2014年12月30日

「クレムリン・メソッド」 ~見られることばかりで、見ることを忘れてしまった私たちへ、「支配者と同じ目を持て」!~



 国際関係アナリストの北野幸伯(よしのり)さんの新刊が出たので読んでみた。




 北野幸伯さんは、ロシア経済ジャーナルという人気のメルマガを発行している方。

 私この方の文章が大好きで、殆どの著作を拝読している。

 でもなんというかな、北野さん流に言えば、

 「作家にもライフサイクルがある」。この作家さんも「成熟期」を終えて、

 すでに、「衰退期」に入ってしまった、という感が否めない。

 本のタイトルが変わっただけで、内容がほとんど同じなんだなぁ。

 


現在の危機は、ドルを国際通貨とする時代の終焉を意味する。



 経済危機は私たちの生活を直撃する。貴方と家族(もしくは企業)が

 それを乗り越えるためには、世界の「大局を知らなければならない」。

 「物事の本質を見られるようにならなければならない」。
 
 「世の中の事象は、支配者の戦略により仕組まれている」。

 だから、「そのことを賢く見抜けるようにならなければならない」。


 でなければ、あなたは生き残れない。


 北野さんは何度も繰り返して、このことを訴えている。

 うん、実は、正直読み飽きたんだな。


 だが、唯一違うこととして、意外に感じたのは、今回の作品で、

 (北野本を読んで、「世界の支配者と同じ目で」、世界を正しく見られるようになることの)

 必要性をこう説明していることだ。



太陽は東から昇るとか、客観的な現実は別として、主観的な「現実」は、自分の「心のなか」で起こったことが「実体化」されて生まれるものです。

 しかし、実をいうと、普通の人の「心」は、「支配者」によって密かに、思い通りにコントロールされている。

 そのために、自分でも知らないうちにあなたの心は操られ、次にあなたのなかでそれがさも「当然の事実」のように「実体化」され、「しかたのないこと」「受け入れざるをえない事実」と感じるようになる。

 だからたとえば生活がじわりじわりと苦しくなっていくことも我慢せざるをえなくなる。




 意外だ。こんなスピリチュアルな言い方をする人だとは思わなかった。

 北野さんを一言で紹介しようとするならば、

 「陰謀説」を理論的に証明した人。

 であって、「陰謀説」は「トンデモ」でもなんでもなくて、国と国の間で、

 この私達が生きる世界の中で、

 当たり前に繰り広げられる戦略の一つであるということを、

 言葉で実証してくれた人だ。北野さんは必ず、事実と証拠に基づいて、

 世界情勢の意味を説明してくれていた、はず。

 (それとも、「現実」は、自分の「心のなか」で起こったことが「実体化」されて生まれる

 というのは、スピリチュアルでもなんでもなくて事実だったかしら??)


 北野さんが今まで著書の中で私たちに教えてくれた衝撃的な世界の実態は、

 この世界でよしとされている「こうあるべきスマートな私たち」の思考とは

 まるで違うものだった。

 他人からどう見られるかばかりを気にして、私たちはあるべき姿以外の疑問は持たなくなり、

 あるべき姿以外の思想は考えなくなり、

 この世界で本当に起こっていることがまるで見えなくなってしまった。

 


 だから、北野さんの本当の貢献は、

 私たちの言葉を取り戻してくれたことなんだな。

 「こうあるべき」スマートなステレオタイプをぶっ壊して、

 私たちの本当の思考を、私たちが自分で考えるすべを、奪還してくれたこと。



 
 うん、そんな北野さんが、スピリチュアル、いや、ちょっといつもと違う、

 宇宙的なことを言っているような気がしたものだから驚いた。


 私たちの考えていることが実体化されて世界ができる。

 しかし、考えていることはコントロールされている。

 だから、正しく思考するようになれば、実体化された世界がガラリと変わる。




しかし、この話は、みなさん自身が「自分」という船の舵をとる「船長」になり、同乗している家族や仲間とともに安全な旅、つまり、人生をつづけていくために絶対必要な知識なのです。







