2013年6月28日

MOX燃料搬入でプルサーマル推進を訴える、21世紀の精神異常者




 今夜は、こちらの音楽を。

 音楽に合わせて、MOX燃料搬入の「いかれた」ニュースを。







MOX搬入:高浜原発周辺で150人が抗議行動

毎日新聞 2013年06月27日

 高浜原発から約2キロ離れた対岸の岸壁では、約150人がプルサーマル発電に反対し、「MOX燃料を認めないぞ」とシュプレヒコールを上げた。

 午前6時半ごろ、輸送船が警備艇を伴い、海上に姿を現した。対岸に集まった人たちは「STOP MOX!」と書かれた横断幕などを掲げ、「船は直ちに帰れ」と約30分間、声を張り上げた。

 原発作業員の防護服姿で抗議した京都市のしんきゅう師、寺野哲也さん(41)は「プルサーマルという危険な発電を何としても止めないといけない。命に関わる問題だ」。滋賀県栗東市の主婦、高瀬應臣(まかみ)さん(68)は「MOX燃料は放射線量が高く危険。次の世代につけを残してはいけない」と訴えた。

 福井市の主婦、小野寺恭子さん(57)は「原発を無くしていこうとする流れに逆行している。微々たる力だが、抗議の態度は示したいと思った」と語った。抗議集会も開かれ、原子力資料情報室(東京都)の西尾漠共同代表が「プルサーマル発電で原発はより一層、危険になる」と訴えた。その後、参加者は高浜原発のゲート前に移動し、関電の担当者に抗議文を手渡した。

 福井県の桜本宏・安全環境部長は「今回の輸送は日本とフランスの外交上の問題であり、関西電力と(燃料を製造した)アレバ社の契約上の問題。それぞれの立場で責任を持って判断している。実際の発電とは別の話だ」と語った。今後の対応については「関電から何も聞いていない。改めてプルサーマル発電の意義や安全性を厳正に確認したいが、まずは国が明確なメッセージを示すことが大事だ」と話した。




 
 福井県の安全環境部の桜本部長は、関西電力から何も聞いていない、と言っています。

 燃料と輸送は、「完全に別の話である」と訴えています。


 ところが、どうやら関西電力にとっては、燃料と輸送は、「別の話ではない」ようです。

 NHKニュースによると、関西電力は、今年の4月にMOX燃料を積んだ輸送船を

 フランスから日本に向けて出港させました。

 輸送船が27日午前7時過ぎに高浜原発の岩壁に到着すると、

 船内の放射能漏れを測定したあと、MOX燃料20体を入れた輸送容器3基を

 原発に運び込みました。

 関西電力は、高浜原発の3号機でMOX燃料を使う考えで、フランスから輸送させたのです。

 来月、原発の新たな規制基準が施行されるのに合わせて、

 運転再開に向けた原子力規制委員会への申請を行うことにしています。


 ところで、MOX燃料というのは、ウランとプルトニウムを混ぜ合わせて作った燃料です。

 もともと国は、高速増殖炉(もんじゅ)を実用化し、限りあるウランを永遠に使用する

 核燃料サイクルを実現することを目指してきました。

 ところがもんじゅはトラブル続き、冷却に使われるナトリウムが、配管から漏れ出したりで

 臨界を記録した1994年から現在までの18年間で、まともに発電できた期間は、
 
 わずかに4か月しかありません。また、1日の維持費も、1日5500万円もかかりました。
 
 高速増殖炉の開発は難航し、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ等、
 
 開発を勧めてきた世界の各国も、ついに高速増殖炉に見切りをつけました。


 そこで、プルサーマル計画が生まれたのです。

 プルサーマル計画は、高速増殖炉でしか使えないMOX燃料を

 無理やり通常の原子力発電所(軽水炉)で使うものです。

 これは、もともとウラン燃料を前提とした軽水炉で放射能の高いプルトニウムを使用するため、

 安全面で問題があります。重大事故の際も危険です。MOX燃料を使用すると、

 日本の公衆に対するリスクが大幅に増大することも示されています。

 (急性死やがん死が高まります。詳細ははこちらを※プルサーマルの危険性を警告する




総務省統計局 人口推計 平成25年5月報 よりhttp://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201305.pdf

3.11以降、激減している日本の総人口より)

