状態になったらいつでも日本にお越しください」と笑顔で冷静に応じるのが正しい外交である。