 読了後、思ったのは、もしも私が正しく物事を見られる目を持っていたとして、

 支配者と同じ目で物事を見られるとして、

 そのことを誰かに教えようとするだろうか、ということだ。

 (波風立てたくないから、もしくは自分一人が得をしたいから)

 自分一人で知っていて、誰にも話さないかも知れない。

 少なくとも、教えてあげる義務はない。

 みんな知らなくて馬鹿ね・・ くらいのことは心のなか、で、思ってしまいそうである。

 
 だが、こうやって、寝ないで書いて、本にして、

 懸命に世に知らしめようとする作家というのは、

 やはりすごいものだなぁ。

 すべては、私たちへの愛から来ているんだろう。

 愛だよ、愛。(古いけど・・・)


 今夜は北野氏の愛にすがって、いい気持ちで眠るとしよう。

 面白かったので、もしも 生き残りたい方がいたら、オススメだ!

 



大阪市が管制貧困ビジネスに着手?! 大企業に国民の金を命を売る男。



 これは酷い。こんなバカな話があるものか。

 政治家なんてこんなもんだ的な諦めは身に付けていた筈だが、

 それにしても、久しぶりにそれを上回る鬼畜ぶりの政治家を目の当たりにした。


 大阪市の橋下徹市長である。


 なんと生活保護を受けざるを得ない貧困者の金を、

 大企業に進呈しようするものである。



 大阪市の「プリペイドカードによる生活保護費支給」は官製貧困ビジネス
 ハーバー・ビジネス・オンライン12月16日

各地で「生活保護費を一旦全額預かり受給者には申請があるときだけ手渡す」「宿泊施設を提供する見返りに行政からの生活保護費を横取りする」という貧困ビジネスが問題となっている。

 「生活保護受給者は支出を管理できないので、代わりに支出を管理してあげる」「適切な金銭感覚を身につけてもらうため支出を管理する」等々を大義名分に、生活保護費を横取りし受給者の手元には結局一銭も残らない仕組みだ。

 この典型的な「貧困ビジネス」のビジネスモデルとまったく同じようなことをしようとする自治体と企業が現れた。

 それはなんと、大阪市と三井住友カード株式会社だ。




 大阪市は全国一生活保護利用者が多い。

 市民の18人に1人が生活保護を受け、2014年に計上された

 生活保護費は2916億円にも及ぶ。

 その2916億円を有効活用できないかと思案したのか、

 それとも貧困者に配分するのが惜しくなったのか(※)、

 (大義名分以外の理由をぜひ聞いてみたいものだが)

 利用者に現金を渡さずに、VISAプリペイドカードによる生活保護費支給を

 モデル事業として開始することを、橋下市長が、26日に、発表したのである。


 (※)大阪市は独自の生活保護行政(ほぼ嫌がらせ)により被保護者数が減少している。参考記事↓
なぜ“全国一受給者の多い街”で被保護世帯が減少?生活保護行政をめぐる大阪市の「暴走」



 元記事はこう続く。プリペイドカードによる生活保護費支給の問題点だ。



 今回のモデル事業は三井住友カードが発行する「VISAプリペイドカード」を利用する。プリペイドカードといえども、クレジットカード決済基盤が利用される。そのため利用場所は、クレジットカードが使える場所に限られる。つまり現状でクレジットカード決済を導入していない、地域の小さな商店などでは利用できない可能性が高い。




 といことになると、大企業の傘下の店以外は

 大阪市民の18人に1人が、買い物をしなくなるということだ。

 


 厚生労働省の「福祉行政報告例の概況」によると、生活保護受給者の44.2%は高齢者世帯であり、36.7%が障碍者世帯とのことだ。つまりこの「プリペイドカードによる支給」施策は、受給者の8割を占める高齢者と障碍者に「自分の足でカードの使える店まで行け。もしくは、ネットショッピングで買い物をしろ。」というものであって、「自立支援」である以前に、受給者の実態からかけ離れた利用方法を押し付けるものと言わざるを得ない。