 
 また、総務省のデータ(上の図)によると、3.11以降、急激に死者が増えています。


 安全性に問題のあるプルサーマルと、死亡率右肩下がりの総務省のデータを踏まえたうえで、

 高浜原発へのMOX燃料の搬入作業を終えた関西電力原子力事業本部の

 水田仁副事業本部長の言葉を聞いてみましょう。

 氏は、MOX燃料搬入にあたって、こう述べました。
 

 「東日本大震災の影響で国の核燃料サイクルが不透明な状況が続き、
 
 原子力を取り巻く環境に非常に大きな変化がでたなか、

 地元をはじめとする関係者の理解が得られ、輸送が実現できたということに

 改めて感謝したい」


 「資源の少ない日本にとってプルサーマルの重要性は高まっており、

 安全を最優先に今後もプルサーマルを進めていきたい」
 

 King Crimson の 21st Century Schizoid Man を捧げたいと思います。

 (名曲なので捧げるのはもったいないですが・・)




 

2013年6月27日

電力システム改革の重要法案が流れる問責決議



 参議院本会議で、安倍首相の問責決議が可決したのだとか。

 26日午前中の参議院議員運営委員会で協議された結果、与野党が折り合いがつかず、

 結局野党の賛成多数で、緊急上程されることが決まったのだとか。


 記事の下に問責決議を受けての安倍首相の記者会見を貼り付けました。(要旨です)

 問責を受けて、参院選での勝利の決意を新たにしたようです。


 私は安倍首相を問責にする野党の気が知れないので、

 その決意を全面的に後押ししたいと思います。が、ひとつだけ気になるのは、

 この問責決議で廃案になったのが、「電気事業法改正法案」※だということです。



 電気事業法改正法案は、電力システム改革の3柱の1つである「広域系統運用の拡大」

 を実現し、電気の安定供給の確保に万全を期すことが目的でした。

 また、「電力システム改革」の全体像を法律上明らかにするという意義もありました。

 
 ちなみに、電力システム改革には、

 私たちが電力会社を自由に選べるようになる「電力小売りの全面自由化」や、

 電力会社の発電部門と送電部門を分ける「発送電分離」の実施も含まれています。


 政府は、地域独占を続けてきた電力業界に競争を促し、電気料金を引き下げるために

 この電力システム改革を進めていました。

 小売の自由化は16年まで、発送電分離は18~20年までの実施をめどにしていたのですね。


 ところが、問責決議で廃案になったことにより、計画の遅れが懸念されているのです。

 「電力システム改革」の全体像も明らかになりそこねました。



 電気事業法改正法案は私たちの生活に一番直結する法案でした。

 それが駆け引きの材料として保険に取られたことが腹立たしい思いであること、

 また、はじめから与野党グルで、今国会で決めるつもりはなかったのではないか、

 という疑問も生じています。

 
  

 

首相記者会見要旨
安倍晋三首相の26日の記者会見要旨は次の通り。

【参院選】
 6年前の参院選で(自民党が)大敗し、首相の職を辞することになった。あの時の挫折を、私は深く胸に刻み込んだ。今の気持ちはチャレンジャーとしての緊張感に尽きる。参院選、負けるわけにはいかない。必ずやねじれを解消しなければならない。与党で過半数を目指していきたい。

【経済政策】
 「三本の矢」の経済政策は、昨年のマイナス成長を今年のプラス成長へ大きく反転させた。経済政策はこれからが正念場だ。要はぶれることなく実行できるかどうか。私はとことんやり抜く覚悟だ。(国民は)日本を世界の真ん中で活躍する国にできるかもしれないという自信を回復しつつある。
 15年間デフレが続いた国がデフレから脱却するのは、歴史的な大事業だ。デフレからの脱却はそう簡単ではない。まずは3年間、そこに集中していきたい。

【衆院選挙制度改革】
 こう着状況を何としても打開しなければならない。選挙制度について民間の有識者が冷静かつ客観的な議論を行う第三者機関を国会に設けることを提案する。各党各会派がその結論を尊重して改革を前に進めていく仕組みだ。選挙制度改革でも必ずや結果を出したい。