 生活保護の被保護者は高齢者と障碍者が8割を占めるという。

 その彼らに現金の代わりにわけのわからないプリペイドカードを支給して、

 使える店を探してウロウロさせるという鬼畜ぶりも酷いが、

 高齢者と直結している地元の商店を切り捨てるという残虐さも、

 このモデル事業は内包しているのだ。

 大阪市の地元商店でもそのプリペイドカードが使えると言うならば

 話はわかる。クレジットカードと同じように簡単に使えるのか。

 いや、それにも(導入する商店側に)お金がかかるのかもしれない。
 
 想像ばかりではなく確かめようと、大阪市役所に電話をかけたら、
 
 年末年始のため、5日まで業務を行っていないそうだ。

 録音の音声が流れてきた。


 あらら・・・ そういえば年末ではないか。国民にとって都合の悪いことは、

 大抵、年末年始のドサクサに紛れて発表するのが

 この国の伝統的な習わしである。

 大阪市も倣ったということは、プリペイドカードの便利さ、及び実態は、

 やはり元記事通りということだろう。



 老人と障碍者と地元の個人商店のカネと命運は、大企業に譲り渡された。

 大阪市長の橋下徹が売り渡したのである。


 恐ろしい話だ。

 こんな男の都構想なんて、実現しないことを願う。

 また、TPPしかり、国という価値観よりも大企業という括りの価値観が一般的となりつつある現代、

 全国で、生活保護に限らず年金までもがプリペイドカードになる日は

 近いかも知れない。

 





2014年12月28日

世代交代の女子フィギュア、上位3人が10代の女子中高生。若い力で世界選手権へ。



 女子フィギュアスケートの日本選手権最終日で、16歳の宮原知子(大阪・関大高)が初優勝した。
 




 宮原はSP1位の本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)を抜いての逆転優勝。同時に、来年3月に中国・上海で行われる世界選手権の代表に決定した。

 日本選手権の1位から3位までの上位入賞が、16歳、18歳、13歳と、全員が中高校生という若い世代の新しい顔ぶれとなった。


 休業中の浅田選手に、引退した鈴木選手、女子フィギュアは(男子もだが・・)世代交代の時期を向かえている。それにしても愕然とする。若い選手の台頭は嬉しいが、村上佳菜子選手さえ上位にいない(※)のか。

 (※)入賞はしなかったが、村上は世界選手権への出場が決定している。

 ずっと選手たちを見守り、応援をしていたので、一抹の寂しさを感じてしまう。まるで見知らぬ競技のようだ。日本選手権を見逃したことが悔やまれる。世界選手権はぜひ、若い選手の美しい演技をじっくり見てやろうと思っている。

 個人的には、この若い世代を揺るがす存在として、浅田選手が復帰。彼女らを打ち破り、平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)に出場&金メダル。

 ・・などという、スペシャルなドラマを見てみたいが、どうだろう。

 あっさりと、中高生トリオに負けてしまうのか。(それとも浅田選手の復帰はなしか)先が楽しみだ。


 なお、男子は、羽生結弦(ANA)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、無良崇人(HIROTA)が世界選手権代表に選ばれた。また、ソチオリンピック代表の町田樹選手が、今日、引退を表明した。
 



 ・フィギュア世界選手権代表に羽生、小塚、宮原ら






2014年12月26日

今年も紅白の時間がやって来る。



 紅白出場歌手が発表されました。


クリックで紅白の公式サイトへ



 今年は初出場の日本エレキテル連合、ふなっしーが注目されているらしい、

 って歌手じゃないですよね・・


 オオトリは松田聖子さん。彼女が、今年の総まとめの顔です。

 
 アナと雪の女王関係の企画物は盛り上がりそうですが。

 それにしてもサザンはやっぱりでないのか。残念です。


 今更紅白と言われてもなぁ、と毎年思いつつ、

 なんだかんだで見てしまいます。

 年の瀬だな、と実感できるので。

 
 出場歌手と曲順は以下。

 良い年末にしましょうね!