【首相問責決議可決】
 これこそねじれの象徴で、重要法案が廃案になった。ねじれを解消しなければいけないという決意を新たにした。

【憲法改正】
 憲法改正は現実的な政治課題として表れつつある。第1段階の目的は達成できた。(国民投票法の付則に盛り込まれた)三つの宿題を解決していく必要があるのだろう。過半数の国民に賛成してもらわなければ改正できない。国民の理解と平仄(ひょうそく)を合わせ、どう変えていくか、それがどの条文なのかも慎重に議論していく必要がある。

【原発】
 原発は安全第一が原則だ。安全性は原子力規制委員会の専門家に判断を委ね、新規制基準を満たさない限り再稼働しない。東京電力福島第1原発事故の経験と教訓を世界と共有することによって、世界の原子力安全の向上に貢献していくことがわが国の責務だ。

時事ドットコム 2013/06/26-21:48





 まさかそんなことはないかと思いますが、この法案が延期になると

 「地域独占を続けてきた電力業界」は競争に曝される時期も延びるのですから、

 それなりの影響もあるのかと思いました。


 安倍首相会見の最後の原発のところ、

 「世界の原子力安全の向上に貢献していくこと」から、

 できればもう一歩踏み込んで、我が国の責務として欲しいものです。

 

 最後に、音楽をお届けして、今日はお休みなさい。



「電気事業法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました  



こちらのアルバムより







2013年6月26日

「神様を活かせ」ならぬ「鳩山を活かせ」 中国のロビイスト疑惑、鳩山元首相の衝撃発言




 

鳩山氏、尖閣問題で「『日本が盗んだ』と思われても仕方ない」

(MSN産経ニュース 2013.6.25 12:42)

 鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言は同日午前、中国内外に向けて報道された。

 鳩山氏は既に政界を離れているが、首相経験者だけに尖閣諸島に領有権問題はないとする日本政府の立場と相いれない発言内容が、日中両国の世論や尖閣情勢の今後の推移に影響を与える可能性もある。

 中国は日本の尖閣領有について、第2次大戦中のカイロ宣言にある「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島しょを中国に返還する」との規定に違反すると主張している。これに鳩山氏は「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は中国から見れば十分に成り立つ話だ」と明言した。





 鳩山元首相が、「尖閣諸島は、日本が中国から盗んだものだ」と言ったのだそうだ。

 そのあとに、「と思われても仕方ない」と付くが、まぁ、あってもなくても同じことだろう。

 中国領土に向けての発言なのだから、よほどの覚悟があって(確信犯的に)

 言っているに違いないのだから。


 それにしても、衝撃だ。

 鳩山さんは宇宙人だの売国奴だの色々言われていたが、それでも、

 小沢さんと組んで政権を獲ったときは、少しはいいこともしたものだった。


 特に素晴らしかったのは、アメリカからの年に一度の脅迫状、

 もとい、アメリカによる日本解体進言書・・ 

 いや、それも違う、正確に言うと、

 「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書」を廃止したこと。

 
 「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書」というのは、

 日本とアメリカの「両国」の経済発展のために、

 改善が必要と考える「両国」の規制や制度の問題点についてまとめたもので、

 毎年日本とアメリカの間で交換し合っていた文書である。

 
 が、「両国」というのは名ばかりで、主にアメリカからの要望の押しつけであった。

 (日本からの要望はほとんどないに等しかった)

 本当の目的は、「アメリカ」の経済発展のために、「アメリカ」が改善が必要だと考える

 日本の構造の問題点をまとめたものであり、

 1年に1度届く要望書だから、「年次改革要望書」と呼ばれていたが、

 要望書の通りに、日本の未来がそのまま変わっていくものだから、

 「予言の書」とも言われていた。


 鳩山小沢コンビは政権を獲ってすぐに、この要望書を交換する日米規制委員会を廃止した。

 1994年から(年に1度になったのは2001年から)続いていた、

 日本弱体化のための、オカルトもどきの悪しき慣習を、叩き壊してくれたのであった。


 それに頭にきたアメリカが鳩山さんを追い落として、

 今度は年次要望改革書より断然ひどい(規制全撤廃の)TPPとか言い出すわけだが、

 それにしても、当時の年次改革要望書廃止は大手柄だった。

 その件に限っては、私は今でも鳩山さんを尊敬している。

 ところが・・


 そんな日本の元首相である鳩山さんが、日本は「盗人」だと中国で言うとは。

 尖閣諸島のみならず、先の大戦前の列強のように、虎視眈々と、

 領土領海を拡大しようと企んでいる、

 よりにもよって中国で言うとは。


 あんまりにもびっくりしたので、2ちゃんねるの記事を拾ってしまった。
 
 (すっきりしたくて!)