第65回NHK紅白歌合戦 出場歌手・曲順
(カッコ内は出場回数)

●前半
1.HKT48(初)「メロンジュース」
2.Sexy Zone(2)「紅白にHITOMEBORE」
3.E-girls(2)「Highschool●love」(●はハートマーク)
4.AAA(5)「さよならの前に」

【企画コーナー】
嵐meets妖怪ウォッチ1「ようかい体操第一」(Dream5 紅白出場歌手)

5.miwa(2)「Faith」
6.福田こうへい(2)「東京五輪音頭」
7.SKE48(3)・NMB48(2)「不器用太陽」「イビサガール」
8.郷ひろみ(27)「99は終わらない」
9.藤あや子(20)「あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!~」
10.ポルノグラフィティ(13)「アポロ」
11.T.M.Revolution(5)水樹奈々(6)「紅白2014 スペシャルコラボレーション」
12.クリス・ハート(2)「糸」
13.伍代夏子(21)「ひとり酒」
14.三代目 J Soul Brothers(3)「R.Y.
U.S.E.I.」
15.西野カナ(5)「Darling」
16.香西かおり(18)「酒のやど」
17.細川たかし(38)「応援歌、いきます」
18.徳永英明(9)「花は咲く」
19.天童よしみ(19)「やっぱ好きやねん」

【企画コーナー】
嵐meets妖怪ウォッチ2「A・RA・SHI」~「ゲラゲラポーのうた」 (キング・クリームソーダ 紅白出場歌手)

20.坂本冬美(26)「男の火祭り」
21.森進一(47)「年上の女」
22.和田アキ子(38)「古い日記~2014紅白スペシャル~」
23.V6(初)「WAになっておどろう」

●後半
【企画コーナー】「花子とアン」特別編

24.絢香(7)「にじいろ」
25.May J.(初)「Let It Go~ありのままで~」
26.SEKAI NO OWARI(初)「Dragon Night」
27.Perfume(7)「Cling Cling」
28.ゴールデンボンバー(3)「女々しくて」 29.ももいろクローバーZ(3)「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」
30.関ジャニ∞(3)「オモイダマ」
31.氷川きよし(15)「ちょいときまぐれ渡り鳥」
32.水森かおり(12)「島根恋旅」
33.五木ひろし(44)「よこはま・たそがれ」
34.いきものがかり(7)「GOLDEN GIRL」
35.きゃりーぱみゅぱみゅ(3)「きらきらキラー」
36.TOKIO(21)「LOVE YOU ONLY」

【企画コーナー】
「みんなで歌おう!アナと雪の女王」

37.神田沙也加(2)「生まれてはじめて」&イディナ・メンゼル「Let It Go」&紅白出場歌手
38.SMAP(22)「みんなで歌おう!SMAPメドレー」
39.椎名林檎(2)「NIPPON -紅白ボーダレス篇-」
40.EXILE(10)「NEW HORIZON」
41.薬師丸ひろ子(初)「Woman"Wの悲劇"より」
42.石川さゆり(37)「天城越え」
43.長渕剛(4)「明日へ続く道」
44.AKB48(7)「心のプラカード」
45.福山雅治(7)「2014スペシャルメドレー」
46.中島みゆき(2)「麦の唄」
47.美輪明宏(3)「愛の讃歌」
48.嵐(6)「2014 Thanks Medley」
49.松田聖子(18)「あなたに逢いたくて~Missing You~」



2014年12月25日

作品で平和に貢献? 韓国人もうならせる東野圭吾の献身




 ミステリー作家の東野圭吾さんが韓国の「今年の作家」に選ばれた。

 大手インターネット書店、インターパークが選んだもので、

 販売部数と読者投票から決められたそうだ。



 今年の作家に東野圭吾さん 韓国ネット書店が選出




 今年の作家は国内外の作家が選出対象で、東野さんは韓国人作家を抑える形で選ばれた。 

 同社サイトでは「思いがけない素材を自由自在に味付けする卓越した語り手」と紹介されている。




 現在韓国と日本はあまりよろしくない状態(国の外交の話)だと思うが、

 そういったこととは全く関係なく、東野さんの本を読んで、

 面白いと思えば今年の作家賞に投票してくれる

 韓国の読者に感動。

 感情的なメンタリティーの方たちだと思っていたけど、

 意外と公平なのね。理性的なのだなぁ。

 見直してしまいました。(上から目線でごめんなさい)

 
 また、二国間の平和に貢献してくれる東野さんに感服。

 すごいよなぁ、作家って。

 たとえ人種的に憎んでいようとも、そんな感情を捨てて

 素直に、作品にリスペクトさせてしまうのだから。


 私も小説書こうかしら。

 そんなことで平和に貢献できるなんて考えたことなかったなぁ。

 思えば当たり前だった? かな。音楽ではそうなんだしね。




 ちなみに、東野さんのオススメ本は以下。

 読み始めたら眠れなくなります。

 

2014年12月24日

まんまと乗せられた? 第97代総理大臣、安倍さんの本当の目的は。



 こんばんは!

 97代総理大臣に安倍さんが選出されました。


 安倍首相はなぜ突然解散総選挙をしたのか。

 本当の目的は。国民に信を問いたかったのは何だったのか。

 しばらく見ないうちにすっかり老けた田原総一朗さんが

 その辺りを解説してくれていたので、下記紹介します。



 安倍政権が表に出さない「本当の目標」


 
 要約すると、憲法改正、教育基本法改正、

 集団的自衛権の行使容認を実現させるための

 「時間稼ぎ」だ、と断言しています。

 
 これで4年間、安倍政権はやりたい放題。

 4年のうちにすっかり日本の景色が変わらないといいのですが。

 

 いい方向に変わるならいいと思いますが。

 田原さんの断言を聞いていると、かなり右傾化されているようですね。

 



 





2014年12月23日

工藤静香さん、「慟哭」以来22年ぶり中島後藤コンピで新曲発表へ



 工藤静香さんが新曲を発表するそうだ。

 来年2月18日のベストアルバムのボーナストラックで、

 中島みゆき×後藤次利の最強(というより懐かしい?)コンビで、

 「慟哭」以来22年ぶりの曲になるのだとか。
 


 すごいよなぁ。


 何がって、噂ほど全然劣化してないじゃん、


 とかじゃなくって。

 この人、元おニャン子ですよね?




 

キムタクの妻、工藤静香さん
クリックするとソース元へ 



 おニャン子クラブというアイドルが30年程前にいたのですよ。

 若い子は知らないだろうけど。

 夕方のバラエティー番組、夕焼けニャンニャンから誕生した女性グループ。

 新田恵利とか、国生さゆりとか、渡辺美奈子、渡辺満里奈とか。

 今でも芸能界で有名な方もいらっしゃる。

 で、そのおニャン子クラブのメンバーの中で、

 一番売れたのが、工藤静香さん。

 ピンで紅白に出てたのも、唯一彼女のみ。

 キムタクの奥さんで、二科展にほぼ20年連続入選、うん、勝ち組ですね。


二科展で特選を受賞した工藤さんの絵



 彼女もすごいのだけれど、そのおニャン子のプロデュサー(仕掛け人)が、

 あの秋元康さんなのね。


 今日こんなニュースを見たばかりだったので、↓



乃木坂46の白石さん、セミヌード写真集が1位です
クリックでソース元へ


 すごいなぁ。

 秋元康さん、って。


 時代と世代をまたいで活躍しすぎ。

 見た目は太ったおじさんなのに。



 あらためて、


  しみじみ尊敬してしまった瞬間でした。

 素敵なアーティストをこれからもたくさん輩出してくださいませ。




 余談ですが、工藤さんの懐かしの名曲、慟哭

 久しぶりに聴いてみました。

 ベストからわざわざダウンロードしたのですが。



 

 うん、・・・・


 いいけど。







 やっぱり、今はPerfumeの方が好きかな~ (工藤さんごめんなさい)