 







 (すっきりした後)

 思うに鳩山さんは、日本がアメリカの属国(のような立場)でいるよりは

 いっそ中国の属国になったほうがいいとでも思っているのかもしれない。

 それともやっぱりお金なのか? 中国のロビイストと化したのか。


 ところで、昨日紹介した「里山資本主義」の動画を見て、

 日本人の精神性の高さにあらためて驚かされ、ホレボレとしている。


 鳩山さんとのこの違いは何なのか、と驚くばかりだが、もしかしたら、

 もはや鳩山事故は神レベルの話なのかもしれない。(人間業にしてはひどいという意味で)

 どんなモノに憑かれたのだか。

 年次要望改革書を廃止した時のあの鳩山さんに戻ってくれることを祈って。


  
「里山資本主義 神様を活かせ」から動画の紹介。

 ※以下、出雲の神々を資産として活かそうという動画のリンクです。
   昨日より全部見終わりました。
   小泉八雲と宮崎アニメの話を題材にした動画3と4が面白かったですね~

    動画1
    動画2
    動画3
    動画4







2013年6月24日

都議会議員選挙 自民党第1党奪還で民主党圧勝の奇跡の日を思い出す




 (2013年6月24日 読売新聞神奈川版朝刊一面より)


 自民圧勝 第1党奪還! 







 民主惨敗 維新伸びず

 自公 参院選へ弾み

 安倍政権の取り組み評価

 


 上の見出しを見ただけで、もう「みなまで言うな」、

 記事を読まなくても、わかりますよね。


 念のためざっくり言うと、

 東京都議会議員選挙の結果は、自民党が59人擁立した候補者のうちの

 59人が当選するという圧勝。当選の赤い花だらけのこんな感じ↓でした。








 294議席を獲得して政権奪取した2012年12月の衆議院選挙の時と同じ絵柄です。

 自民党は相変わらずの人気ですね。

 あれだけ安倍首相が各国に原発をセールスしまくっているというのに。

 懲りません。


 (まぁ、私も、原発セールス以外は自民党政権の方が断然良いですが!)

 

 もはや、2009年8月に、民主党が政権を獲った時の絵柄が

 ありえない奇跡か夢か幻だったかのよう。



こんな日もありましたね 鳩山さんどこいった


 もろもろと、感慨深いです。



 話題変わりますが、今、大好きな自然の番組を見て癒されております。

 「小鳥ピヨピヨ」さんの記事からたどり着いた「里山資本主義」の

 里山のチカラというサイト。

 いま関連動画を見て楽しんでいます。


 おすすめは、出雲の「神様という資源」を描いた「神様を活かせ」。

 漫画家水木しげる氏や、出雲大社の「ミステリーツアー」を企画する

 小泉八雲のひ孫さんも登場して、なかなか見ごたえがあります。

 
 「里山が残っている最後の時代」から、不死鳥のごとく 「里山・・

 日本列島奪還!


 もとい、里山再生、となることを祈っております。

 若い方々から始まって、多くの方々が里山の価値に気付き、

 私たちにも、自然にも、日本の未来にも良い

 「三方良し」の、新しいライフスタイルと、新しい里山というブランドが、生まれますように。
 

 その時が訪れたら、この最後の時代という現代が

 あれは、ありえない奇跡か夢か幻だった、と胸を張って言いたいものです。


 里山、頑張れ。







2013年6月22日

ロックフェラー系三菱財閥のアジア進攻




三菱UFJ、タイ大手銀を買収へ アジア強化、4千億円規模

 三菱UFJフィナンシャル・グループが、タイ大手のアユタヤ銀行を買収する方針を固めたことが22日、分かった。買収総額は4千億円規模となる見通しで、7月の正式合意を目指す。実現すれば2008年の米金融大手モルガン・スタンレーへの約9千億円の出資に次ぐ大型の案件となる。

 アユタヤ銀の経営権を握ることで現地の拠点網や、個人・法人向けのローンなどの営業基盤を取得。今後の経済成長が期待できるアジア地域での収益力を一気に拡大させるのが狙いだ。

 三菱UFJは、アユタヤ銀の株式の25%をもつ米ゼネラル・エレクトリック(GE)やオーナーのラタナラック家などと株式の買い取りに向けて交渉中。

2013/06/22 10:41 【共同通信】







 三菱グループといえば、日本の軍需産業。それから日本の原発。

 (日本の、とわざわざ付けるのは、三菱が常に国家と共に歩み続けてきた歴史を持つから)

 

 なので、こういう記事を読むと複雑な思いがする。

 企業の権利章典であるTPPが推し進められているように、現代では企業は国より優位に立ち(立つことが可能になり)、侵略は経済活動を通して行われるわけだから。

 う~ん。有事が深まっているんじゃないかなぁ。とか。

 タイに原発建てやしないかなぁ、とか。


原発反対デモ



原発反対デモ




 昨日の記事ではないが、今の日本は過激な富国強兵論が必要なほど、まるで自信喪失、自分では何も決められないダメ国家への道を歩み続けているというのに、こういうところはなんと素早いというか、戦前と同じ進出(侵略)ぶり。

 歴史は繰り返す、という言葉を思い出してやるせない思いがする。

 
 当時も今も日本の意思ではないんだろうか? 


 よくわからんが、三菱さん、妙な方向に進みすぎて倒産しないよう気をつけてください。




☆関連記事☆

 三菱重工業(株)・三菱グループの行い
 

 管総理は日本で始めて世界権力から独立した総理か!

 

 

2013年6月21日

終わった日本にとことん富国強兵論



 

米公聴会:ラッセル氏、中国けん制 尖閣、サイバー攻撃で

【ワシントン及川正也】次期米国務次官補(東アジア・太平洋担当)に指名されているラッセル・ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長に対する指名公聴会が20日、上院外交委員会で開かれた。ラッセル氏は中国が領有権を主張する東シナ海や南シナ海問題について「軍事的であれ経済的であれ、いかなる強制的な行為や武力の威嚇・行使にも強く反対する」と述べ、尖閣諸島周辺の日本領海への侵入などの行動をとる中国をけん制した。

毎日新聞 2013年06月21日 21時11分(最終更新 06月21日 21時18分)


 関係ないが、こういう時、アメリカが日本維新の会の石原さんみたいなタイプじゃなくて良かった、と心底思う。

 個人と国の話なので全く別の話ではあるが、タッグ組むならとことん・・という態度には納得できるものがある。

 味方(同胞)だと思ってたら突然、「終わったね・・(日本も)」なんて言われたらシャレにならない。そういう裏切り者は好きではないわけで。まぁ、みかじめ料も払ってるし当然かもしれないが、私的にはやっぱり毒食わば皿まで・・というかなんというか。それなら日本だって、アメリカのためにこのプチ有事に一肌脱ぐか的な思いがしてくるものなのである。

 といっても、私は任侠の気質がある腰抜けで、やはり戦争はしたくないわけで。それでも、もうのるかそるかどっちかにしないと歴史が流れないとか動かないとか屁理屈言うなら思い切ってこの際戦後体制変えてみるかとか。いや、本当に、実は、どうしたらいいかわからないのだけれど、とりあえず、田母神閣下の富国強兵論を夜中にイヤホンつけてこっそり聞いてみたら妙に面白くて、はまってしまった、ということが言いたかったのだった。

 (下に映像貼り付けます)

 さっさと核武装しようぜ、とか、放射能は健康にいいんだぜ、とか、時々ぶっ飛ぶような内容もあるが、大概は、むしろ正論だよな・・ と感心してしまうことしきり。
 
 どっかの世界を騒がせて内戦してる妙な新党の政治家に、こんなことを言って欲しいものだと期待したりするが、政治家は言わないんだな、これが。

 え? 橋下さんは強気で言ってる? 

 いや、橋下さんの強気発言は180度ずれていて、あれだと着地点が政府発表のやり直ししかないから困ったものなのだ。
  


☆関連記事☆
第3次大戦の兆し?中国がシリアに軍艦を派遣!中国・ロシアは、軍事力を使ってもイラン・シリアを米国から守るのか?